2016年 印象に残った5枚

公私ともにあまりにもめまぐるしく過ぎたために今一つ実感が持てませんが、2016年ももう終わりということで、年間ベスト的なものが様々なサイトで発表されています。

私は昨年同様、大した枚数を聞いていないので、そんなものを選出する資格もないのですが、以下の5枚は今後もちょくちょく聴くことになりそうだなあ、ということで書き留めておきます。

なお、順番は順位ではなくリリース順で、ジャケット画像はAmazonへのリンクになっています。


PRIMAL FEAR / RULEBREAKER
これぞ王道ヘヴィ・メタル。実力的にはもはやメタル・ゴッド。
この1曲:"In Metal We Trust"
レビューはこちら



AVANTASIA / GHOSTLIGHTS
さらに深みと普遍性を増していくトビアス・サメットのソングライティングの妙が光る。
この1曲:Ghostlights
レビューはこちら



MYRATH / LEGACY
まさかアフリカ大陸出身のバンドにハマる日が来るとは思っていませんでした。
この1曲:"Believer"
レビューはこちら



BABYMETAL / METAL RESISTANCE
この1曲:"Amore -蒼星-"
ワールドワイドな成功ぶりも素晴らしいし、個人的にもフジロックと東京ドームで堪能し、思い出になっています。
レビューはこちら



陰陽座 / 迦陵頻伽
もはや作品のクオリティについては世界一信用できるアーティストなのではないかと思わせる一枚。
この1曲:"愛する者よ、死に候え"
レビューはこちら

上記の作品以外でも、このブログでレビューして86点以上つけているタイトルはどれも良いと思っていますし、中でも事前の期待値があまり高くなかった分、SERIOUS BLACKのアルバムは上記に選んでもいいと思うくらい印象が良かったです。

あと、タイミングを逸したのでレビューはしませんでしたがPRETTY MAIDSの新作や、ギリシャの新鋭SUNBURSTなども良かったですね。当ブログではレビュー対象としないようなアグレッシヴなものだとTESTAMENTのアルバムが秀逸でした。

B級メロスピでいうと輸入盤で話題になっており、来月ようやく日本盤リリースが決定したらしいTWILIGHT FORCE、そしてVoが同一人物な東欧のSUNRISEとTITANIUMが印象に残っています。

こうしてみると例年に比べてフィンランド勢で印象に残った作品が少なかったような気がするのは、単にリリースサイクルの問題ですかね。

楽曲については、上記で触れたもの以外で印象に残っているのは下記の5曲ですね。

SUNRISE 「Tower Of Fear」
HAMMERFALL 「Dethrone And Defy」
THE DEFIANTS 「Love And Bullets」
SERIOUS BLACK 「As Long As I'm Alive」
PRIMAL FEAR 「Don’t Say You’ve Never Been Warned」


あと、上記でも触れていますが、今年特筆するならMYRATHの「Believer」はクラウドファンディング(要はファンからのカンパですね)で制作したMV含めて、今年一番インパクトがありました。



それでは皆様良い年をお迎えください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

良いお年をお迎え下さい

今年1年お疲れ様でした。特にお母様のご逝去にお悔やみ申し上げます。

私も本厄の年で非常に厳しいことが続きましたが、ハロウィンのリユニオンで厄が洗い流された気がします..というか言い聞かせたいです(笑)

アヴァンタジアは前作が薄味だったので若干不安でしたが、今作は楽しめました。

来年もマイペースの更新期待してますね。
ちなみにwardrumの新作はどうでした?

明日が来年とは思えない年の瀬です。年々、1年が早く感じますが、前年、翌年との切れ目もなくなっていくような・・。
私は84年からロックやヘヴィメタルを、聞き始めたので今年のお悔やみラッシュは結構こたえました。80sも遠くになりにけりです。
今、仕事納めで帰りなのですが、BON JOVI の新作は沁みますね。私の
ベストは、これとSPRITUAL BEGGERS のAPOLLOのソロですね。Apollo は、ソングライターとしてしびれました。5曲目の哀愁が秀抜です。
よいお年を。

お疲れさまでした。

今年もちょくちょく拝見させて頂きました。
パワーメタル系だと個人的にはSabatonが気に入りました。
欧州で売れてるだけあるなって感じで。
Avantasiaもワールドワイドな出来で素晴らしかったです。
HAMMERFALLも良かったですね。

フィンランド勢が微妙だったということですが
Sonata Arcticaの新譜お聴きになりましたでしょうか?
レビューされるかなーと思って楽しみにしていたのですがスルーされるっぽくてショックでした(笑)
個人的にはUnia以降の決定版的なアルバムが出たなって感じたったんですが。

今年もお世話になりました

いつも更新楽しみにしています。多忙な中読み応えのある記事を書いてくださり、興味深く読ませていただいています。

私が今年よく聴いたのは、SONS OF TEXASとGRAHAM BONNET BAND。ほかにもいいアルバムがありましたが、リピート回数だとなぜかこの2枚が飛び抜けていました(笑)

2010年代はちょっと停滞気味な感じのするメタル界隈ですが、SONS OF TEXASには10年代を代表するビッグバンドになって欲しいです。

今年も宜しくお願いします

毎年adoreさんとは年間ベストが半分以上被っていましたが、2016年は5枚とも一致しました(笑)
それ以外ですとDINAZTY、ETERNITY'S END、TRICK OR TREAT、VOLCANO、DGM、FREEDOM CALL、VEKTORなんかが良かったですね。
元SABATONメンバーのCIVIL WARやニッテ・ヴァロ嬢が加入したBURNING POINTなんかも素晴らしかったです。
最近はフィンランドよりスウェーデン勢の方が頑張っているような気がします。

新年早々、KREATOR、OVERKILLの新譜にFIREWIND、XANDRIAと財布が休まらないですね(笑)

本年もよろしくお願いします

私的には陰陽座「迦陵頻伽」の一択でした。
良質な楽曲と圧巻の表現力。この一枚に私がメタルに求める要素が凝縮されていたので。

昨年同様今年も興味深く拝見させて頂きます。。。

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。2016年は前年以上に新譜購入が少なかったですが、深化を遂げたDARK TRANQUILLITYとKATATONIAの両新譜が個人的に印象深かったですね。

それでは引き続きブログ更新を楽しみにしております。

No title

2016は個人的に
素晴らしい復活アルバムという点で
WATCHTOWER
GRAHAM BONNET BAND
ライブが素晴らしかったという点で
DGM
Trick Or Treat
Stryper
かな・・・?
あとSonata Arctica。

StatusQuoのリック・パーフィット死去が
一番のニュースかな・・・一回生で見たかった。
(こういうニュースは今後一層増えるでしょうね・・・。)

>black&greenさん

お悔みありがとうございます。
私もHELLOWEENのリユニオンで厄を払いたいです(笑)

AVANTASIAの新作は良さがしみじみ沁みてくるようなアルバムでしたね。
WARDRUMはそういえば聴いていません…。

>大介山さん

今年は本当に有名ミュージシャンのお悔みラッシュの年でしたね。84年から、ということはデヴィッド・ボウイもプリンスもジョージ・マイケルもその大人気を直にご覧になっていたわけですもんね。

BON JOVI、バンドっぽさは希薄になりましたが、曲は相変わらず安定感ありますね。

アポロ・パパサナシオのソロ、日本盤はまだなので聴いていないというか正直完全に興味の対象外でしたが、ちょっとチェックしてみます。

>hiroさん

SABATON、AVANTASIA、HAMMERFALL、どれも質の高い作品でしたね。

SONATA ARCTICAは正直私の中では「終わったバンド」なので切りました。初期3枚をリピートして生きていこうと思います…。

>Mark.Nさん

SONS OF TEXAS、ラウパで寝坊して観損ねたのが悔やまれます。

2010年代のメタルはたしかに停滞していますね。折り返し地点を過ぎてもう2020年が見えてくる今年あたり、2010年代の決定盤、あるいは2010年代を代表するバンドみたいなのが出てくるといいのですが。

>元学生メタラーさん

5枚とも被っているとは凄いシンクロ率ですね(笑)。

それ以外で挙げていらっしゃるバンドの作品もどれも高品質でした(VEKTORは未聴ですが)。

時間もないし、聴く時間がないのに買うのももったいないので買う枚数は絞るようにしているのですが、それでもKREATORやBATTLE BEASTなど、外せないバンドのリリースが続々と見えてきていて、たしかに財布が休まる気がしません(笑)。

>まかさん

『迦陵頻伽』、素晴らしい作品でしたね。
陰陽座というバンドのファンで、さらにメロディ志向の人であれば満足できること間違いないの秀作だったと思います。

>ハルディンさん

DARK TRANQUILLITYは個人的には随分遠い所に行ってしまったなあという印象(とはいえIN FLAMESなんかもそうですが)で、KATATONIAも含め、その辺を愛聴している方がこのブログで紹介している作品にハマるかどうかは自信がないのですが(笑)、今年もよろしくお願いします。

>名無しのメタラーさん

このコメント欄だけを見ていると、GRAHAM BONNET BANDとSONATA ARCTICAの新作が良かったように思えますね(笑)。

GRAHAM BONNET BAND、もしDISC1のオリジナル楽曲がDISC2のリメイク盤以上の楽曲が揃っているというのであればぜひ聴いてみたいですね。

今年様々なミュージシャンが亡くなった中で(とはいえHR/HM界隈はそうでもありませんでしたが)、STATUS QUOのリック・パーフィットの訃報が一番のニュースとは渋いですね。

しかしおっしゃる通り、今後はどんどん訃報が増えていくんでしょうね…。

3/5の同情

なるほど、3/5は管理人さんと同意見でした(笑)

番外ですが、最も印象的だった記事は「L.A.メタルに始まる、アメリカにおけるHR/HMの栄枯盛衰」ですね。今でもたまに読み直ししてますよ。

今年も管理人さんの記事を楽しみにしてますので、よろしくお願いします。

あと全然関係ないんですが、今さら紅白で「紅」が演奏されてしまうこの時代がいいのか悪いのか・・・何が起こるかわかりませんよね(笑)

>学生気分39さん

3/5の同情な感情ありがとうございます(笑)。
3というと上3つですかね?

LAメタルの記事は個人的には入魂の一作なので、ご評価いただけて嬉しいです。

今年は新譜レビューよりこういう記事を書くことにウエイトを置きたいと思います(とはいえ量産できるようなものでもないのですが)。

X JAPANは昔からNHKや国家権力(笑)と上手くやってきたバンドなので、もはやリハーサルを飛ばそうが、白組なのに「紅」を歌おうが、もはやなんでもアリでしょう。

とはいえ昔のヒット曲を歌うしかない演歌歌手ではないのですから、ファンとしては純粋な新曲で出場してもらいたい気持ちもありますが、何しろアルバムが出ませんからね(苦笑)。