DERDIAN / REVOLUTION ERA

derdian06.jpg

2013年の4thアルバム「LIMBO」から加入したヴォーカリストのイヴァン・ジャンニーニが、前作「HUMAN RESET」発表後に脱退し、シンガー不在の状態となっているイタリアのメロディック・パワー・メタル・バンド、DERDIAN。

本作は彼らの初期3作、「NEW ERA」Part1からPart3までの名曲を再録した初期楽曲のリ・レコーディング・ベストで、Voの不在を逆手に取って(?)全曲にゲスト・ヴォーカルを迎えるという企画性を持たせている。

以下が収録曲で、カッコ内に表記されているのがその曲を歌っているゲスト・シンガーである。

1. Overture(アポロ・パパサナシオ / 元FIREWIND、現SPIRITUAL BEGGERS)
2. Burn(へニング・バッセ / 元METALLIUM、現FIREWIND)
3. Beyond The Gate(Gianluca Perotti / EXTREMA)
4. Battleplan(Davide Damna Moras / ELVENKING)
5. I Don’t Wanna Die(D.C.クーパー / ROYAL HUNT)
6. Screams Of Agony(マーク・バジーレ / DGM)
7. Lord Of War(ファビオ・リオーネ / RHAPSODY OF FIRE)
8. Forevermore(エリサ・C・マルティン / 元DARK MOOR & Terence Holler / ELBRITCH)
9. Eternal Light(ロベルト“ラモン”メッシーナ / 元SECRET SPHERE)
10. The Hunter(ラルフ・シーパース / PRIMAL FEAR)
11. Black Rose(Andrea Bicego / 4TH DIMENSION)
12. Incitement(リオウ・フィガロ / MINSTRELIX)
13. New Era(エリサ・C・マルティン / 元DARK MOOR)
14. Cage Of Light(アポロ・パパサナシオ / 元FIREWIND、現SPIRITUAL BEGGERS)

選曲が妥当か否かは彼らに対する思い入れ次第でしょうが、個人的にはゲスト・シンガーが意外と豪華で驚きました。

基本的にはイタリア・ローカルのバンドなので、ファビオ・リオーネをはじめとしてイタリア人のシンガーが参加していることは理解できますが、D.C.クーパーやラルフ・シーパースといったあたりはちょっと意外。かつてフェスとかイタリア公演の前座としての共演などの接点があったのでしょうか。

特にエリサ・C・マルティンやロベルト・メッシーナといったあたりは日本においては「あの人は今」状態なので懐かしさもありますね。エリサはDARK MOOR時代より上手くなっている気がしますし、ロベルト・メッシーナについては、SECRET SPHEREは彼の声域をあまり考慮せずに曲を作っていたんだなあ、と思わされました(笑)。

そう、正直このゲスト・ヴォーカリスト陣の名前には、2000年代初頭におけるクサメタル・ブームのノスタルジーを掻き立てられてしまい、ついポチっとしてしまったというのが事実です。もはや個人的にはクラシック・ロックです。

私個人のクオリティ尺度からいくと彼らの音楽はいささかB級過ぎ、本作もややB級なシンガーが歌っている曲の方が「馴染んでいる」印象を受けるのですが、15年前のデビュー以来、路線変更もパワー・ダウンもなく劇的でファンタジックなメロディック・パワー・メタルを追求し続けている希少な存在であることは紛れもない事実。

もはやマニアにとっては「クサメタル最後の牙城」とさえ呼べる存在なわけですが、そのB級感も含めて「クサメタル」を愛している人たちにとっては楽しめる楽曲が揃っています。

ファビオ・リオーネがゲスト参加した#7だけは新曲ですが、それ以外の楽曲と並んで何の違和感もない仕上がり(個人的には劇的な成長を感じさせてもらえるとさらに嬉しかったのですが/苦笑)。

てか、このバンド、サシャ・ピートとかチャーリー・バウアファイントみたいな、この手の音楽に強いプロフェッショナルなプロデューサーを招いて、良いスタジオでレコーディングすれば化けると思うんですけどね。

とはいえ、このゲスト・ヴォーカリスト陣を見て「豪華だ」と感じることができる人であれば充分楽しめる一枚と言えるでしょう。【82点】

◆本作のトレーラー映像


◆ファビオ・リオーネが歌う新曲「Lord Of War」のリリック・ビデオ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

個人的にはファビオの歌う新曲はこのアルバムの中でも飛び抜けて素晴らしく、流石derdianだ!と手を叩いて喜んだのですが……人の感覚、好みって難しいですね(笑)
アルバムトータルで見ても、初期の曲と比べて前作human resetの楽曲がいかに強力か……なんて思いましたし(笑)
まあ3rdの曲は出世作(?)だけあって強力ですし1stの曲も新たな発見があったりでなかなかに楽しめるアルバムだとは思いました。

しかしこれだけ強力な(主観)楽曲を持つバンドが本国ではレーベル契約を得られないのは残念でならないですね……

No title

twitter表示できました。
ご指導ありがとうございました。

で、本題。
80年代後半~90年代前後には「クサメタル」という言葉はなかった(ハズ)ですが、NWOBHMを受け継いだ「メロとリフ、もうちょい頑張れ!」的なB級正統派HM?は結構存在しました。

以前紹介した 「Excalibur」 と 「Marshall Law」がその代表格です。確か両者ともBURRN!では70点代後半、かつ日本版は少量プレスだったため、オクでは今でも高値で取引さていると思います。

Marshall Law はセカンドでコケまして、そのまま自然消滅するのですが、この突然変異的に
 「なんでこうなっちゃったの?アルバム」
は80~90年代には結構あるので、今後、自前のブログで紹介したいと思ってます。

No title

大変失礼ながら、トレーラー映像でリオウ・フィガロ氏の写真が出てきた瞬間、思わず笑ってしまいました。
おっさんが無理してホスト風ファッションをしてみたらこうなってしまった、といった感じでしょうか…

こ、これは…「豪華だ」と言ってしまおう!

私は「B級メロディック・パワー・メタルの宝石箱や〜」とばかりに「NEW ERA」三部作を愛聴しまくったクチですが(そして、その後はフォローできていなかったのですが)、正直、彼らがこんな「豪華」な面子をゲストに迎えられるとは思ってもいませんでした。
エリサ、ロベルトあたりでも「こいつら…背伸びしたゲストを迎えやがって…」と感じでしまうクラスのバンドだと思っていたので。

でも、仰る通りこんなクサメロ全開のメロパワ、いまや少数派ですし、気づけばすでにデビュー10年以上が経過していたのですね…
とにかくクサメロに飢えていたあの頃、輸入盤屋で発掘した1stを聴き込んだ毎日を思い出しました。
こうして初心(?)を忘れない彼らを改めて応援したくなりました。

まとめてお返事

>einさん
ネット上で見る限り新曲の評判は良さそうなので、私の意見が少数派なのでしょうが、個人的にはイントロのギターのフレーズとかもっと練れたのではないかと思っています(笑)。

最近は方向性はともかくバンドの平均レベルは上がっているので、なかなか契約を取るのも大変なのでしょうね。


>Metal88さん
クサメタルという言葉ができたのは90年代末か、ひょっとすると00年代に入ってからかもしれませんね。

そもそもネットスラングみたいなものなのでさほど真剣に受け止める必要のないワードかもしれませんが。


>名無しのメタラー
これでもリオウ・フィガロ氏的にはかなり頑張った渾身の一枚と思われます…(笑)。


>メタリアソ666さん
DERDIANの1stを発掘して愛聴していたとなると、MOON MADNESSやXaMetalizeDを愛読し、ディスクヘブンに通っていたクチですか?(笑) 懐かしいですね。

あれからもう10年以上、というか15年も経ったかと思うと時の流れの速さに驚きますね。

No title

このメンツと一緒ってMINSTRELIXて有名なんですか?
正直2年前見たDGMとのライブでは
「曲とギターは最高だが
世界と比べるとチョット」だったので・・・。

>名無しのメタラーさん

MINSTRELIXが有名かどうかというと、一般人の間ではこの中で一番有名であろうD.C.クーパー、ラルフ・シーパース、ファビオ・リオーネといった人たち(およびその所属バンド)でさえ知られてないでしょうから、有名とは言い難いでしょうね。

ただまあ、この辺の音楽を聴いている日本のクサメタル・ファンの間ではそこそこ知られていると思いますし、DERDIANにとって日本はメジャー流通でCDがリリースできる重要な国だと思いますから、彼ら的には日本人をゲストに迎えることには意味があったのだろうと思います。

リオウ氏は過去の作品のボーナス・トラックにもゲスト参加していましたし、有名だからというよりは、単に友達だから参加してもらったんじゃないですかね。

あと、そもそも有名であることと、実力が世界レベルであるかどうかということには何の関係性もないと思いますよ(笑)。

歌がそれほどうまくなくても有名なヴォーカリストなんていくらでもいますからね。



No title

DERDIAN懐かしいです
2010年作の「NEW ERA PT.3」でハマったのですが、続く「LIMBO」が個人的にイマイチでそれ以降全然聴かなくなってしまいました
新曲良さそうなのでこれを期にまた聴いてみようと思います

今年の3月に出たTHUNDERSTONEの新作もかなり良いですよ
初期のVoが復帰して、正統派メタルから再び質の高いメロパワ路線に回帰しました

>元学生メタラーさん

「NEW ERA PT.3」はリリース当時マニアの間で話題になっていましたね。

彼らといい、THUNDERSTONEといい、そろそろこの手のバンドも原点回帰の波が来ているのかもしれません。

初めまして

コメントの前にいろいろ見させてもらいました。よろしくお願いします。

懐かしいメンバーがゲスト参加していますね。
こうして過去のメンバーが他のバンドに参加している作品を聞いてみると、新たなことや意外なことが分かってきますね。

ところでadoreさんは早稲田出身だそうですね?
私の姉も1979年生まれで現役で入学しています。
商学部ですが、後輩にあたりますね。

私も当時、同じ高校出身で東大に在籍していた友人と文化祭で2度行ったことがあります。

気が向いたらまたコメします。先輩、よろしくお願いします。

>フィニッシュメタラーさん

はじめまして。
たしかに他のバンドの曲を歌うことで、本業のバンドでは見られない側面が見えたりしますね。

お姉さん、79年生まれの現役入学なら学部は違えど確実に在学時期が重なっていますね。
ひょっとしたらどこかですれ違っていたりしたかもしれません(笑)。
でもお姉さんの在学時には文化祭は行なわれなかったんじゃないですかね?


連投失礼します

言葉足らずでした。すみません。

姉が在学していた時には確かにやっていませんでした
私が早稲田祭に行ったのは復活した2002年と翌年の2003年ですね。

早稲田キャンパスの正門に向かうと手前にバスのロータリ
右手に大隈講堂の時計台
そのまままっすぐ行くとキャンパスの真ん中に大隈重信の銅像

覚えているので行ったのは間違いないです。

メロディック・メタルはバンドやプロジェクトが多いので聞きたい曲がたくさんありますよね。
私は大学在学中の2000年以降にHR/HMを聞き始めたので、まだまだ新たな出会いがあって楽しいです。

>フィニッシュメタラーさん

別に早稲田祭に行ったということを疑ってはいませんのでご安心ください(笑)。

2000年以降に聴き始めた人でさえ、もう十数年のリスナー歴になっているんだな、と思うと時の流れに驚きますね。

とはいえHR/HMはサウンド的にもエリア的にも今なお拡散を続けているので、常に新たな出会いがありますね。