fc2ブログ

THE END MACHINE "THE QUANTUM PHASE"が3月8日(金)国内盤発売

endmachine03.jpg

元DOKKENのジョージ・リンチ(G)とジェフ・ピルソン(B)を擁するTHE END MACHINEの3作目となるアルバム、 "THE QUANTUM PHASE"が3月8日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

デビュー作でドラムをプレイしていたのはミック・ブラウン(元DOKKEN)で、ミックがミュージシャンを引退したので前作から後任に迎えられたドラマーはミック・ブラウンの弟であるスティーブ・ブラウンと、このバンドがどのバンドのファンにアピールしようとしているかあからさま過ぎて苦笑を禁じ得ません。

まあ、このプロジェクトを企画した『Frontiers Music』にはそういうプロジェクトがいくつもあるのですが(苦笑)。

前作までは元LYNCH MOBのロバート・メイソンがヴォーカルを務めていたため、ある意味「DOKKENとLYNCH MOBの融合」という見方もできましたが、本作では近年『Frontiers Music』の様々なプロジェクトで活躍しているGIRISH AND THE CHRONICLESのギリシュ・ブロダーンが全編歌っているため、「ちゃんと歌えるヴォーカルを入れたDOKKEN」という、「本家」に対して最も痛烈な皮肉となる存在になりました(笑)。

実はDOKKENの最新作は意外と悪くなかったのですが、やはり「ちゃんと歌えるヴォーカルを入れたDOKKEN」は相当イイですね。特にコーラス・ワークが全盛期のDOKKENを思わせるものがあって、ファンにはグッとくるのではないでしょうか。

これはやはり、DOKKENの作曲の要はドン・ドッケンとジェフ・ピルソンの2名だったということなんでしょうね。

先行公開されているMVを視聴すると、ジョージ・リンチのギターも近年では珍しい頑張りを見せていて、こういうある意味「金のためのプロジェクト」だからこそ、札束でケツを叩くようなやり方で「弾かせる」ことができるんでしょうね(?)。

これはかつて80年代にDOKKENサウンドを愛した方であれば、一聴の価値がありそうです。

>>Amazonの商品ページ



スポンサーサイト