fc2ブログ

REVOLUTION SAINTS "AGAINST THE WINDS"が2月9日(金)国内盤発売

revolutionsaints05.jpg

「JOURNEYのドラマーでありながら、その気になればJOURNEYのヴォーカルもできる男」ディーン・カストロノヴォをフロントマンとして歌わせるプロジェクト、REVOLUTION SAINTSの通算5作目となるフル・アルバム、"AGAINST THE WINDS"が2月9日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

前作"EAGLE FLIGHT"(2023)において、ギタリストをダグ・アルドリッチ(THE DEAD DAISIES, BURNING RAIN, 元WHITESNAKE, DIO, BAD MOON RISING, LION)からジョエル・ホークストラ(WHITESNAKE, 元NIGHT RANGER)に、ベーシストをジャック・ブレイズ(NIGHT RANGER, 元DAMN YANKEES)からジェフ・ピルソン(FOREIGNER, 元DOKKEN)に交代させ、その新しいラインナップでの第2弾になるアルバムです。

REVOLUTION SAINTSは『Frontiers Music』発のプロジェクトではトップクラスに成功したプロジェクトで、YouTubeのMV再生回数も多いものでは500万回を超え、いくつかの国ではチャートインなどもしていたのですが、前作はその辺の数字的な部分ではこれまでの作品に見劣りする成果だったようです。

と言っても前作の出来が悪かったわけではなく、その哀愁を増した作風は個人的にはむしろ従来と同等かそれ以上に良いと感じられるもので、そういう意味では参加ミュージシャンに付いている「固定ファン」の人数の差なのかなという気がします。

トレンドとは無縁な音楽を送り出し続けている『Frontiers Music』の作品群も、YouTubeの再生回数を見る限り、純粋に音楽的なクオリティというよりも、参加しているミュージシャンの知名度というか実績に比例している観は否めないので。

本作から先行公開されているMV曲も、このプロジェクトらしい(というか曲を書いているアレッサンドロ・デル・ヴェッキオらしい?)良質な楽曲で、これまでの作品が気に入った人であれば楽しめることは間違いないでしょう。

もしかすると、ファンがこのバンドに期待しているのは、ディーン・カストロノヴォがそのパワフルなドラム・プレイを魅せてくれる快活でエネルギッシュな曲だったりするのかも、という気もします(少なくともMVではそういう曲の方が映えるような印象です)。

>>Amazonの商品ページ



スポンサーサイト