HAMMERFALL / BUILT TO LUST

hammerfall10.jpg

LOUD PARK 15で約10年ぶりとなる久々の来日を果たした彼らの、「Napalm Records」移籍第一弾となる、通算10作目のオリジナル・アルバム(ライヴ盤やカヴァー・アルバムなどを除く)。

前作発表後、3rd「RENEGADE」以来このバンドのドラマーだったアンダース・ヨハンソン(元SILVER MOUNTAIN~YNGWIE MALMSTEEN’S RISING FORCE)が(メンバーにとっては)何の前触れもなく脱退し、STORMWINDなどの活動で知られるデヴィッド・ウォリンが加入している。

原点回帰的な印象のあった(と言っても彼らは大きな路線変更をしたことはないが)前作「(r)EVOLUTION」が、2006年の「THRESHOLD」以来となる母国スウェーデンでのチャートNo.1アルバムとなり(もっともその後のアルバムも2位なのだが)、欧州最大のマーケットであるドイツで過去最高となる4位を記録したことに気を良くしたのか、前作に引き続きフレドリック・ノルドストロームをプロデューサーに迎え、アンドレアス・マーシャルによるアートワークを擁した、デビュー当初を思わせるピュア・パワー・メタル路線のアルバムに仕上がっている。

このバンドの得意とするアンセム・タイプの「ハンマー・ソング」、#2「Hammer High」や、哀愁バラードの#5「Twilight Princess」など、彼らに期待される楽曲はキッチリ押さえつつも、全体的に彼らにしてはアップテンポなパートの多いソリッドな作風となっており、この作風を実現する上では新加入のデヴィッド・ウォリンの貢献は大きい。

特に#4「Dethrone And Defy」と#8「The Star Of Home」の2曲は彼らにしては珍しいほどストレートに疾駆するナンバーとなっており、メロディック・スピード・メタル・ファンに力強くオススメできる楽曲。特に前者のギター・ソロはあまりにも「お約束」な構成ながら、それがまた気持ちよくてたまらない(笑)。

以前所属していた「Nuclear Blast」に比べると企業規模が小さく、プロモーションの規模も小さくならざるをえないだろう「Napalm」からのリリースとなったためか、本国スウェーデンのチャートでは6位と、ここ15年でワーストの振るわないチャート成績になっているが、個人的には前作に勝るとも劣らぬ好ピュア・メタル・アルバムに仕上がっていると思う。

なお、日本盤の初回限定盤に付属しているライブDVD「LIVE AT MASTERS OF ROCK 2015」は、LOUD PARK 15のセットリストに近いので、あの場にいた人は思い出が蘇るだろうし、目撃できなかった人には疑似体験できる映像作品なので、通常盤との価格差の小ささを考えればオススメ度が高い。【85点】。

◆本作のリーダー・トラック「Hammer High」のMV

イントロが完全に「Over The Hills And Far Away」(GARY MOORE)…。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

HAMMERFALLはガチガチのピュアメタル原理主義者に支持されそうな重厚な感じですね。
メタル保守派とでも言うのか正統を貫くものというのか。
GARY MOOREのOver The Hills And Far Awayは好きなんですが、僕は全然分からなかったです。
adoreさんよく分かりましたね。
確かに昔からこういう感じでドラスティックな変化というのはないんですけど
「これぞ」というニヤリとできそうな期待を大きく外さないのがこのバンドが長く根強い人気がある理由でしょうか。

>人さん

それが、欧州とちがって日本ではそれほどピュアメタル原理主義者に支持されてる感じがしないんですよね。

そもそも日本にピュアメタル原理主義者なんていないという説もありますが(苦笑)。

イントロについては、初めて聴いたときからデジャヴ的なものを感じ、四度目くらいで気付きました(笑)。