fc2ブログ

フィル・モグがUFOの終了を宣言

1970年にアルバム・デビューし、マイケル・シェンカー(G)が在籍していた70年代中期に人気と評価を高めたイギリスのベテラン・ハード・ロック・バンド、UFOの中心人物であるフィル・モグ(Vo)が『Ultimate Classic Rock』のインタビューにおいて、UFOに今後の予定があるかと訊かれ、「いや、ない。結論に達したと思う。新型コロナウイルスの直前、2019年に最後のイギリスツアーを行った。それで終わったようなもので、その時が来たんだ」と答え、バンドが既に終了したことを認めました。

本当は2022年に欧州全土を回るフェアウェル・ツアーが予定されていたようですが、2022年の8月にフィル・モグが心臓発作を起こし、医師にプレイすることを止められたことによって中止になってしまい、2022年7月16日にドイツで開かれた『Lieder am See 2022』フェスティバルへの出演が、UFO最後のライヴ・パフォーマンスになってしまいました。

UFOは全英チャートの最高位はマイケル・シェンカーの(初回)脱退直前の名演を捉えたライブ・アルバムの名作"STRANGERS IN THE NIGHT"(1979)の7位、全米チャートの最高位は"LIGHTS OUT"(1977)の23位と、商業的には「そこそこ」で、ゴールド・ディスクは一枚も獲っていないという意味では「ビッグなバンド」とは言い難く、レジェンド扱いされることもあまりないバンドです。

ただ、彼らの代表曲のひとつ"Doctor Doctor"をライブの定番SEとして使用しているIRON MAIDENをはじめ、JUDAS PRIEST、DEF LEPPARD、EUROPEといったクラシックなHR/HMバンドから、SLAYERやTESTAMENTのようなヘヴィなバンド、意外な所ではOFFSPRINGやALICE IN CHAINSのような90年代のバンドまで、幅広いアーティストが彼らからの影響を口にしており、そういう意味でHR/HM史における重要バンドであることは間違いありません。

実際の所、2019年にはポール・レイモンド(Key / G)が、そして2020年にはポール・チャップマン(G)とピート・ウェイ(B)というバンドのクラシック期を支えたメンバーが相次いで他界しており、そういう意味でもバンドの終わりが近そうな雰囲気は漂っていたわけですが、まさか正式なフェアウェル・ツアーさえ行なうことなく終焉を迎えるとは、何回も「フェアウェル・ツアー」をやっているバンドもいる中、ちょっと寂しい話ではあります。

とはいえ、実際の所華々しいフェアウェル・ツアーと共にキャリアを終えられるのは幸運なひと握りのレジェンド・バンドだけで、こういう「状況的な結果としてもう続けられないという判断になる」ケースというのが現実なのかもしれません。

※ニュースソース:フィル・モグ、UFOの終焉を認める(BARKS)



スポンサーサイト