fc2ブログ

ヴィタリ・クープリ(ARTENSION, RING OF FIRE)が死去

日本ではARTENSIONやRING OF FIREでの活躍でネオクラシカル系メロディック・メタル/プログレッシヴ・メタルのファンの間ではよく知られるキーボーディスト、ヴィタリ・クープリが49歳の若さで亡くなったとのことです。

日本ほどARTENSIONやRING OF FIREが知られていない欧米では、興行的に大成功を収めているTrans-Siberian Orchestraのキーボード奏者が亡くなった、という形で報じられているようです(実際、彼の収入面でのメインはTrans-Siberian Orchestraだったと思われます)。

ていうか、私が大学生になった年にはもうARTENSIONはデビューしていたので、結構年上なのかと思っていましたが、私と3歳しか違わなかったんですね…。死因は明かされていませんが、いずれにせよ早すぎますね。

90年代というのは本当にキーボーディスト不遇の時代で、ワールドワイドでマトモに評価されたのはDREAM THEATERのキーボード奏者くらいのものだったのではないかという印象でした。

そんな中、メロディックなメタルが世界で唯一人気を博していた日本では、ROYAL HUNTのアンドレ・アンダーセンと、ARTENSIONのヴィタリ・クープリは数少ない実力派キーボーディストとして、その手の音楽を好むファンに評価されていたと記憶しています。

アンドレ・アンダーセンはロシア人、ヴィタリ・クープリはウクライナ人というのが今となってはなんだか微妙な感じですが、当時もはやそういう「ロック辺境出身者」しかHR/HMキーボーディストを志す人がいなかったのかもしれません(?)。

ヴィタリ・クープリは旧ソ連の全連邦ショパン・コンクール(All-Union Chopin Competition)で最年少1位を、キエフ音楽院コンクール(Kyiv Conservatoire Competition)で金賞を受賞するなど、クラシックの道でもかなりの評価を受けていた実力者で、近年のメタル・バンドのキーボーディストも皆それなりの腕前であることが多いですが、このレベルの演奏者はもうHR/HMのフィールドでは出てこないかもしれません。

実はヴィタリ・クープリはウクライナ解放運動家という一面があって、プーチンに暗殺された、ということでないことを願いたいですね。半分冗談ですが、プーチンならやりかねないというのが恐ろしい所です。

▼ニュースソース
アーテンション/リング・オブ・ファイア等で活躍 キーボーディストのヴィタリ・クープリ死去(amass)



スポンサーサイト