GALNERYUS / UNDER THE FORCE OF COURAGE

galneryus12.jpg

通算10作目にして、Syu(G)が書いたという少年向けアニメ/マンガ的なストーリーのファンタジー・ストーリーを基にした意外にもバンド初のコンセプト・アルバム。

LOUD PARK 15で本作収録の#3「Raise My Sword」がプレイされ、あまり音響の良くないライブのサウンドで聴いても一発で名曲だとわかる素晴らしさに、本作の出来もきっと間違いないだろうと予測していたが、期待に違わぬ力作である。

基本的に彼らの音楽というのは極めて濃厚で押しの強いもので(Syuはやっぱり関西人なんだなあ、と感じています/笑)、その大仰なメロディとドラマティックな盛り上げは時にクドく感じることもあるし、常に全力投球であるがゆえにやや一本調子に感じられることもあるのだが、本作ではストーリー性を表現することを意識したのが功を奏したのか、これまで以上に起伏とメリハリがついているのがいい。

そして、これを評価するかどうかはその人の感性次第だが、小野正利加入後爽やかさを増していた彼らのサウンドが、これも中二病臭いストーリーに引っ張られてか再び初期の「三部作」の頃を思わせる「熱さ」を蘇らせているのが個人的には胸躍る(いや、小野正利加入後のサウンドも好きですけどね)。

あえて難癖をつけるとしたらストーリーの必然からこういう曲順になっているのだと思いますが、イントロダクション的な#1に続いていきなりプログレッシヴ・メタル的なインストが2曲目に続くにはいささか気勢を削がれるような…。もちろん単体で見ればカッコいい曲なのですが。

全9トラック、イントロ#1とインスト#2を除くと歌入りの曲は全7曲と、その数字だけ見るとコンパクトに見えるが、組曲形式の曲(うち1曲は14分超え)を2曲含む上、前述した通り彼らの曲は基本的に濃厚(#1、#2を除くと6分以下の曲がない)なのでこれくらいが腹八分目(九分目?)のちょうどいいボリュームかと思う。

件の名曲#3「Raise My Sword」から熱くクサく疾駆するサビでいきなりソウルをバーニングさせる#4「The Voice Of Gravious Sky」 で一度ハイライトを迎えつつ、緊張感を保ったまま辿り着くクライマックス、小野正利の本領発揮な日本語バラードの#8「Chain Of Distress」(エンディングのギター・ソロがたまらない)、そして14分超えの組曲であるタイトル曲が劇的で、ストーリーに入り込むことができた人であれば鳥肌を禁じ得ないだろう。

そしてエンディングで旗(Flag)を掲げちゃうあたりがね、GALNERYUSファンにはたまらないですね(笑)。アルバムのラストでイントロに還るRHAPSODYの「POWER OF THE DRAGONFLAME」攻撃も、作品のドラマティックな印象を高めるのに効いている。

前作が個人的にはちょっとヌルい出来で、ひょっとしてこのまま小野正利のVoを活かしたAORメタル(なんだそりゃ)路線に向かうのか…と危惧していたが、その杞憂を吹き飛ばす「原点回帰、それ以上」な傑作。

ただ、このMANOWARの同人誌バージョンみたいなジャケットだけはどうにかならなかったものか…。一見さんを完全にふるい落しているでしょこれ…。一万歩譲って同じコンセプトで描くにしても、ポーズを変えるだけで結構印象変わると思うのですが。【88点】

◆本作収録「Raise My Sword」のMV


◆本作のトレーラー映像




去る12月7日に日本テレビ系列でオンエアされた「歌唱王 2015」に沖縄代表として出演した伊舎堂さくらちゃんという女子高生がGALNERYUSの「Destiny」を歌っていましたね。残念ながらリアルタイムでは観られませんでしたが…。

なかなかお上手でありつつ、こういう「歌の上手い女の子」でさえ大変そうなハイトーンを出せる小野正利ってすげー、とあらためて痛感させられました。

人は一般に「知ってる曲」が好きなので、この選曲は評価される上ではマイナスだったという気がしますし、そもそもこんな難しい歌を選ばない方がパフォーマンスのクオリティは上がったんじゃないかという気がするのですが、GALNERYUSの曲を日テレのゴールデンタイムで聴かせるという快挙を成し遂げたという意味で、彼女は間違いなく「バンドに一番貢献したファン」と言えるでしょう。

GALNERYUSが所属するVAPが日テレの系列会社だからこの選曲にした、とかそういう黒い話じゃないですよね?(笑)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご無沙汰しています

ガルネリウスは個人的には期待を裏切らない数少ないバンドです。

実はこのサイトにお邪魔するまで、日本のメタルバンドはあまり聞いていませんでした。
英語歌詞なら意味がほとんどわからないので、単純にメロディだけを判断基準に出来ましたが、日本語歌詞は嫌でも理解してしまうので、聞いていて恥ずかしくなることが多かったんですね。

正直、ガルネリウスの日本語歌詞は自分にとっては限界を超えている部分が多いですが、どのアルバム(小野さん加入後の)も非常の楽しめています。実は前作も最初は歌詞のせいでイマイチでしたが聴いているうちにすっかりはまってしまいました(笑)

やはりメロディが優れているバンドは強いですね! 紹介してくれたこのサイトに感謝ですm(__)m(昔はsaxas700というハンドルネームでコメントさせていただいていました)

しかし、ジャケットは・・一目見て管理人さんと同じくMANOWARを思い出しました。酷いジャケで良い中身、最近ではエドガイがそうでしたね。ある意味メリハリがあるのかもしれません(笑)

これからも、管理人さんのペースで良いアルバムを紹介してください♪
ちなみに、年間ベストはやはりUPしない予定ですか?
できればサラッとでもお願いしたいです

長文ですみません。良いお年をお迎えください

お久し振りです。

僕のことを覚えているかどうかはともかく、このレビュー記事をずっと待ってました(笑)
今作の出来は素晴らしかったですよね。
まだストーリーのブックレットは目を通していませんが正月休みを利用して聴きながらストーリーを見ていきたいと思います。

とりあえずジャケに関してはadoreさんも同じ事を思っていた様で安心しました(笑)
こういう路線のジャケにするなら1st〜3rdのジャケを描いてた天野さんに描いてもらった方が良かったのではと個人的には思ってたり。

お久しぶりです。

GALNERYUSの作品の中ではRessurrectionに次いでThe Flag Of Punishmentと並ぶ満足度です。
M3は、Destiny以来のキラーチューンだと思います‼︎
前作も聴き込めばアリ(初めて行ったライブがこのアルバムのツアー)ですが
GALNERYUSにはこういう作風が合うなぁと感じました。

最後によいお年を

良いお年を。

やや!Raise My Sword・・・いい曲だ。ラウパで観てたのに全く覚えがない(お歳なもので・・・w)。
年明けにCD購入して聴いてみます♪個人的フェイバリットなDEMONのThe Writing's on the Wallのエンディングに感じが似てるのも好印象です。
今年もADOREさんには沢山学びました。
良いお年を。
来年も見に来ますよ~♪

>black&greenさん

メロディック・メタル好きにとってGALNERYUSに裏切りはありませんね。
このサイトが聴くきっかけになったということであれば、当サイトも多少はバンドに貢献できたのかもしれません(笑)。

一方で、彼らの歌詞が限界を超えているというご意見には完全に同意です(笑)。

上半身裸のマッチョ男性といえばMANOWARですよね。
差別化という意味では鎧を着せた方が良かったのかもしれません。

もはや年間ベストなんてものを選べる資格があるほど枚数を聴いていないのですが、まあそれ風なものを書いてみます…。

>Shuさん

もちろん憶えてますよ(笑)。ある程度定期的にコメント頂いていたことがある方はそうそう忘れません。

本作は良かったですね。まあ、彼らの作品で良くないと思ったことなどないのですが、

ジャケットに関しては多くの人が同じように感じていると思うのですが、天野さんはやっぱりお高いんですかね?(笑)

>かつ丼さん

それほどお久しぶりでもないような(数年ぶりでコメント下さるような方もいるので/笑)。

本作は期待されるものにバッチリ応えたアルバムですね。
おっしゃる通り、#3は新たな代表曲になる曲だと思います。

>Zeppさん

このアルバム、「Raise My Sword」以外の曲もなかなか聴き応えがあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

どう考えてもZeppさんの方が色々とお詳しいと思いますが(笑)、私の書く文章が何らかのお役に立てていたら幸いです。

タイトル

明けましておめでとうございます!

今回のガルネリは個人的に最高傑作だと感じました。
久々に何度もリピートしたくなるアルバム。
特にSoul Of The Fieldのクサさときたら、クサメタラーやシンフォ・ネオクラ好きにはたまらないものがありますね笑

ジャケは逆に海外のB級メロスピバンドっぽいテイストがあって良いと思いますよ笑
自分はドラゴンとか不死鳥のが恥ずかしかったです笑

タイトル

上のコメントは私の投稿です汗

>元学生メタラーさん

あけましておめでとうございます。
新年早々名前の書き忘れですか(笑)。

GALNERYUSは常に高品質なアルバムを出し続けているので最高傑作がどれか、という質問に対する答えはバラつきそうな気がしますが、本作はかなり評判がいい気がしますね。

ジャケについては初めて肯定的なご意見を目の当たりにした気がしますが、彼らはB級メロスピと同列に甘んじていてはいけないんじゃないですかね?(笑)