TRICK OR TREAT / RABBIT’S HILL PT.2

trickortreat04.jpg

リリース元を「Valery Records」から大手「Frontiers Records」に移して(日本では引き続きキングレコード)発表された、前作から引き続き英国の児童文学『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』の物語をベースにしたコンセプト・アルバム第2弾。

プロデュースを手掛けているのは前作に引き続きシモーネ・ムラローニ(G : DGM, EMPYROS)。

前作発表時点で「多くのアイディアが生まれて1枚に収まらなかった」ために2部作にすると言っていたにもかかわらず4年近いリリース間隔が空いたのは、やはりVoのアレッサンドロ・コンティがLUCA TURILLI’S RHAPSODYとの掛け持ちだからだろうか。

前作はデビュー当時のようなマイケル・キスク在籍時のHELLOWEEN直系のサウンドから距離を置き、ややサウンドの多様性を求めた印象が強い作品だった。

本作もANCIENT BARDSのサラ・スクワラドーニ(Vo)をゲスト・シンガーに迎えたパワー・バラードの#3、MEGADETHを彷彿させるインストの#8、ニー・カッコ(Vo : SONATA ARCTICA)がゲスト参加した少しフォーキッシュな#9など、前作の拡散路線を踏襲しつつも、しかし全体としてはメロディック・パワー・メタル色の強い感触の作品に仕上がっている。

のっけからいきなり緊張感を高めてくる切迫感に満ちたスピード・チューンの#1、MVも制作されたリード・トラックの#6、ゲスト参加したティム・オーウェンズ(元JUDAS PRIEST, ICED EARTH)のパワー・ヴォーカルが冴える#7、そしてHELLOWEEN譲りの構築美を見せる10分におよぶ#10といった勢いのある楽曲がそのイメージを形作っている。

一方で、アレッサンドロ・コンティのマイケル・キスク似のハイトーンにピッタリなポジティブなキャッチーさのある#3「Cloudrider」のような楽曲もいいし、コンセプト作のストーリー後半だからか、全体的に劇的な印象が増しているのが良い。

前作に引き続きオープニングの疾走曲の後にいきなり牧歌的なアコースティック・チューンが来てしまうという緊張感を削ぐ曲順でなければなお良かったのだが、そんな不満もさして大きな問題とは感じさせない充実作である。

正直あまり成功しているとは言い難い、ローカル・バンド同然の活動状況ではあるが、イタリアにおいてはANCIENT BARDSと並ぶ若手(?)のホープ認定。【86点】

◆本作収録「The Great Escape」のMV


◆本作収録「Never Say Goodbye」のMV


◆本作収録「United」のリリック・ビデオ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

キレ味抜群

ちょうどDGMの新作に感心していたところでした。シモーネ氏が素晴らしいですね、ここまで歯切れの良いギターは久しぶりなんでたまらないです。使ってるギターがテレキャス系ってのも「その手があったか!」みたいな笑

>学生気分39さん

DGMの新作は日本盤待ちですが、このバンドは実力が確かなので安心して聴けますね。シモーネを筆頭にメンバー皆素晴らしく上手いです。

たしかにメタルでテレキャス系のギターを使っているのは珍しいですよね。

No title

久々にこんなにストレートなメロパワアルバムを聴いた気がします。
#3と#6がツボすぎてリピートしまくりです。
個人的にはルカソディよりもこっちをメインで活動してほしいですね。

私もDGM期待してます!
あとはSABATON、FREEDOM CALL、TWILIGHT FORCEの新作も楽しみですね。

>元学生メタラーさん

メロディック・パワー・メタルにカテゴライズされるバンドは数多けれど、こういうHELLOWEEN直系のわかりやすいバンドが最近減っているので、貴重な存在ですよね。

特に本作は楽曲のクオリティが高まっているので、ぜひ多くの人に聴いてもらいたいです。