ANATHEMA / ALTERNATIVE 4 (1998)

anathema04.jpg

しばらくネタとヒマの不足で更新が途絶えていたので、これまで「書いてはいたけど公開はしなかった」アウトテイク的なレビューをいくつかアップして「つなぎ」にしようと思います。

元々はドゥーム/デス系のバンドとしてデビューしたANATHEMAだが、当時「Peaceville」のレーベルメイトだったPARADISE LOSTの後を追うように、音楽性にクラシカルな要素を加えてゴシック化していった。

その傾向が顕著になったセカンド「THE SILNET ENIGMA」でマニアの間で評価を高め、日本デビュー作となった前作「ETERNITY」はBURRN!誌での高評価も追い風となり、この時期におけるゴシック・メタルの代表格の一翼を担う地位を確立。

本作はその「ETERNITY」に続く4作目のアルバムで、タイトルはレズリー・ワトキンスという作家の著した「オルタナティヴ3」という本のタイトルに影響されている。

彼らがゴシック化したセカンド「THE SILNET ENIGMA」の時点で、PINK FLOYD的なプログレッシヴ・ロックからの影響は感じさせており、前作「ETERNITY」ではそれがさらに顕著になっていたが、基本的なサウンドの手触りはメタルだった。

しかし、本作における変化はかなりドラスティックなもので、ここで聴ける音楽はパッと聴きでは非メタルである。

むろん、一般的なロックに比べればへヴィな要素は強いのだが、HR/HM的なリフはほとんど登場せず、メランコリックな歌メロを中心としたそのサウンドは「へヴィでダークなPINK FLOYD」とでも形容すべきものである。

ダークでメランコリック、しかもこのタイトルなので「オルタナ化した」という受け止め方をする人も少なくなかったが、別にPEARL JAMやALICE IN CHAINSのようなサウンドに変化したわけではない。

強いてオルタナティヴ的な要素を探すなら(そんな必要は全くないのだが)、#3「Empty」にドラム・ループが導入され、少々インダストリアル的なニュアンスを醸し出している程度である。

正直ゴシック・メタルとは呼び難い音楽ではあり、かと言って他のジャンルにカテゴライズすることも難しい。

こういう「ジャンルの谷間」に位置するアルバムは特に日本では売れにくく、実際本作はあまり売れなかったようだが、リリース当時(98年)若さゆえの憂鬱を抱えていた身には、本作のムーディーな音楽はなかなか「気分」であり、結構気に入っていた。

特に#8「Regret」の歌詞には結構感じるものがあったな。

And sometimes I despair at who I’ve become
I have to come to terms with what I’ve done
(そして時には 自分がなってしまった人物に絶望する
今までしてきたことに 俺は屈伏している)

My future is not set, for the tide was turned
But still I never learned to live without regret.
(俺の将来はまだ決まっていない 情況は変わったというのに
まだ後悔のない生き方を 身につけていないんだ)


「後悔のない生き方」は今でも見つけられてはいませんが、今は忙しくて後悔している暇がない分、あの頃より生きるのは楽ですね。

何しろ、今や歌詞を読むことさえしないんですから(苦笑)。あの頃はあの頃で授業にサークルにバイトに忙しかったけど、やっぱり今よりはゆとりがあったんだなぁ。

ちなみに日本盤ボーナスはセカンド「THE SILENT ENIGMA」のタイトル曲の別バージョンで、オーケストラ・アレンジを施したのはなんと、かのドン・エイリー(元RAINBOW~OZZY OSBOURNE他、現DEEP PURPLE)。

◆公式MVじゃないけど400万回以上再生されていた本作収録の「Lost Control」

憂鬱な気分に浸りたい方だけ聴いてください。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

この手のメタルからはかけ離れてしまった系のバンドはファンから倦厭されがちなのですが、
Weather Systems収録のThe Storm Before The Calmもいい曲で良かったですね

アウトテイクにしたのはこのサイトで取り上げるにはあまりメロディックではないからでしょうか?

うれしいチョイス3連発ありがとうございます。ANATHEMA はというよりゴシックはなのかもしれませんが、鬱々と言われますが、美麗なメロディも多く浸れます。そう聴くより浸る感じですね。私は疲れた時や穏やか気分の時用に何かしらのゴシックメタルはPODに入れてます。

>人さん

すみません、ANATHEMAは2ndから本作までしか聴いてませんので、最近の曲はわかりません…。

メタルから離れようと、良い音楽は良い音楽だと思ってますけどね。

アウトテイクにしたのは、なぜ今このアルバムを取り上げる必要があるのか、自分の中で意味づけできなかったことと、このサイトの客層に合っていると思えなかったからですね。

>大介山さん

最近売れているゴシックはむしろ鬱々というよりは明らかに美麗系ですよね。むしろただのシンフォニック・メタルじゃね? みたいなバンドが多いような気がします。

疲れた時のゴシック・メタル、斬新な音楽療法ですね(笑)。