2017年 新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます(私は喪中ですが)。

2016年はBON JOVIの新作とMETALLICAの新作は順当に全米No.1に輝き、結局アメリカにおいてHR/HMというジャンルを代表する存在とは80年代にデビューし、86年にエポック・メイキングなアルバムを発表したこの二組なのだな、ということをあらためて印象付けられました。

その他MEGADETH(3位)、KILLSWITCH ENGAGE(6位)、VOLBEAT(4位)、DEFTONES(2位)、ROB ZOMBIE(6位)、ANTHRAX(9位)、ALTER BRIDGE(8位)、AVENGED SEVENFOLD(4位)といったあたりが全米TOP10入りしているし、AMON AMARTH(19位)、GOJIRA(24位)、MESHUGGAH(17位)、といったあたりは、その大衆性に乏しい音楽性にもかかわらず確実に支持を獲得していて、アメリカにおけるメタルの支持層は、もはや日本などより世代的にも幅広く、熱量も高そうな気がします。

アンダーグラウンドにおいてはスラッジ/ドゥーム系、ポスト・ブラック系、テクニカル・デス・メタルなどがここ数年マニアたちの評価を得ていますが、これらのシーンで評価されているバンドが「次世代のメタル・ヒーロー」になるかというとそんな感じは全くなく(実際本人たちもそんなものは目指していないだろう)、かといってさらに目新しい動きが生まれているかというとそんな感じもないので、やや停滞感があることは否めません。

ていうか、爆発的な成功を記録したNU METAL以降、「メタル」と名のつく(あるいは「メタル」にカテゴライズされる)音楽で商業的にある程度の実績を出したのはメタルコアくらいのもので、ジェント系のバンドがいくつかそこそこの数字を出しているものの、まあ「コアなファンに支持されている」という域を出ておらず、「メタル」がジャンルとしてよりマニアックな方向に向かっているように映るのが個人的には心配です。

転じて日本を見ると、久方ぶりにIRON MAIDENの来日公演があったし、BABYMETALが日本人アーティストとしてほぼ半世紀ぶりにビルボードTOP40入りを達成するなど、例年に比べればメタルのネタは充実していたほうではないかと思います。

LOUD PARKも、2015年に比べればやや渋めのメンツだったにもかかわらず、充実したパフォーマンスが多く、来場した人たちの満足度はかなり高かったと思われます。個人的にも長年の宿願だったSYMPHONY X と、「一度は観ておきたい最後の大物」だったSCORPIONSを観ることができて大満足でした。

一方、かつて保守派の不評を買いつつも、クリエイティブマンの一種の「チャレンジ」として招聘していたようなモダンなヘヴィ・ロックのアーティストはKNOTFEST/OZZFESTに出る、という流れが定着しつつあり、保守派と革新派の断層が深まっていることをどう捉えるかは難しい所と言えるでしょう。

保守派と革新派は基本的に音楽に対する感性というか、「音楽に何を求めるか」が異なっていると思われるので、はじめから分断したほうがお互いにとって幸せ、という考え方もある一方、「多様化は勢力の拡大・発展につながるが、細分化は勢力の縮小・衰退を招くだけ」という考え方に基づくと、HR/HM的な音楽がよりマニアックなものになり、商業的なパイが小さくなってバンドや関係者が食えなくなっていく、という負のスパイラルを生みかねないと思います。

ただまあ、足元を見ると実は日本の若手には結構いいバンドが育っている気がしますし、昨年優れたアルバムを発表し、LOUD PARKで好演したチュニジアのMYRATHのように、これまでHR/HMとは縁がないと思われていた地域から優れたバンドが登場したりしているので、欧米を中心としたHR/HMの先行きが不透明であっても、HR/HMという音楽自体は世界のどこか、あるいはインターネットによって統合された世界中の好き者たちの間で確実に生き残っていくのかな、という気もします。

このブログ的には、昨年より忙しかった分、ちょっと更新頻度が上がりました。というと意味不明かと思いますが、旅行に行ったりするようなまとまったレジャーの時間が取れなかった分、このブログを更新する程度の時間しか自分の時間がとれなかった、ということです。

ただ、今年は読んで下さる方の参考になるほどの量をこなせない新譜レビューなどより、昨年書いたLAメタルについての文章のような、ブログではなく本サイトに残しておきたいまとまった文章を書くことにその時間を割きたいという気持ちがあり、このブログの更新頻度は下がるかもしれません。

まあ、世界情勢も、日本の社会も、メタル・シーンも、このサイト/ブログも、いろいろと見通しは不透明ですが、今年もゆるゆるマイペースでやっていきますので、お付き合いいただける方は引き続きよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あけましてFuckin'おめでとうございます!(無理矢理w)

このブログでDjentに触れてくれたのは個人的に嬉しいです!!

私はメタルであれば雑食なので、
保守的なバンドも革新的なバンドもどっちも聴いてしまいますね。

White Wizzardを聴く一方、Jinjerを聴いてたり(笑

2017年 新年ご挨拶

私も喪中ですので、あけおめはしませんm(._.)m。

2016年はDREAM THEATER / THE ASTONISHINGのみ購入しました。90年代のミュージシャンのマイナー作品を中古で買い漁る主義なので、久々に緊張しながら(笑)新作を購入したのですが、これが全く持って寝落ちしてしまう緊張感に欠け精神的苦痛を味わう凡作でした。なんといってもあの泣く子も黙る90年代の最高傑作(個人的感想)「IMAGES & WORDS」を作ったミュージシャンなのだからと自分半ば騙しながらヘビロテし続けたら、ACT2の②MOMENT OF BETRAYALはDREAM・THEATERらしい佳曲ですし、③HEAVEN´S COVEときたらイントロで強烈な哀愁を感じる泣きが入っていて、何とか元が取れたような気になっています(笑)。

>Loki Holstさん

アレキシ風の新年ご挨拶ありがとうございます(笑)。

ジェントは、聴けば凄いな、と思うんですが、次々と新譜を聴きたい、という気にはならないんですよね、私の場合。
PERIPHERYの最新作は結構キャッチーで聴きやすかったですが。

>ゆうていさん

一発で良いと思える新作がたくさん出ているのに凡作を聴き込んで元を取ろうとするなんて時間の無駄ですよ!(笑)

No title

>「多様化は勢力の拡大・発展につながるが、細分化は勢力の縮小・衰退を招くだけ」
おお、いい言葉ですね。何かからの引用でしょうか?
それがどっちになっているのか、判断がつきにくくてうっかり間違いそうです。
どういう風に判断すればいいのですかね?

>スラッジ/ドゥーム系、ポスト・ブラック系、テクニカル・デス・メタル
今進化を遂げているメタルと言えば確かにこの分野で、ドローンメタルなんかはもはやメタルなのかどうか分からないくらい実験音楽の様相を呈してますね。
そういう意味では80年代のパンク周辺で行われていた感じに似てます。

今音楽界で若手のヒーローがたくさん誕生してるのはやっぱり電子音楽~EDMですよね
やっぱり一定の即物的なチャラい魅力がないとダメなのか…

今年もよろしくお願いします

何か総仕上げ的な雰囲気を感じますが、ゆるいペースでもレビューは是非お願いしたいです(笑)

まとまった文章としては、ジャパメタの歴史と世界の流れなんて読んでみたいです。このサイトに出会って、ガルネリウスや陰陽座にハマった自分としては。

名前は知っていても何故か敬遠していたんですよね〜、b!教育の弊害でしょうか?(笑)

>人さん

「多様化・細分化」の話は、かつて何かで読んだ話ですね。一言一句こういう言葉ではありませんでしたが、おおよそこんなことを言っていた、という記憶で書いています。

結果論ベースでいえば新しいファン層が生まれるのが多様化、既存のファンが分裂していくのが細分化、ということになりますね。

ドローンはたしかにもはやメタルなの?状態ですね。ルーツの一部にメタル的なバンドが介在してはいるのでしょうが、本来のHR/HMとは根本的なところで異なるものになっていますが、これは一応多様化なのではないかと思います。

もっとも、ドローンから「メタル入門」した人がIRON MAIDENのファンになることは想像つきませんが…(笑)。

まあ、「イケてる若者」を取り込むにはチャラさというか、即物的な刺激と新しさが必要というのは事実だと思います。

>black&greenさん

レビューは月1枚くらいを目安にがんばります(笑)。

ジャパメタについてはいずれ書くと思います。過去最大級のボリュームで…。

GALNERYUSと陰陽座は、いわゆる旧来の「ジャパメタ」にはない魅力があったと思います。だからこそ当サイトでも強く推していたつもりなのですが。

外国のものをありがたがる感覚はB!もさることながら、地続きで接する「外国」がない日本にかなり深く根付いている感覚なのではないかと思います。