fc2ブログ

ROBBY VALENTINE "EMBRACE THE UNKNOWN"が3月6日(水)国内盤発売

valentine17.jpg

90年代に「ネザーランドの貴公子」と呼ばれ、ここ日本で高い人気を博したマルチ・プレイヤー、VALENTINEことロビー・ヴァレンタインの、海外では昨年10月に発売されていた最新作"EMBRACE THE UNKNOWN"が3月6日(水)にキングレコードから日本盤リリースされます。

ここ数年はQUEENやTHE BEATLESのカバー・アルバムや、ソロ名義でのピアノ弾き語り色の強いアルバム("SEPARATE WORLDS")など、企画アルバム的な作品が多かったVALENTINEですが、本作は"THE ALLIANCE"(2018)以来となる全曲オリジナルの新曲で構成されたバンド・サウンドのアルバムになっています。

先述の通り90年代には当時絶滅危惧種だったメロディアスなHR/HMのクリエイターとしてかなり人気があった彼ですが、作風のマンネリ感や、HR/HM色の後退、作品インターバルなどが相まって2000年代にはすっかり来日公演なども行われない存在になっていきました。

とはいえ、作曲家、メロディ・メーカーとしての才能は変わらず優れており、QUEENが今なおこれだけ人気があるのに、そのQUEENからの影響が強く感じられる音楽をプレイしているVALENTINEがここまで過小評価されているのは、色々と運が悪い人だったなという気がします。

あるいは歌唱にもう少し説得力があれば、また違ったのでしょうか。

なんでも感染症の影響で片目は失明し、もう一方の眼もわずかな視力しか残されていないという何とも気の毒な状況だそうで、いつまでこうした音楽を作り続けられるかわからないという話を聞くと、かつて彼の作品を愛聴した者として、身につまされる思いになりますね…。

日本盤のみ本作の全編ピアノ・ヴァージョンを収録したアルバムを追加した“2枚組スペシャル・エディション”での発売となり、ボーナストラックも収録しているということで、既に輸入盤を購入している人もファンであれば要チェックでしょう。

>>Amazonの商品ページ




スポンサーサイト