ALMANAC / TSAR

almanac01.jpg

2015年2月にRAGEを脱退したヴィクター・スモールスキ(G)によるニュー・バンドのデビュー・アルバム。
バンドとはいえ、ヴォーカルにはBRAINSTORMのアンディ・B・フランクやPINK CREAM 69のデヴィッド・リードマンなど、他に「本業」がある複数の人間を起用しており、パーマネントな「バンド」というよりは「プロジェクト」的な色彩が強い。

このバンドは2013年にアルバムを発表したRAGEのシンフォニックな側面にフォーカスしたプロジェクトであるLINGUA MORTIS ORCHESTRA feat. RAGEのコンセプトを継承するものだそうだが、メタル・バンドとオーケストラが「共演」しているかのようだったL.M.O.と異なり、基本的にはメタル・バンド・サウンドのアレンジの一環としてシンフォニックなサウンドが機能するという、言ってしまえばオーソドックスなシンフォニック・メタルのフォーマットに則ったスタイルである。

とはいえ、例えばRHAPSODY OF FIREのようなシンフォニック・メタルに比べると大仰さは控えめで、意外なほどストレートにメロディック・パワー・メタル的である。RAGEでも随所に顔を出していたプログレッシヴ・メタル的なエッセンスも端々に感じられるが、難解な印象を与えるほどのものではない。

「皇帝」を意味するロシア語のワードをタイトルに冠しているだけあって、ベラルーシ出身ならではのロシアンな(スラヴ的な、という方が正確か)メロディ・センスも垣間見えるが、ひと昔前の東欧のメロスピ・バンドのようなイモ臭さとは無縁で、ちゃんと抑制が効き、洗練されているのは流石の手腕である。

もちろん、欧州メタル・シーンで随一と言っても過言ではないヴィクター・スモールスキのテクニカルなギター・ワークも存分にフィーチュアされており、その点に期待している向きにも納得の仕上がりだろう。

RAGEのファンであればご存じの通り、ヴィクターのギターはクラシックの素養がある欧州のギタリストにしては珍しく「泣き」を感じさせないフラッシーなタッチで、そういう点から共通点を感じたのは、ヴィクターと同じく音楽の博士号を持つマグナス・カールソンがかつて率いていたLAST TRIBEだ。

そして、当然と言えば当然だが、ヴィクターがRAGE加入前に在籍していたMIND ODYSSEYのサウンドにも通じるものがある。

そういう意味で、本作からあまり「RAGEっぽさ」を感じないのは、いかにピーター“ピーヴィー”ワグナーという人間の個性が強烈だったかということを示す事実で、その強烈なRAGEの個性の中でも充分にヴィクターの個性は活きていたと思うので、やはりRAGEにはケミストリーがあったのだな、とあらためて感じさせられた。

とはいえ、「何をやってもRAGE」になってしまうあのバンドよりも、複数のシンガーを起用することができるこのバンド(プロジェクト?)のほうがクラシックからジャズまでを究めたヴィクターの才能の多様性は表現しやすいはずで、そういう意味では一般的なメタル・リスナーに受け入れやすい作風に手堅くまとめてきたようにも映る本作からの次の一手に期待したくなる。【85点】

◆本作収録「Self-Blinded Eyes」のMV




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

次作が楽しみな良作

派手さは無いですが程々にキャッチーで聴き応えのある作品だと思います。
ただどうしてもAvantasiaやAvalonと比べてしまいがちになってしまいますね
特に後者と
違いと言えばエピックな世界観ぐらいですかね
今後の展開次第ではAvantasiaとタメを張れるのではと思っています。
Avalonみたくなってしまうのかは次回作次第でしょう
お気に入りは①、②、④でしょうか
分かりやすい曲ばかりですが(笑)
Mind OdysseyとLast Tribeは、
聴いたこと無いので聴いてみます。

>かつ丼さん

ヴィクターはあまりエピックな境地を目指していない感じがしますね。

個人的にはAVANTSIAのフォロワーみたいな展開を望んでいないので、このバンドならではの個性をもっと伸ばしてほしいと思っています。

MIND ODYSSEYはちょっと地味ですが、LAST TRIBEはメッチャ良いので機会があればぜひトライしていただきたいですね。

歴史やファンダジー要素が強いと
なんとなくエピックって使う癖が
出てしまいました。
個性が出るかどうかは別として
シンフォニックより民謡というか
土着性が出れば
コンセプトやヴィクターの
作曲能力と相まって
強力な作品が出来上がるのでは?と
思ってます。
コンセプトは、その題材次第で
興味を持つ人間なので
あまり、拘りはしませんが
歴史的なコンセプトは大歓迎です(笑)

>かつ丼さん

歴史ネタはドラマティックなメタル・サウンドとの相性がいいですね。
ヴィクターは普通のメタル系ミュージシャンよりはるかに音楽の引き出しが多いはずなので、メタルとしての基本線は守りつつ、その辺のセンスをうまく生かした作品を期待したいところです。

シンフォニック・パワー・メタルなのにギター・サウンドが骨太ですね!

>Loki Holstさん

シンフォニック・パワー・メタルはギターが弱いことが多いですが(ANGRAなどは例外ですが)、このバンドはさすがに強力ですね。
ヴィクター・スモールスキは本当に凄いプレイヤーだと思います。