HELLOWEENの最新ツアーにマイケル・キスクとカイ・ハンセンが参加

pumpkins_united2017.jpg

それは、あまりに突然のニュースでした。

前触れは、正式な発表のわずか5時間ほど前に出された以下の思わせぶりなバナーのみ。

helloween_teaser.jpg

いやまあ、知ってる人は知っていたのでしょうが、私にとってはまさしく寝耳に水でした。

「HELLOWEENのツアーにカイ・ハンセンとマイケル・キスクが参加する」

!?!?!?!?

ええ、HELLISH ROCKツアーで、HELLOWEENとカイ・ハンセンの共演は観ましたよ。

そしてUNISONICのライブで、マイケル・キスクとカイ・ハンセンの共演によるHELLOWEENクラシックも聴きました。

でも、HELLOWEENの名の下にマイケル・キスク、カイ・ハンセン、マイケル・ヴァイカート、マーカス・グロスコフが一堂に会することはもはやないだろうと諦めていました。アンディをフィーチュアしたHELLOWEENの状態が良好に見えただけに。

いやもちろん、あらゆるリユニオンが実現しているこんなご時世ですから、いつかはこんなこともあるんじゃないかとは思っていました。しかしそれはもうHELLOWEENが衰えきって、過去の遺産にすがらざるを得なくなる遠い未来(20年後くらい?)のことだと思っていました。

それが、まだメンバーが充実した壮年期にあるこのタイミングで実現するとは…。
感無量です。

これはあくまで「スペシャルなツアー」という位置づけで、「再結成」ではない、ということですが、アンディの歌うHELLOWEENも好きで、リアルタイムという意味ではむしろアンディ派であると言ってもいい私としては、アンディをクビにしての強引な再結成というのは望むところではないので、これはこれでいい。

私が洋楽メタルにのめり込むきっかけとなった、名作『KEEPER OF THE SEVEN KEYS PT.I』の冒頭を飾る「I'm Alive」。
この曲をHELLOWEENの名の下に、マイケルの歌声とカイのギターで聴くことができたら、もはやメタラーとして思い残すことはありません。成仏できます。

現状、具体的な公演日程は2017年10月28日のブラジルはサンパウロ公演が発表されているのみですが、来年にかけて南米、ヨーロッパ、アジア、北米の選ばれた都市を回るということで、そこに日本が含まれることはほぼ間違いないことでしょう。

むしろひょっとすると、全世界に先駆けて日本のLOUD PARKで初演、なんてこともあり得るかもしれません(?)。

私にとって、人生の節目となる時が迫りつつあります。

◆特設サイト
http://pumpkins-united.helloween.org/jp/pumpkins-united.html

◆ビクター・エンタテインメントの告知
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A016944.html?article=news30#news30

◆本ツアーのプロモーション映像
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今年最大の衝撃

いつも楽しく拝見させていただいてます。
昨日の夕方、急に出た見出しに衝撃を受けました!UNISONICのツアーでmarch of timeを聞けだだけで満足していたので、こんな日が来るとは夢にも思いませんでしたね〜。
アンディにはアンディ期の名曲がたくさんあるのでKeeperに頼らないアンディの良さを充分に発揮してくれたら良いですね!
続報に期待してます。

お久しぶりです。
このニュースには本当に驚きましたね。同時に様々なセットリストを妄想してニヤニヤが止まりません(笑)
アンディの曲をキスクに歌ってもらいたい気持ちもありますし…キスクのPowerとか聴いてみたいです!

びっくり仰天です

出来るだけ大きなステージで観てみたい。
ラウパ来い来い♪
ですね。

信じて待っていて良かった!

アンディの曲もぜひ歌ってほしいですね。where the rain growsとかアンディ期にも名曲は多いですもんね。

自分にとってはここ数年で最も大きなニュースです。

待っていて良かった。同じく成仏できそうです(笑)

※ライブ参戦は難しそうなので、ぜひ映像作品を期待します。

これは是が非でも日本で演って欲しいですし
映像作品も出して欲しいです。
ただ見合うキャパの会場があるかどうか?
という点が気になります。

全員の心が大人になったという事でしょうか?

No title

これまでのインタビューを見るとウリ、ローランドVSヴァイキーは
まだ続いているようで・・・。それこそあと20年後でしょうか。

しかし、最早みんな50歳そこそこ。頭が下がりますね・・・。

どっかでミッキー・ディー叩かねえかな・・・。ねえか。

驚きました!

素晴らしい!
いつかこんな日が来たらいいのにと、誰もが願っていた展開でしょう。
もう「でも実現しないだろ・・・」と思いながらもセットリストを妄想したりしないでいいんですね(笑)

ぜひLOUD PARKのトリでお願いしたい!

Keeper時代を知るものとしては感涙咽び泣くのみ!!!

いやーーーーついに実現しましたね!!!
生きててよかった!!!
なんとなく新旧取り混ぜての編成はアイアンメイデンを思い起こさせてくれますが、そんなことはどうでもいいんです。
カイが歌うHeavy metal(is the low)、ミッヒが歌うEagle fly free、ディリスは・・・・彼の曲は知らないので好きなの歌ってください。
実際どんなふうになるかは色々想像できますが、この面子なら確実に古い曲もやるでしょう。
カイはギターだけでなくキッチリ歌ってくれると思います。
さいたまスーパーアリーナにRide the sky がこだますでしょう!!!!

>TAKAさん

目を疑うような見出しでしたよね。「今日って4月1日だったっけ?」と思いました(笑)。
実際にカイとマイケルがどれくらいプレイするのか、続報を待ちたい所です。

>のぶさん

お久しぶりです。
これは皆自分の「ぼくがかんがえた最強のセットリスト」を妄想してしまいますよね(笑)。
アンディ時代の曲をマイケルが歌う可能性は低いような気がしますが、たしかにそれも観てみたいですね。

>Zeppさん

Zeppさんのように地方在住の方にとってはLOUD PARKの方が行きやすいですよね。
このメンツのHELLOWEENなら東阪名福札広仙7地区くらいでやれるとは思いますが。

>black&greenさん

いやいや、ライブで観ないと成仏できないでしょう!
私は信じていませんでしたので、black&greenさんの方が想いは強いと思います(笑)。

もちろん行けないとおっしゃるのにはそれなりの理由があるのだろうとは思いますが。


>かつ丼さん

HELLOWEENにとって日本は大票田のはずなので日本でやらないはずはないと思います。
ただ、見合うキャパはそれでも単独なら東京だと新木場STUDIO COASTあたりになってしまうんでしょうかね。

そういう意味ではLOUD PARK+単独くらいのほうがみんなが幸せになれる気がします。

>Loki Holstさん

人間、大人になるには50歳を超えないといけないんですね(笑)。

>名無しのメタラーさん

ウリやローランドと和解するメリットはカイ&マイケルと和解するメリットの半分もなさそうなので、なかなか難しそうですね(苦笑)。

色々なバンドを見ていてやはり60歳を超えて衰えを隠せるアーティストはいないな、という気がするので50代のうちに彼らがこの決断をしてくれたことはありがたいですね。

ミッキー・ディーはさすがに難しいと思います…。

>kimさん

カイ&マイケルのいるHELLOWEENならLOUD PARKのトリを張っても大多数の人の理解が得られそうですね。
いや、アンディのHELLOWEENでもトリになれないならトリになれるバンドが限られ過ぎる気がしますが。

>Ario✠cHさん

たしかに新旧メンバー混在でギター三本というIRON MAIDENを思わせますね。
あちらはパーマネントなメンバーですが。

どういうセットリストにするかは来年に向けてこれから考えるのでしょうが、
いずれにせよカイとマイケルが復帰して古い曲をやらないはずがありませんね。

シンガーが他に2人もいて、カイ単独で歌う曲があるのかどうかは興味深い所です。

No title

遅ればせながらのコメントですが
えらいニュースですね!

これは見たい。
キスクの「イ~グ~フライフリ~!」聞きたいです!!

だからアンコールでちょろっと出てきて
一曲だけ共演とかは…なしでお願いしたいです。

B!誌の来月号で
「カイがキスクに説得を重ね、最終的にキスクが根負けする」
という経緯が語られるインタビューが載るのを予想します。笑

No title

確かに生で見なくては !
最初から諦めてはだめですね。
キスクさん達も大人の対応したのですから(笑)

後の願いはノクターナルライツの復活です(祈)

>toshi-halfordさん

これだけ大々的に煽っておいて、アンコールで1曲だけだったら暴動が起きますね(笑)。
半分半分、アンコールではマイケルとアンディ共演、みたいな感じではないかと勝手に予想しています。

>Loki Holstさん

そもそも誰が企画したんでしょうね。
マイケルはもちろんヴァイキーもカイも、誘われればともかく自分から「一緒にツアーしようぜ!」と言うとは思えないのですが。

>black&greenさん

その意気ですよ! 生でこそ感動が倍増するはずです。

NOCTURNAL RITESは、ニルス・ノーベリが再びやる気を出さない限り難しそうですね。

正直成功していたとは言えないバンドなので、既に他の仕事でうまく行っているのであれば、あえて復活させるモチベーションは起きないような気がします…。

No title

通りすがりに失礼いたします。
現実的なところで企画はマネジメントのコスタでは?ハロウィンの信頼厚いツアーマネージャーであり、「自分がステージに戻ってこれたのはトビとコスタのおかげ」とキスクに言わせていますからこれまた信頼厚いはずです。それにカイが合流したUnisonicの初ステージはラウパで、それをコスタはステージ上から肌で体験しているわけですから、ラウパ初演の可能性は大きいのでは、と私も思います。期待&妄想が膨らみますね。
カイがキスクを説得!の方が、話としては美しいですけれど(^^;

歴史的なリユニオン!

adoreさん、この記事を取り上げてくれてありがとうございます。
この記事に対するコメントの多さが、マイケル・キスクがHELLOWEENのメンバーと共演することの衝撃の大きさを表していますね。
KEEPER時代のHELLOWEENは現代のメタルシーンでも伝説的な存在なんでしょうね。
今年はガンズのリユニオンもありましたが、個人的にはこっちの方が歴史的なリユニオンです。
ただマイケル・キスクにとっては最後の切り札的な決断なので絶対成功させて欲しいですね。

これは観たいですね。海外のバンドのライブは今まで1度も観たことがないだけに尚更(ラウパはチケット代を見た瞬間即断念せざるを得ませんでした(血涙))です。

Helloweenはなんだかんだでメロディック系のメタルバンドの中では僕自身が多くアルバムを持ってるバンドの1つですし、カイ、マイケル、アンディのどの時代も好きです。生きてる間に1度は観たいなと思ってましたがまさかマイケルとカイまでもツアーに参加するというのは流石に驚きました。これから先観れるかどうかも分からないこんな夢のようなステージ、観たくならない訳が無い。

まさかキスクとヴァイキー、マーカスが再び同じステージに立つとは…絶対に無いだろうなと思っていただけに驚きました。
それも今のHelloweenが安定していて余裕があるからこそ為せることかもしれない。
そして、メンバー間の関係は修復されたのか、ビジネス和解なのか、どういう流れがあったのか気になりますね。

何はともかく、Keeperの頃のイメージを強く持つファンにとっては吉報だし、Helloweenという形でまたキスクのEagle〜が聴けるかもしれないというのは嬉しいし、楽しみです。

>くまごろさん

おっしゃる通り、企画はメンバーたちではなくマネジメントでしょうね。
ラウパ初演は私もあるのではないかと予想しています。たしかにUNISONICでの大好評をコスタは実際に目の当たりにしていますもんね。

>なっつさん

お礼を言われるような話ではありませんが、どういたしまして(笑)。
というかこのブログでは取り上げずにいられない話題でした。

コメントの多さは、このサイト/ブログが基本的にはHELLOWEENの音楽が好きな人に向けて書かれていて、実際読者もそういう方が集まっているからでしょうね。ここ日本ではそれなりに人口ボリュームのある層ですし。

でも本当に、ファンにとっては歴史的なリユニオンですよね。実際に観るのが楽しみです。

>shuさん

ラウパは、行ってみればあのチケット代はむしろ安かったと感じるのですよ(笑)。
もちろん学生さんとか、本当に生活ギリギリの方、チケット代以外の交通費が重い遠方の方にそう言うのは酷だと思いますが…。

でもHELLOWEENがお好きであれば、これは見逃せないライブだと思います。
実際にLOUD PARKでの公演が決まっても、おそらく単独公演も組まれると思うので、ぜひ駆けつけてください。


>FYさん

HELLOWEENに(経済的な)余裕がないほうが、むしろ確実なファン動員が見込まれるこのツアーが早く実現したかもしれませんね(笑)。
ビジネス的なニュアンスが皆無ではないでしょうが、年齢を重ねてカイもマイケルもヴァイキーも丸くなったのでしょう。

マイケル・キスクの歌う「Eagle Fly Free」を聴きたいというファンは多いでしょうね。
そこでマイケルが「ツアーには参加するけど、あの曲だけは歌いたくない」みたいな天邪鬼っぷりを発揮しないでくれるといいのですが(笑)。