EDEN’S CURSE / CARDINAL

edenscurse05.jpg

スコットランド出身のメロディック・メタル・バンドの5作目となるフル・アルバム。10年のキャリアで5枚目だから、かなり順調なリリース・ペースと言えるだろう。

しかし、個人的にはこのバンドがこのバンドがこれだけコンスタントな活動を続けられるのが不思議で、どっかの国のチャートに入ったという話も寡聞にして聞かないどころか、何しろ英語のWikipediaすらないという有様。どう考えても儲かっているとは思えない。

90年代はこういうバンドを日本のメタル・マーケットが支えていたりしたものだが、20世紀も遠くなった今となってはそういうこともあるまい。

しかし、内容は相変わらず非常にハイクオリティなのである。パワー・メタル的な曲からメロディアス・ハード風の曲までバラエティに富んだ楽曲はどれも適度にキャッチーかつ叙情性な歌メロとフックに満ちており、演奏も上手く、サウンド・プロダクションもバッチリ。

イントロでベースのスラッピングをフィーチュアした#6や、このバンドの楽曲では最長となる8分近くに及ぶドラマティックな#12など、10年選手となった今でも新たなチャレンジを続けているのも好印象。

なお、キーボーディストが元POWER QUESTのスティーヴ・ウイリアムスから、ADMANTRAやEPICRENEL、IRON SPHEREといったバンドでの活動で知られるフィンランド人プレイヤーのクリズムに交代しているが、音像に目立った影響は見られない(#7の作曲クレジットにはスティーヴ・ウイリアムスの名前がある)。

高音域でパワフルに声を張るとトビアス・サメット(EDGUY, AVANTASIA)そっくりになるのが特徴的な、前作より加入したセルビア人シンガー、ニコラ・ミイッチのヴォーカルもより馴染んできた印象。

このバンドはデビュー以来、アルバムにゲストを迎えなかったことがないが、本作においても#10「Unconditional」でデュエットにリヴ・クリスティーン(元THEATER OF TRAGEDY, LEAVE’S EYES)を迎えている。

デビュー以来『BURRN!』誌では一貫して高い評価を獲得しており、本作もレビューで90点を記録しているが、あまり話題になっていない観は否めない。

もしこのバンドが90年代にデビューしていたら、少なくとも同じ英国のTENと同等かそれ以上の成功を収められたと思うのですが…。

こういうバンドの人気が日本においてさえ出なくなったあたり、『BURRN!』の影響力が落ちたというか、『BURRN!』的な「こういうバンドこそが正統的である」価値観というのが廃れたんだな、という気がします。【85点】

◆本作収録「Sell Your Soul」のMV


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

個人的には前任Voのマイケル・エデンの方が好みなのですが、毎回クオリティの高い作品を出し続けているバンドですよね。
トーステン・ケーネ(g)の弾きまくりネオクラギターが相変わらず素晴らしいです。
マーク・ボールズ辺りと組んで様式美メタルもやってほしいですね〜。

こんばんは〜。以前から気になっていました。キラーチェーンが一曲でもあれば人気出ますよね。なんかまとまり過ぎ?w

>元学生メタラーさん

私もVoは前任者の方が好きですが、まあ現在のVoも悪くはないと思います。

ギターはかなり聴きごたえがありますね。
初期ほどには弾きまくらずにアンサンブルを重視している気がしますが、それでも充分に楽しめます。

>しんさん

おっしゃる通り、まとまり過ぎというか、このバンドだからこそ、の強烈な個性には欠けるかもしれません。

平均点は高いのに(高いからこそ?)決定的な代表曲がないのもインパクトに欠ける原因なのは否めませんね。

実力は高いだけに、ちゃんと評価されてほしいのですが。