RHAPSODY OF FIREからファビオ・リオーネ(Vo)が脱退

イタリアを、いや、シーンを代表するシンフォニック・メタル・バンド、RHAPSODY OF FIREからヴォーカリストであるファビオ・リオーネが脱退を表明しました。

詳しい脱退理由については説明されておらず、ファビオ・リオーネは自身のFacebook上でRHAPSODY OF FIREでの活動に誇りを感じていること、そしてメンバーたちへの感謝を表明しています。

…というと「きれいな別れ」のようですが、バンドは本来最新作『INTO THE LEGEND』に伴う欧州ツアーをこれから行なう予定になっており、そのスケジュールはいったん白紙になるということで、なぜこのタイミングで?という気もします。

つい先日「ETERNAL IDOL」なる新プロジェクトの発表がありましたが、割と地味な、言っては失礼ですがいかにもサイド・プロジェクトっぽい雰囲気のものなので、これをやることがRHAPSODY OF FIREという彼がかれこれ20年近くに渡って「メインのお仕事」にしてきたバンドを辞める理由にはならなそうです。

そうなると、彼が他に現在所属する(?)バンドがVISION DIVINEとANGRAであり、活動の規模(すなわち収入の額)から考えるとANGRAをメインにしていく、ということが考えられます。

ANGRAの最新作『SECRET GARDEN』ではゲスト・シンガー的な扱いでしたが、いよいよ正社員に登用されたのでしょうか?

もちろんどちらのバンドも大好きですが、個人的にはANGRAよりはRHAPSODY OF FIREの音楽性のほうがファビオのスタイルには合っていたと思うだけに、ANGRAへの正式加入が脱退理由だとしたら諸手を上げて喜ぶことはできません。てかむしろANGRAのことがちょっと嫌いになってしまいそうです(苦笑)。

個人的な感覚では、ANGRAでやっていくくらいならまだルカ・トゥリッリのRHAPSODYに合流してくれるほうがまだ納得感と期待感がありますよ。

いやマジでRHAPSODYというバンドが描いてきた勇壮なシンフォニック・メタルにファビオ・リオーネの歌声は完璧にマッチしていたと思うんですよ。「Emerald Sword」が神曲たりえたのは彼が歌っていたからこそだと思います。

張りと艶があり、力強さと色気を兼ね備えたその声はまさに「勇者の声」であり、凡百のメタル・シンガーのようにシャウトに逃げず、朗々とドラマを歌い上げることができる卓越した人材でした。もし私が誰かのように歌えるのであればファビオのように歌いたいと思っていましたし、男性Voによるシンフォニック・メタルを志す人であれば皆「ファビオ・リオーネのように歌えるヴォーカリストを迎えたい」と思うのではないでしょうか。

いやまあ、本人は何しろRHAPSODYで最初にリハーサルをした際に「こんな歌は完全なるクソだ!」とマイクを床に叩きつけたという逸話もあるし、ユーロビート歌手のバイトをしていた過去もあるくらいなので、そこまでこのスタイルにこだわりはないのかもしれませんが…。

しかしどうなっちゃうんでしょうねえ、RHAPSODY OF FIRE。かつてルカ・トゥリッリ(G)が脱退し、ルカ、アレックス・スタロポリ(Key)、ファビオ・リオーネ(Vo)の「三頭政治」が崩れたときでさえショックでしたが、この上ファビオまで欠くことになってはちょっと将来を悲観せざるをえません。

まあ、ロイ・カーンという個性・実力を兼ね備えたシンガーを失ったKAMELOTでさえ何とかなったのですから、ひょっとしたら逸材が見つかるのかもしれませんが…。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/singer-fabio-lione-exits-rhapsody-of-fire/


正直、ファビオ以外の歌手がラプソの名の下にエメソを歌うイメージが持てません。そしてANGRAがエメソをプレイするはずもないので、もうファビオが歌うエメソが聴けないと思うと、世界から大切なものが失われてしまったような気分にさえなります(大袈裟?)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

開いた口が塞がらない...。
情報が少なすぎますね。

ANGRAですらギタリストが別バンドと取り合って不安定な状態なのに、
何故そちらに??

私の予想ですがRHAPSODYの内情に原因があるのだと思います。

たくさんのプロジェクトに参加しては、
メイン・バンドを辞めない歌い手は他にいますし、
(ラッセル・アレンとか、エリース・ライドとか)

No title

私もちょこっとだけ物申させて頂きましてですね…。

ちょっとあたり所が違うかもしれませんがそもそもANGRAがもっとちゃんと新Vo探しをしてればこんなことにはならかったんじゃないかとわずかばかりの憤りを感じます。

LOUD PARKの時とかは私も単純にナイスコラボじゃん~♪
ぐらいに好意的に受け止めていたんですが
そのままツアー?新作??正式加入なの??
でもそれってちょっと安易なんでないの???
って思ってたんですよ実は。

ANGRAでVoやりたい実力者って世界を探せば
800人ぐらいはいるんじゃないですかね?

もっといるかな?

No title

アングラといいラプソディといい、我が青春のバンドがこういう有様になってしまうのは・・・まぁそれだけの時間が流れてますので順当なんですかね

もはや90年代でも21世紀当初でもないということでしょうか

正直ANGRAに参加した時点で、今回の事態になる事はある程度予想ができていました。

異論はあるかもしれませんが、MAGIC CIRCLEとの問題辺りからバンドの歯車が微妙に狂い出していたように思えます。

ルカの脱退前からバンドの作品は微妙なものが多かったし、分裂後はその傾向がさらに強まったように思えます。

今後どうなるかはまだわかりませんが、仮にANGRAに加入したとして、こちらはこちらでキコ問題はまだあるのかもしれませんが、ラファエウ・ビッテッンコートがファビオを生かす作曲、アレンジができれば、過去曲も含めてそこにまたケミカルが生まれるかもしれません。

本家ラプソの方は・・・・・まぁこれでリユニオンを待つ楽しみも生まれたってことで・・・・・。

No title

OF FIREがついてからどうしても楽曲のクオリティーが初期に及んでないと思っている身としては、ここらで心機一転、新生Rhapsody of Fireとして新たな名曲を生み出してくれるハズ!と超前向きに考えることにします。

しかしANGRAだってキコがMEGADETHと掛け持ちしてるのですから、MEGADETHに集中するためキコ脱退なんてことも…
果たしてどうなることやら…

ただMEGADETHってメンバーがやっっったらコロコロ変わるので先にMEGADETHの方を辞めちゃう可能性が高かったりして(笑)

まとめてお返事

>Loki Holstさん
ROFも色々あったバンドですから、内情に全く問題ないはずはありませんよね。

ANGRAも「色々ある」バンドではありますが、特に人口規模の大きいブラジルを中心にファンベースはROFより大きいはずなので、単純に収入を重視するならANGRAを選ぶ、という判断はあり得るのではないでしょうか。


>toshi-halfordさん
私も2億人以上も人口がいるブラジルで本気で探せば、ANGRAに相応しいシンガーは見つかるんじゃないかという気がしているんですけどね…。


>肋骨さん
ANGRAやRHAPSODYが青春のバンドということは、私と同世代ですね?(笑)

まあ、おっしゃる通り20年という月日が流れて何も変わらないはずはないのですが。


>Ario✠cH
HNがロゴみたいになりましたね(笑)。
おっしゃる通り、私も「MAGIC CIRCLE」に関わったことでバンドの歯車が狂いだした気がしています。

ま、これだけ様々なバンドがなんだかんだ再結成しているのを見ると、いつか何らかの形で再結集することもあるだろ、というのは確かに思いますけどね(苦笑)。


>翔さん
まあ、ひょっとしたらファビオに勝るとも劣らない素晴らしいシンガーを迎えてさらに強力になる可能性もゼロではありませんからね。

キコ・ルーレイロに関しては、その真価はきっとMEGADETHでは発揮されないし、MEGADETHに加入して名前を売ったんだから、さっさと脱退すればいいのに、と思っています(笑)。

No title

全く大袈裟ではございません・・・
ファビオ脱退のダメージを未だに引きずっていて、先日Legendaly Talesを再生したら辛くなってしまい、Warrior of Iceになる前に停止しました。
しばらくはROFを聞けそうにないです・・・

No title

ショックでした。正直もう本家は終わりですね。仮にそこそこ上手いVoが入っても、ラプソのカバーバンドにしかならないでしょう…。

ファビオの方は、新バンドはあまり長続きはしないでしょうね。
ファビオが歌うANGRAはけっこう好きなんですけど、ファンの反発が強いですね。(最新作が微妙だったのはファビオが原因ではなく、バンドのゴタゴタのせいだと言いたい)

個人的にはDerdianに入ってくれたらなと思います。もちろんルカとまたくっついてくれても万々歳ですよ!

>エメッソンさん

「Warrior of Ice」の前って、ファビオの歌声にさえ入ってないじゃないですか(笑)。
ショックなのはわかりますが。

私もつい初期RHAPSODYを聴き返してしまいました。リリース当時にCDショップの試聴機で「Warrior of Ice」を聴いた時、「何というカッコいい歌声なんだ!」と感銘を受けたのを今でも鮮烈に覚えています。

>pndnskさん

まあ、ANGRAは「良くて当たり前」なバンドなので、ファビオが入った次作が良かったとしても、「ROFを辞めてよかったね」と思ってくれるファンはいないでしょうねえ…。

かといってDERDIANに入れというのはプロ野球選手に草野球チームに入ってくれ、というようなもので、ゲスト参加が(生計的に)関の山でしょうねえ…。

これは、、ラプソの1番新しいアルバムがそこそこ良かっただけにショックですね。まぁ、B!誌でアレックスがファビオの掛け持ちをよく思ってなさそうな趣旨の発言をしてたのでそれが表に出たということなんでしょうかね。
声域的に無理のあるangraでの活動は彼のシンガーの寿命を短くしそうで心配です。

>ごえたさん

掛け持ちを快く思ってないにせよ、バンド側からファビオを解雇するなんてことはなかなか難しい状況だったと思いますので、きっとファビオの判断なのではないかと思います。

でもおっしゃる通り、ANGRAはシンガーの喉をゴリゴリ摩耗させていくような曲ばかりなので、ファビオも心配ですね…。

ライブを観た感じだと割と「オレ流」で通していた感じなので大丈夫かもしれませんが、ANGRAファンとしては違和感を覚えてしまいます(苦笑)。

まあ、ANGRAに絞ったということが明らかになったわけではありませんが…。

No title

VISION DIVINEに絞った!とは到底考えられないので、ファビオ的にはANGRA+新プロジェクトでしょうね。(歌は趣味程度、と思ってない限り。)

ただ、この手の新プロジェクトの一発短命の多い事多い事・・・。やっぱり歴史のあるバンドに縋りつくことになりそう・・・。

>名無しのメタラーさん

VISION DIVINEに絞るというのはチャレンジングですね(笑)。
オラフ・トーセンが「いや、そんなに給料出せないし」とビビりそうです(笑)。

まあ、普通に考えればROFで見込まれる収入を捨ててでも取りに行くとしたら、ANGRAの正式シンガーのポジションでしょうねえ…。

ETERNAL IDOLはまあ、これこそ趣味でしょう。

はじめて書き込みさせて頂きます。

ファビオ抜けちゃうんですか…
理由は何なんでしょうね、ANGRAが居心地良かったのとルカが抜けた事でRhapsodyというバンド自体にエネルギーが無くなったのが互いに作用した…とか?
でも残念だな…個人的にRhapsodyはファビオの歌とルカの作曲能力がアイデンティティだと思ってたのでルカ抜けた時でさえキツかったのに、何を期待して聴けば良いのかわからなくなりそう…
管理人様の仰る通りファビオはANGRAよりRhapsodyみたいな中低音域中心の勇壮なイメージの曲を歌う方が絶対良いと思うんですけどねぇ

>FYさん

はじめまして。

まあ、人間誰しも大きな決断をするにあたっての理由というものは何か一つというよりは複合的なものだと思うので、ファビオの件についても色々あったのではないかと思いますが…。

それこそ仕事において給料を重視するか、人間関係を重視するか、はたまた自分のやりたいことがやれることを重視するかなど、価値観は人それぞれですからね…。

アレックスも抜けて

Rhapsody of 風前の灯火

>Loki Holst さん

マイケル・キスクの抜けたHELLOWEEN、アンドレ・マトスの抜けたANGRA、ティモ・トルキの抜けたSTRATOVARIOUS、ロイ・カーンの抜けたKAMELOT、程度の差はあれどれも風前の灯に見えましたが、見事に復活したので、ROFも乗り切ってもらいたい所です。

個人的には、ドラマーにはデイヴ・マッキントッシュが入ってほしいですね!

>Loki Holstさん

そういえばデイヴ・マッキントッシュもDRAGONFORCEを脱退してから名前を聞きませんねえ。

アキレス・プリースターを入れてANGRAとシンガーとドラマーのトレードみたいな形にしてみるのも面白いかもしれません(笑)。