fc2ブログ

AMARANTHE "THE CATALYST"が2月21日(水)国内盤発売

amaranthe07.jpg

スウェーデンのエレクトロ・メタルコア・バンドAMARANTHEの、前作"MANIFEST"(2020)から約4年ぶりとなる通算7作目のフル・アルバム"THE CATALYST"が2月21日(水)にユニバーサルミュージックジャパンから日本盤リリースされます。

前作発表後、2022年6月にグロウル担当だったヘンリック・エングルンド・ヴィルヘルムソンが脱退し、その後しばらくゲスト・グロウラーを迎えてライブを行なっていましたが(昨年の『LOUD PARK 2023』ではLOST SOCIETYのサミ・エルバンナがその地位を担っていました)、昨年6月に正式メンバーとしてミカエル・セーリン(DEGRADEAD、ENGEL、PARALYDIUM)を迎えています。

先行公開されているMVを視聴すると、新メンバーも含めたトリプル・ヴォーカルはかなり効果的にその音世界を多重的・複層的に演出していますし、初期に比べると歌メロの歌謡性は低下しているように感じられますが、一方でメジャー感はさらに増しているように感じられます。

正直な所、アメリカ攻略はうまくいっていないようですし、ここ日本でもジェイク・E(Vo)脱退後は人気が伸び悩んでいる観がありますが、欧州では依然かなり高い人気を維持しているようですし、日本でもあまり欧州を主戦場とするバンドはリリースしないユニバーサルミュージックジャパンが日本盤を出すというのは、そのポピュラリティとメジャー感は評価されているということなのではないかと思います。

モダンなスタイルながら、私のようなクラシックなHR/HMを好む人間が聴いてもすんなり受け容れられるサウンドである所がこのバンドの魅力であり、世界的にブレイクし切れない要因なのかもしれません(苦笑)。

>>Amazonの商品ページ









スポンサーサイト