BURRN! 16年4月号メモ

burrn1603.jpg

表紙はDREAM THEATERのジェイムズ・ラブリエ(Vo)。華のある人じゃない(失礼)なのに、黒い服を着せて、背景色まで黒なせいで地味極まりないものになっている。せめて背景色は明るいものにすべきだったのではないでしょうか。

DREAM THEATERのインタビューというのはいたって真面目で面白くはない。特にマイク・ポートノイという多弁なスポークスマンを欠いて以降はその傾向が明らかである。

特集は先日亡くなったジミー・ベイン(B: 元RAINBOW, DIO)の追悼記事と、「GUNS' N' ROSES再結成への長い道」なるコラム的な記事とあと、「ロック・バー特集」なる、全国のHR/HMをかけるロック・バーの紹介記事。

ジミー・ベインはベース・プレイヤーとしては悪意のある人なら「地味ー・ベイン」と誤変換してしまうほど凡庸なプレイヤーで、このクラスの人の死を特集扱いにしたのはRAINBOW信者である人が編集長を務めていればこそでしょう。

とりあえず少なくとも人柄は良かったようで(それゆえに搾取され、ずっと貧乏だったようですが…)、とりあえずDIOの「Rainbow In The Dark」のイントロ(のキーボード・フレーズ)を考えたのが彼であることはわかりました。

失礼ながらガンズに関するコラムは、さすがにジミー・ベインだけではページがもたないからこその「穴埋め」的な文章と映りました。

ニュースコーナー(「SPOTLIGHT KIDS」)のトップ記事がX JAPANについてのニュース(PATAの緊急入院に伴う新作発表や映画公開の延期)だったというのが意外といえば意外。最近誌面上で増田勇一氏が幅を利かせていることと関係しているのでしょうか(単に他に目立ったネタがなかったということもあるのでしょうが…)。

読者人気投票の結果は以下の通り。

ベスト・グループ:IRON MAIDEN
ベスト・ヴォーカリスト:ブルース・ディッキンソン(IRON MAIDEN)
ベスト・ギタリスト:高崎晃(LOUDNESS)
ベスト・ベーシスト:スティーブ・ハリス(IRON MAIDEN)
ベスト・ドラマー:トミー・リー(MOTLEY CRUE)
ベスト・キーボーディスト:イェンス・ヨハンソン(STRATOVARIUS/CAIN'S OFFERING)
ブライテスト・ホープ:BE THE WOLF
シャイニング・スター:レミー・キルミスター(MOTORHEAD)
ソングライター:SYU(GALNERYUS)
ライブ・パフォーマンス:MOTLEY CRUE
ベスト・アルバム:IRON MAIDEN「THE BOOK OF SOULS」
ベスト・チューン:SLAYER「Repentless」
アルバム・カヴァー:HELLOWEEN「MY GOD-GIVEN RIGHT」
DVD/Blu-ray:AEROSMITH「ROCKS IN DONINGTON 2014」

ベスト・アルバムに選出されたアルバムを見る限り、2016年にこの雑誌の読者が評価したアルバムはIRON MAIDEN、DEF LEPPARD、SLAYER、HELLOWEEN、WHITESNAKEのもので、もうそれだけでこの雑誌の人気投票に票を投じる世代が丸わかり。

とはいえ、この辺のバンドの最新作がバンドの最高傑作であると思って票を投じている人がいるとは思えず、その辺が日本のHR/HMマーケットにおける閉塞感につながっていると思います。

マジでWeb投票の仕組みを作らないとまずいんじゃないですかね。「雑誌は買いたくないけど、投票はしたい」という層は結構いると思うし、その結果は今後の雑誌作りのヒントになりうるものだと思うのですが。

ディスク・レビューについては、METAL CHURCHやSPIRITUAL BEGGERSをクロスレビューするよりは、なんとソニーからのリリースとなり、前作が全米チャートでも健闘したAMON AMARTHや、全米TOP10アーティストで、日本でも人気がなくはないと思われるKILLSWITCH ENGAGEのほうが適格だったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント