VEILED IN SCARLET / REBORN

veiledinscarlet02.jpg

GYZE、THOUSAND EYES、SERENITY IN MURDERなど、有望なバンドが次々と登場する国内メロデス・シーンにおいて、もはや伝説となっている(実際GYZEのメンバーもファンだったらしい)SERPENTの中心人物だったKeija(Dr, Key)が新たに結成したバンドのセカンド・アルバム。

前作からVo, G, Bと大半のメンバーが交替しており、ANCIENT MYTHやVALTHUSのメンバーとして知られるIzo(G)、そして同じくVALTHUSのSATOSHIがベースをプレイしている。

前作「IDEALIZUM」は音質がプアで、正直今一つのめり込めなかったが、本作ではその問題がだいぶ改善され、この手の音楽に必要なエッジと迫力がちゃんと備わっているのがポイント高い。

そして、Keijaに期待される、リード・ギターで奏でられるクサメロの嵐も前作以上に冴え渡っており、SERPENT時代を思い起こさせる。前作が今一つグッと来なかったのは音質のせいかと思っていたが、実際KeijaとしてはSERPENTと差別化するためにあえてソングライティングのアプローチを変えていたらしい。

しかし、自分の得意なことをやめてまで過去との差別化を重視するというのは本末転倒な話で、やはり人間自分が得意なことに集中するほうがうまくいくことが多い。本作での「原点回帰」(というほど変わっていたわけではないのだが)は大正解といえるだろう。

鍵盤楽器で作曲されているからこその悲しき美旋律が乱舞する様は、きっとギタリスト的には弾くの大変だろうな、と思いつつ、いちクサメロ愛好家としては悶絶せざるを得ません。

本作における唯一の弱点はVoで、Mikuというボーカロイドみたいな名前の新ヴォーカリストのデス・ヴォイスは、「体質的にデス声出せない人が無理にデス声を出そうとしている」感じで貧弱極まりない。ぶっちゃけ私がデス声を出そうとするとこんな感じですよ(それも30秒で喉が潰れますが)。

そして実際、今週末5月7日(土)に吉祥寺CRESCENDOで予定されているレコ発ライブには喉のトラブルで出演できないとのこと…。個人的にはデス声を出せるかどうかというのはかなり先天的な素質に左右されると思っているので、向いてない人がやるのは身体というか喉に対する負荷が大きすぎると思います…。【84点】

◆本作収録「Only Hope Remains」のMV

ヴォーカルの人、俳優もやっているというだけあってルックスというか、面構えはすごくいいんですけどね…。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーん、こりゃだめだ・・・
犬の交尾みたいなVoが
聞き進めるのをストップさせる

サーペントのVoが戻るのが良いんかねえ

トレーラーとMV見てみましたが、確かにこのヴォーカルはものすごく賛否分かれそうですね。バックの演奏は文句なしに素晴らしいだけになおさら。リードギターのメロディーが最大の武器だと思うのでヴォーカルは気にならない人は気にならないと思いますが、終始耳元で囁かれているような声は個人的に違和感バリバリでした。

これだったらSERPENTの方がいいなと思いつつも、廃盤で値段が高騰しており手が出せないのが辛いです。同じ理由でVOLCANOの1stも。

Keijaさんは妥協してこのVoを選んだわけではなく、普通に気に入っているという事実が残念でなりませんね。
私が初めて聴いた時の感想は、「上手い下手以前に声が気持ち悪すぎて曲に集中できない」というものでした。曲だけでいったらGYZEや千眼に勝るとも劣らないほどのものだと思うのですがね…。

メロディが良いだけに、ロードオブザリングのゴラムが歌っているかのような声はちょっとキツイですね笑

ボーカルを最初に聴いたとき
驚きよりも笑いが込み上げてきました?
私もグロウルやシャウトがあまり得意ではないですが
これならサポートの道元さんや新行内さんのままで良かったのでは?
なんて酷なことを言ってしまいますが...
現に喉が不調のようなので
曲は相変わらずクサメロのバーゲンセールですし

曲はいいですね!

voは劣化版アバスですか?

まとめてお返事

>名無しのメタラーさん
犬の交尾を目撃したことがないので何とも言えませんが、ちょっと厳しいですよね。
一度別れた人を戻すよりは、新しい人材を発掘したほうがいいのではないでしょうか。別れるには別れただけの理由があるんでしょうし。


>翔さん
賛否が分かれるというか、「賛」がどれだけいるのか、という感じですね…。
おっしゃる通りこのバンドの肝はリード・ギターのメロディなので、ヴォーカルは添え物でしかないと思いますが…。


>pndnsk
フロントマンとしてはともかく、本当にこの歌唱を気に入ってらっしゃるんでしょうかね?(苦笑)

ヴォーカルがちゃんとしていればGYZEやTHOUSAND EYESに匹敵する評価を受けるべきバンドだと思います。


>名無しのメタラーさん
言われてみるとたしかにゴラムの声に似てますね(笑)。


>Loki Holstさん
プリミティブ・ブラック・メタルであればこの歌もアリなのかもしれませんが、これだけ構築されたメロデスだと厳しいですね。
おっしゃる通り、曲やメロディはとても良いと思います。

うーん

唯一の弱点としか語られてないのに、コメント欄でそこばかりがクローズアップされて語られてて流れが結果的にヴォーカルばかりを責めてる構図にできあがってるのが嫌だなあ…
それだけ他のレベルが凄くいいものに結実してるから、ということはあるでしょうけど

お茶の間向き?

デスヴォイス系に耐性が無い自身にとっては、かなり聴きやすいですよ「ささやきデスヴォイス」みたいな笑
曲ははバツグンに良いしですし、ボーカルもナイスガイ。音楽番組とかで紹介されたら意外に売れたりしませんかね。「YOSHIKI氏絶賛!瞬間の美学的デスヴォイス」とかって、メタルに全然興味の無い人達から絶賛されて商業的には成功。そのジャンルのコアな方々からは酷評されるが、そうこうしてるうちに実力がついて不動の地位につく。。。妄想dethかね。

いつも気になって仕方ないので、言います。
学生気分38さんの、dethは、わざとaを抜かしているのdeathか?
つまらんことですみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>人さん

一般的に長所より短所が目についてしまう人のほうが多いですからね。ましてヴォーカルなどという目立つポジションにあってはなおのことでしょう。

基本的にはメロデス好きにオススメできるアルバムだと思って書いている文章なのですが、万が一このコメント欄がご本人や関係者の方の目に触れたら気を悪くされそうですね。

>学生気分38さん

さすがに日本はまだこの手のバンドがお茶の間で受け入れられるステージには至っていないと思われますが、BABYMETALの例といい、何が受けるかわかりませんからね。

もっともこのバンドがテレビに出るとトークはVoの人がかつて出演していた「金八先生」について訊かれるだけで持ち時間が終わってしまいそうですが(苦笑)。

あと、わざわざ非公開コメントでお問い合わせいただいた件ですが、全く問題ありませんのでぜひ疑問を晴らしてあげてください。私にはこの疑問に答えることはできませんので(笑)。

このVo.は、まるで紙がこすれたり、クシャクシャに丸めるような音の声ですね。

→鼻毛暴々さん

ご質問くださった「deth」の件ですが、わざとですよ。大好きなMEGADETHのDETHを真似ています。

10年くらい前からメールなど日常的に使用してます「了解deth」「よろしくdeth」とか、なんで携帯の検索候補も「d」と打てば「deth」がトップ候補されますよ笑。当初、瞬く間に流行するんじゃないかと重いましたけど、まったくでした。。。たまに返信が「・・・death」となってるので、ひとり「aは要らんのよ」と呟いています。

ちなみに、同じくメタルっぽいので「思う」を「重う」と表記しているのですが、「deth」表記については年に一度くらい質問を受けますが、「重います」とかは、ただの間違いだと重われているようdeth。。。

逸材

えっ!このVoの人「金八先生」に?検索してみましたが、ちょっとわかりませんでした。やはりある意味で逸材なのdethね!

そういえばMEGADETHもAがありませんね。
つまらんことを失礼しました。

音質が前作より改善されており、SERPENT時代を彷彿とさせる泣きやネオクラ系のギターフレーズが増えたことで演奏面ではだいぶパワーアップしましたね。
ただ、どこのレビューでも言われているようにVoが弱いです。
ここさえ改善されれば、GYZEの1stあるいはTHOUSAND EYESの2ndに
匹敵する国産メロデスの名盤だったかも。

adoreさんにオススメのバンドがあります。
SUNBURSTというギリシャのプログレメタルバンドです。
SYMPHONY X等から影響を受けており、Voはロイ・カーン似。
今年2月に国内盤が出ており、高品質かつ非常に聴きやすいです。
MYRATHとも音楽性が近いと思います。

>鼻毛暴々さん

既に人の声ですらないと(笑)。
まあ、デス声というのは元々「人の声じゃない」と言われがちな歌唱法でしたが…。

>学生気分38さん

子役時代の話らしいですけどね。
『バトル・ロワイヤル』なんかにも出てたらしいです。

>元学生メタラーさん

まあ、ある意味個性的なVo、と言えなくもないですけどね…。

SUNBURST、『BURRN!』の藤木氏も絶賛していたのでチェック済みです。それ以前からYouTubeに「おすすめ」されていましたが(笑)。
かなりレベル高いバンドですよね。個人的にはちょっとストイック過ぎるというか、もう少しキャッチーな方が好みですが、今後に期待したいバンドですね。

う~ん、これは・・・。Voの台無しっぷりは、The Duskfallの「Where the Tree Stands Dead」以上かも知れませんねえ・・・。

>HDMさん

不勉強にしてその曲は知りませんでしたが、今ちょっとYouTubeで聴いてみた限り、これよりは全然マシでしょう…。

というかデスというよりハードコアっぽいだけで別に特別弱くはないような。