fc2ブログ

RAGE "AFTERLIFELINES"が3月29日(金)国内盤発売

rage25.jpg

ツイン・ギター体制で発表された前作"RESURRECTION DAY"が母国ドイツのナショナル・チャートで14位と、長いバンドの歴史のキャリアハイとなる成功を収めたRAGEが、シュテファン・ウェーバー(G)が昨年7月に無期限活動休止を宣言したことで再びトリオ編成に戻って発表するオリジナル・アルバム、"AFTERLIFELINES"が3月29日(金)ワードレコーズから日本盤リリースされます。

結成から40周年(前身バンドであるAVENGER時代から数えて)という、もう枯れてしまってもおかしくないキャリアを重ねているにもかかわらず、ここに来てまさかの2枚組。

もはや(特に欧米では)サブスクで聴かれることが当然のこの時代に2枚組のボリュームでアルバムを作る意味がどこにあるのか、という気がしますが、元々多作と言われてきたバンド、前作から約3年という彼らにしては長めのインターバルをとっているだけに、2枚組分の曲を書くことなど朝飯前なのでしょうか。

これまでギタリストの変化に伴って実は結構音楽性が変わっているにもかかわらず、ピーヴィーの歌声と歌メロ・センスが個性的であるがゆえにサウンド全体の印象は殆ど変わらなかった彼らだけに今さら何も心配していませんが、先行公開されているMVを視聴するとなんとなく前作よりメロディアスな印象で、彼らのキャリアの中でもかなりストレートな感触があります。

これが3年かけて「練った」結果なのか、前作から一人残されたジーン・ボーマン(G)のセンスが強く出た結果そうなったのかはわかりませんが、彼らとしてはもはや恒例のオーケストラも導入しているという本作は、私のようなメロディ重視派のメタル・ファンにとっては聴き応えのありそうな作品のようですね。

>>Amazonの商品ページ(通常盤)

>>Amazonの商品ページ(限定盤)



スポンサーサイト