fc2ブログ

ケリー・キング(元SLAYER)の新バンド、KERRY KINGのデビュー・アルバムが5月リリース予定

2019年に解散したSLAYERのギタリスト、ケリー・キングのソロ・プロジェクト、KERRY KINGが今年5月にデビュー・アルバム"HELL FROM I RISE"(プロデューサーは過去にKORNやLAMB OF GOD、AVENGED SEVENFOLDなどを手掛けたジョシュ・ウィルバー)をリリースすることが発表されました。

過去のインタビューで、ケリーはSLAYERの解散に乗り気ではなかったそうで、恐らく解散を望んでいたのはケリー・キングが「最終公演以降、メールのひとつすらない」と言っているトム・アラヤ(Vo, B)だったのでしょう。

バンド、KERRY KINGのメンバーは以下の通り。

ケリー・キング(G)元SLAYER
マーク・オセグエダ(Vo)DEATH ANGEL
フィル・デンメル(G)元VIO-LENCE, MACHINE HEAD
カイル・サンダース(B)元HELLYEAH
ポール・ボスタフ(Dr)元FORBIDDEN, EXODUS, TESTAMENT, SLAYER

ポール・ボスタフは長年SLAYERのドラマーを務めた人物だし、フィル・デンメルもSLAYERのラスト・ツアーからゲイリー・ホルトが一時離脱した際に代役を務めたギタリストなので、そういう意味ではトム・アラヤの穴をマーク・オセグエダとカイル・サンダースで埋めた、という感じでしょうか。

この発表に合わせて公開された新曲"Idle Hands"は、米ローリング・ストーン誌のインタビューによるとSLAYERのラスト・アルバム"REPENTLESS"の制作セッション時に生まれてアルバムに収録されなかった2曲のうちの1曲(もう1曲は"Rage")だそうで、たしかに後期SLAYERっぽい曲です。

ケリー・キングは過去のインタビューでSLAYERの続きなのか、それとも別の方向に向かっているのか?」と訊かれた際に、以下のように答えており、そういう意味では"REPENTLESS"のアウトテイクを使用するのも自然なことなのでしょう。

「もし何か違うことに挑戦するとしたら、その時だと思う。でも、違うことをしたいとは思わない。もしSLAYERに参加していなかったら、俺はSLAYERのファンだったと思う。だから、SLAYERの延長線上にあると思うし、多くの人が次のアルバムになったかもしれないと思うだろうね。おそらく80%はそうなっていただろうし、もしかしたら、このアルバムとまったく同じ内容になっていたかもしれない。俺の目には、これは間違いなく"REPENTLESS"の延長線上にある作品だと映っている」

この発言にある「もしSLAYERに参加していなかったら、俺はSLAYERのファンだったと思う」はなかなかの名言なんじゃないですかね。

ケリー・キングの名言といえば、かつて(だいぶ前ですが)インタビューでハンバーガーからわざわざタマネギを抜くほどの野菜嫌いであることを表明した際に、インタビュアーに野菜も食べた方が健康にいいのではと指摘され「ポテトは食うぜ。ポテトは野菜だろ?」と答えていたことが今でも印象に残っていますが、今回のソロ・デビューに当たって出ているいくつかのインタビュー記事の中で以下の2つは個人的にツボで、思わず笑ってしまいました。

◆オリジナル・ドラマーだったデイヴ・ロンバードとの関係について

前述のトム・アラヤとは一切連絡を取っていない、という話の流れの中でデイヴ・ロンバード(Dr)との関係について訊かれて答えた「(デイヴは)俺の中では死んでいる」という答え。ギャラを巡って相当モメ散らかして決裂したようですが、もうケリーの脳内では抹●してしまったんですね(笑)。


◆バンド名を自分の名前であるKERRY KINGにした経緯

「長いことKING'S REIGNにするつもりでいたんだ。実にクールな名前だからね。一方で、他の連中には『俺はうぬぼれた奴じゃないし、自分の名前を入れたくはない』って言っていた。それで、BLOOD REIGNにするのはどうかと話し合ってたんだけど、上手くいかなかった。それ以外は、何かクールな名前を思いつくと、必ず東欧のよく判らないバンドにすでに取られていた。それでKERRY KINGになったんだ。ロゴが凄く気に入ったんでね」

バンド名を思いつく度に弁理士に商標調査を依頼して、その度に「東欧のバンドに取られていました」という報告を受けるケリーの表情(特に3回目以降)を想像すると、個人的には相当おもしろかったです。

偏見ですが、ポーランドとかハンガリーあたりのブラック・メタルやデス・メタル・バンドにSLAYERの曲名みたいなバンド、多そうな気がします(笑)。

イングヴェイなんかもそうですが、こういう面白いことを言う人がいなくなったのがHR/HMの人気がなくなっていった原因のひとつなんじゃないですかね(?)。



▼ニュースソース
ケリー・キング ソロ・デビュー・アルバムは「スレイヤーの延長線上にある...間違いなく『Repentless』に続く作品だ」(amass)

元スレイヤーのケリー・キング ソロ・デビュー・アルバム『From Hell I Rise』を5月発売 1曲試聴可(amass)

元スレイヤーのケリー・キング、トム・アラヤとは最終公演以来「メールすらない」/デイヴ・ロンバードについては「俺の中では死んでいる」と語る(amass)
スポンサーサイト