fc2ブログ

RYUJIN "RYUJIN"が2月7日(水)国内盤発売

ryujin01.jpg

日本のメロディック・デス・メタル・シーン(シーンと呼べるほど大きいかどうかはさておいて)におけるトップ・バンドのひとつとして、マニア筋には高い人気を誇っていたGYZEが、欧州の大手メタル・レーベル『Napalm Records』との契約を機にバンド名を"RYUJIN"と改名して発表する再デビュー・アルバム"RYUJIN"がFABTONE Inc.から2月7日(水)に日本盤リリースされます。

『Napalm Records』と契約したということは、彼らのポテンシャルを考えたら全く不思議ではない話で、驚くには値しません。

一方でバンド名を変え、さらには音楽性も一気に和テイストを増大して(伝統音楽の要素をフィーチュアしているという意味での)フォーク・メタルに接近したことは、結構驚きました。

Wikipediaの記載によると「ワールドツアーで様々なバンドとの共演を経てRyojiがGYZEの音楽性が海外バンドの物真似であるという危機感を意識し始め、雅楽などの純邦楽の要素を取り入れる様になっている」とのことですが、メタルみたいにフォーミュラがしっかり確立されている音楽なんて、過去のバンドの物真似にならざるを得ないわけで、そこを恥じる必要なんて全然ないと思うんですよね。

そこでオリジナリティを出したくて雅楽や純邦楽の要素を導入する、というのも失礼ながらなんかちょっと安直というか。

まあ、日本のバンドが海外で戦う上ではそれがわかりやすいというのは理解できますが、現代の日本人にとって雅楽や純邦楽なんてお正月にちょっと耳にするくらいで、J-POPの方が絶対「刷り込まれている」はずだし、メタルをガチで聴き込んできた人なら確実にメタルの方が血肉になっているはずです。

GYZEの音楽は確かにCHILDREN OF BODOMのフォロワーであることが明らかではありましたが、そのメロディ・センスには北欧のバンドとは異なる歌謡センスがあって、それは充分個性でありアイデンティティだったと思います。

本作からTRIVIUMのマシュー・キイチ・ヒーフィー(Vo, G)が彼らのマネジメントを担当し、プロデューサーも務める(さらには音源へのゲスト参加も)というのは、彼のような日系アメリカ人としてはこういう「和」なテイストのバンドを支援することが一種自分のアイデンティティの確認・補強にもなるということで、欧米の有名(?)ミュージシャンのバックアップが欲しいRYUJINとはそういう意味でWin-Winだったのかもしれません。

ただ、先行公開されているMVを視聴すると、やはり日本人である私にはその和テイストがちょっとわざとらしく感じられ、鼻についたというのが本音です。

と、辛口なことを申し上げましたが楽曲としては相変わらずキャッチーで完成度高く、これだけのポテンシャルがあるのなら、本当にルーツとしてきた音楽の影響を素直に出した楽曲を聴きたいと思ってしまいますね。それが例え表面的にCHILDREN OF BODOMにそっくりであったとしても、もはやそのCHILDREN OF BODOMが存在しないわけですし。

日本盤にはそのCHILDREN OF BODOMの"Everytime I Die"のカバーが収録されるということで、自らのルーツがそれであることを隠す気がないならなおさらそう思ってしまいます。

>>Amazonの商品ページ







スポンサーサイト