STRATOVARIUS来日公演 at STUDIO COAST 2016.1.29

STRATOVARIUSは新作を出すたびに(前座扱いやフェスであることもあったが)来日するバンドであり、ここ日本では安定した人気を誇っているバンドである。

しかし来日公演が新木場スタジオコーストと聞いたときには「それはキツいでしょう」と思わざるをえませんでした。

だってスタジオコーストといえば最大2400人収容というかなりの大バコで、洋楽でいえばそれこそサマソニやフジロックの各ステージにおけるトリや準トリクラスがやるような会場。

土日のクラブチッタ(1300人収容)や、同規模のZEPP TOKYOでHELLOWEENと一緒だったときでさえソールドアウトしなかった彼らがやるには明らかにオーバーキャパシティ。

しかもオーディエンスの大半は社会人であろうと思われるにもかかわらず、平日である。てっきり集客力のある前座でもつくのかと思いきや、それもない。

さらに当日は雨、それも夜には雪に変わると予報されるという、「当日券で行こうかな…」という人たちの心を萎えさせる悪条件。ふと思い返してみると09年の来日公演も、11年のHELLOWEENとのカップリングのときも、13年のLOUD PARKに出たときも、全て雨でした…。雨男バンド?

しかしこんな悪条件のときにこそ支えるのがファンの務め。月末締日というサラリーマンにはかなり厳しい状況でしたが、なんとか仕事を早めに切り上げて会社を出るが、明らかに遅刻な時間帯。

この日、新木場にアクセスする有楽町線はダイヤが乱れていたようだが、私がホームに着いたタイミングでちょうど電車が来るなど、個人的には悪くない乗り継ぎで、15分ほどの遅れで済んだ。

場内に入ると、後方も左右も明らかにスペースが絞られており、ステージの真ん前、およそ全体キャパの半分くらいのスペースにオーディエンスが詰め込まれている。楽曲は「INFINITE」アルバムからの「Phoenix」がプレイされている。キメのパートでオーディエンスに両手を上げさせることが「お約束」になっている、割とプレイされる頻度の高い曲だ。

続くは新作からの「Lost Without A Trace」。彼らの楽曲の中でもどちらかというと地味な曲だと思うが、ティモ・コティペルトの歌唱が非常にエモーショナルに響く曲であることがこうして生で観てよく伝わってきた。

「『DESTINY』アルバムからのアルファベット3文字の曲だ」というMCに導かれて「S.O.S」がプレイされ、サビの「Save Our Souls」という箇所では大合唱が起きる。

ティモ・コティペルトは非常にフロントマン然としたアクションをしているにもかかわらず、時にそのティモ以上の存在感を放つ華のあるベーシスト、ラウリ・ポラー。この手のバンドのベーシストにしては珍しい、派手なスラッピングを見せ場にしつつ、彼の曽祖父にあたるシベリウスの代表作である「フィンランディア」で幕を閉じるユニークなベース・ソロ・タイムに続いたのは『VISIONS』収録曲の中で最もポップな「Paradise」。

私が来る前には「Eagleheart」もプレイされたようなので、本日のセットリストは彼らのポップ・サイドを強調したものといえる。彼らはいわゆるパワー・メタル・バンドにカテゴライズされるバンドの中では最もコンパクトでキャッチーな曲を書くことに長けているバンドなので、そういう面を押し出したライブがあってもいいだろう。

ティモ・コティペルトが「自分が加入して一番最初のアルバムである95年の『FOURTH DIMENSION』からの曲だ」と紹介して「Against The Wind」が始まる。素晴らしくキャッチーなサビを持つ大好きな曲ではあるが、個人的には既にライブ体験済みな曲なので、同アルバムからであれば「Distant Skies」が聴きたかったな(笑)。

続くは最新作のラスト・ナンバーであり、10分を超える大作である「The Lost Saga」がプレイされる。その荘厳かつスケール感に満ちたサビはCDで聴くと非常に魅力的だが、合唱が難しいという意味で、同じ大作系ナンバーの「Visions」や「Destiny」に比べるとライブ向きではなく、恐らく今後のツアーでプレイされる可能性は極小であろうという意味で、この曲が今夜のハイライトか。

「The Lost Saga」からイェンス・ヨハンソンのキーボード・ソロにつながる。両端に黄色いアヒルさんが光るキーボードから繰り出されるソロが、イェンス独特の硬質でトレブリーなサウンドからハープシコードの音色に変わるとき、ファンは「Black Diamond」が始まることを知る。

おそらく彼らのライブで必ず演奏される曲というのは「Hunting High And Low」とこの「Black Diamond」の2曲だろうが、それだけの人気曲だけあって何度聞いても盛り上がる。パワー・メタルとは美しい音楽なのだ、ということを理解させるのにこの曲以上にわかりやすい曲はそうないだろう。

ギターとキーボードの速弾きが応酬されるソロ・パートはこの曲の大きな聴き所だが、ソロの間、ティモ・コティペルトがステージ袖から投げ込まれる水のペットボトルを片手キャッチし、オーディエンスに投げ込むというパフォーマンスで注目を奪う。

本編ラストとなったのは「NEMESIS」からの「Unbreakable」。これまた近年の彼らの楽曲の中で最も大衆的といえるキャッチーな曲で、今夜のライブ(というか今回のツアー)は意図的にそういう選曲にしているのだろう。

アンコールで登場したティモ・コティペルトは「あと2曲プレイする」と宣言。ここまで完全に海外のライブと同じセットリストで、当然アンコールも同じように「Forever」、「Shine In The Dark」、「Hunting High And Low」という3曲だろう…と予想していたが、1曲少ない?

そして始まったのは、SONATA ARCTICAを思わせる哀愁のメロディが印象的な「Shine In The Dark」。ありゃー、「Forever」なしか。あのバラードの合唱は結構ライブのハイライトなのにな。まあとりあえず「Shine In The Dark」は良い曲である。

予告通りラスト・ナンバーとなった「Hunting High And Low」はお約束の掛け合いも含めて大盛り上がり。掛け合いというのはしつこすぎるとうんざりしてくるものだが、ティモはほどよいタイミングで切り上げるので印象がいい。かなりの大合唱ではありましたが、ティモが要求するメキシコやブラジルのオーディエンスには恐らく及ばなかったのではないかと思われます(苦笑)。

「アリガトー!」「スバラシイ!」と適度に日本語を交えて(今回の新技は「オイシー!」)盛り上げるティモ・コティペルトは、そのマイクを一瞬空中に浮かせて反対側の手でキャッチする仕草や、頭の上で大きく手を叩いて手拍子を煽る様など、メタル・バンドのフロントマンとして本当に優秀な人ですが、本日は歌唱のコンディションも極めて良好で、特にティモの声域をちゃんと慮って作られていると思しき近年の楽曲はほぼ完璧でしたね。

終わって時刻を見ると20時半ちょっと前。到着したのが19時15分くらいなので、わずか1時間15分。フルで観た人でも90分というのはいささか物足りないボリュームなのではないでしょうか。欧州ではGLORYHAMMERが前座についていたようなのでこれくらいでちょうど良かったのかもしれませんが単独であれば新作からもう2~3曲は聴きたかったというのが正直な所です。

この物足りなさは来月行なわれるCAIN'S OFFERINGの来日公演で埋め合わせたい所ですが、その時期とても忙しくなりそうなことが不安ではあります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

adoreさんならきっと参戦なさると思ってました。
有楽町線の遅延や雨でどうなることかと思いましたが、それでも一見は結構オーディエンスも多く見える感じでしたね。
私は普段はぼっち参戦なのですが、今回は珍しくツレがいた、と言うか、ついに子どもをメタルライブ初体験させました。
事前にいろいろ仕込んだおかげで、どうやらStratovariusは好きになってくれたようです。Eagle HeartとHunting High and Lowは気に入ってくれたらしい。
1時間半は物足りなかった感もありますが、オーディエンスも一体となったいいライヴだったと思います。Foreverがなかったのが残念ですが。2月のCain's Offeringも行く予定ですので、それを楽しみにしてます!

私も参戦しました。STRATOVARIUSのライブ参戦は初めてでしたので期待も大きかったのですが、その期待を大きく上回ってくれる素晴らしいパフォーマンスでした。
ライブで初めて聴く楽曲たちはもちろんなんですが、ラウリがとても格好良くて一目惚れしてしまいました(笑)
次の来日公演があるならまた是非参戦したいと思います。
Cain's Offeringのライブも参戦したいと思っていますので是非楽しみましょう!

オイシー!

自分は新木場Studio Coastは初めてだったのですが、音響がしっかりしていて、ホスピタリティもいい感じなので、いい会場ですね。
都心から微妙に接続が悪い事を除けば(笑)
自分はギリギリ間に合いましたが・・・。adoreさんは残念でしたね。
ていうか、金曜なのだから20:00開演でよかったのでは・・・。

Stratovariusの現在の充実度は素晴らしい!自分の中で彼らのライブに対する期待度はかなり高めになっていますが、しっかりその期待に応えてくれる充実の内容だったと思います。
楽器陣の演奏は相変わらず抜群の素晴らしさ。そしてコティペルト、ステージングだけでなくヴォーカルも絶好調でしたね。色々言われがちな彼の声ですが、Stratovariusの楽曲には彼のような柔らかめな声が合いますね。
ただ、adoreさんも触れてますが、内容が良かっただけにもっと観ていたかったです。「え、もう終わりか」ってのは正直思いましたね。
まあ、Cain's Offeringのライブでその分長く演ってもらいましょうか(笑)

まとめてお返事

>ririxさん
お子さんとSTRATOVARIUSのライブとは素敵ですね。
自分が母親(ririxさんは女性だと勝手に思っているのですが、違ったらすみません)と一緒にライブなんて考えられないだけに、時代は変わっているんだな、と思います。

まあSTRATOVARIUSはかなりわかりやすい部類の音楽ですし、まさに「Eagleheart」と「Hunting High And Low」は中でも初心者向けの曲だと思います。

今回の選曲と長さは、そういう意味ではお子さん向けだったかもしれませんね!


>ryopooさん
えーと、一目惚れというからには女性だという理解でよろしいですかね?(笑) いずれにせよ、ラウリ・ポラーは男から見てもカッコいいベーシストだと思います。
技術・ルックス・家柄(笑)、全てを兼ね備えたHR/HM界屈指のスター・ベーシストでしょう。

CAIN'S OFFERINGもぜひ行きたいのですが…むむむ。


>kimさん
スタジオコーストは有名クラブでもあるだけに音は良い会場だと思います。
STRATOVARIUSがこれくらいの会場を普通にソールドアウトさせられるくらい人気出てほしいんですけどね…。

実際、ライブ・パフォーマンスの充実度で言ったら現在のHR/HMシーンでもトップクラスだと思うだけにもっともっと多くの人に観てもらいたいと思います。

ティモ・コティペルトは「凄いシンガー」ではないかもしれませんが、それでも非常に魅力的なシンガーだと思います。
CAIN'S OFFERING…行けるといいのですが…。


私も参戦してきました。彼らのライブを観るのは初めてだったので、生Black Diamondが聴けて感激でした。やっぱりハコが大きすぎたのですかね、ライブハウスでいつも起こる雪崩が無かったので、私の前も結構スカスカでした。その分ストレスがなくてよかったですが。セットリストもキャッチーな曲が多かったので、個人的には満足でした。ティモもフロントマンらしく観客を上手にあおってましたね(手を上げさせるのが好きなのかな。しかもカウント付きで)。欲を言えば、ラストのHunting High And Lowでやったようなブレークを途中で(EagleHeartとか)でやってればもう少し一体感がでたかなと思います。今回は私以外にもスーツ姿のおじさんの姿が目に付いたので心強かったですね(笑)次は4月に固まってる来日公演に向けて仕事をがんばるか。では

参戦してるだろうなぁってまだ見ぬ管理人様に想いを馳せて(笑)ライブを堪能してました(*^_^*)
それこそ彼らが3人組(もう誰もいないけど)の頃から来日するたびにライブを見てますが、今の5人が結構ベストなメンツかも。
ティモさんも伸び伸びとしてるように思いました。
ペットボトルのくだりは一度も落とさずに片手でキャッチしてたので、素晴らしい!と感動(笑)

あのSTRATOVARIUSでも、平日の新木場Studio Coastだと集客が厳しいんですね。でも、そこでも良いパフォーマンスを見せてくれるのはファンには嬉しいですよね。
トルキ時代は演奏が少し粗いイメージがありましたが、近年はライブバンドとしても充実していますね。それにしても、主なファン層が社会人だと考えると(笑)、土日か祝日にライブして欲しいです。

まとめてお返事2

>りょうさん
彼らのライブ、満足度高いでしょう?
個人的にはボリューム不足で過去最低の満足度でしたが(苦笑)、それでも平均以上の満足度ですし、もちろん次回も観に行きたいと思ってます。

「Eagleheart」は2曲目だったので、まだブレイクを入れるには早いという判断だったんじゃないでしょうか。


>メガネコアラさん
3人組の時代に観てるとは凄いですね!
でもやはりバンドとしては今のラインナップが最強かと思います。
ペットボトルは毎回ノーミスでカッコいいんですよね。眼と反射神経と運動神経のどれも優れているんでしょうね。


>なっつさん
平日の新木場スタジオコーストはSTRATOVARIUSはおろかHELLOWEENでさえ厳しいでしょう。残念ながら…。

トルキ時代、演奏粗かったですかね? まあティモ・トルキはマティアスに比べると技術的には粗いですが。
今のメンバーは譜面(CD音源)通りにプレイするタイプではないですが、それでも上手いと感じさせるあたりがバンドとしての高い実力を感じます。

そしておっしゃる通り、土日か祝日にやってもらいたいですね。会場使用料が上がるし、競争率も高いので色々難しいのだろうと思いますが。


こんばんは。いつもレビュー拝見しています。

私も業後に参戦したクチで、途中脇から中央に移ったので、もしかしたら入口あたりですれ違ったかもしれませんね笑
5年ぶりで記憶も曖昧ですが、サウンドは今回の方がよかったように思います。

欧米の方はGLORYHAMMER前座ということに驚きました。こちらでも紹介なさってましたが、彼らの新譜は特に知らずに聞いたら゛当たり゛だったので、日本でも2,3曲でいいからやってくれたら言うことなかったですね。

感動

自分は東京のライブは都合で行けなかったので大阪と名古屋に行って初めて彼らのライブを見てきました。ティモの煽りやPhoenix,Against the Wind,Forever,Speed of Lightなど生で見て聴いて感動で泣きながら腕振り回してました。笑
未だに余韻が残ってるくらいです。笑

仕事放り投げて参戦したかいは十二分にあったライブでした!やっぱり生で聴くのは良いものですね!

>y2さん

私も中央後方で観てました。ニアミスしていたかもしれませんね(笑)。
というか、この手のアーティストのライブだときっとこのサイトやブログをご覧になったことがある人がいるんだろうな、とたまに思うことがあります(笑)。

彼らのライブで特に音が悪いと感じたことはありませんが、スタジオコーストは音響には定評があるので、実際良かったのかもしれません。

GLORYHAMMER、どうせ来るなら2、3曲と言わず1時間くらいやってもらいたいですね(笑)。

>カントさん

カントさんが関東地方にお住まいで、大阪名古屋に行かれたのだとしたら凄いですね。
大阪は週末だったからまだしも、名古屋は平日ですし。

でも大阪・名古屋の方が曲が多かったみたいで結果的にラッキーでしたね!

生で聴くのは基本的には良いのですが、たまにガッカリするバンドがいることも事実なので(苦笑)、彼らのように生で観ることでさらに魅力を感じさせてくれるようなバンドというのはやっぱり素晴らしいと思います。

おつかれさまです。
本当に直前まで迷っていた(というか半分忘れていた)のですが、最初の音を聴いた瞬間来てよかったわあ~と思いました笑
曲数の少なさに関しては同感ですが(^_^;)

コティペルトの歌唱とパフォーマンス本当に大好きです。
盛り上げ方ではトビアスと双璧ですね。
そしてラウリのベースは改めてすごいなと。
フレーズを動かし(増やし)まくってるのにまったく余計な感じがしないし、ルックスもいい。
マティアスしかりロルフしかりすばらしい補強ができているのは、やはりバンドのブランド力や既存メンバーの人望なのでしょうかね。
またすぐにでも、そして願わくばもっと長く観たいものですw

>馨さん

たしかにトビアス・サメットとティモ・コティペルトは日本人が聞き取りやすい英語で煽ってくれるという意味でも良いフロントマンですね。

ラウリ・ポラーは本当に魅力と実力のあるベーシストだと思います。
もっと人気が出ても良さそうなんですけどね。

これだけの人材が集まるのは、フィンランドのメタル・ミュージシャン人口の層の厚さと、やはり恐らくあの国で最も早く成功したメタル・バンドであるというブランド力もあるんでしょうね。

長さに関しては多くの人がそう思っていると思いますが、ひょっとするとティモ・コティペルト的にはこれくらいの長さがベスト・パフォーマンスを発揮できる時間なのかもしれません。