LIONVILLE / A WORLD OF FOOLS

lionville03.jpg

イタリアのメロディアス・ハード/AORプロジェクト、LIONVILLEのサード・アルバム。

これまでは「Avenue Of Allies Music」というマイナー・レーベルからのリリースで、日本盤もルビコン・ミュージックというインディーズでのリリースだったが、近年DGMやSECRET SPHEREなど、自国のバンドと積極的に契約し始めた大手「Frontiers Records」に移籍し、日本盤もメジャーのキングレコードからのリリースとなった。

元々「Frontiers Records」のお抱えソングライターの一人であるアレッサンドロ・デル・ヴェッキオとの縁も深く、「Frontiers Records」所属バンドであるWORK OF ARTのラーズ・サフサンドがヴォーカルを務め、それ以外にも「Frontiers Records」人脈の人たちが多数関わっていただけに、同レーベルに移籍したことについては驚きはない、というかむしろ収まるべき所に収まった、という感さえある。

基本的には中心人物であるステファノ・ライオネッティ(G, Key, Vo)のプロジェクトなので、これまではレコーディングにはアレッサンドロ・デル・ヴェッキオやブルース・ガイチといった、その筋では著名なサウンド・クリエイターのサポートを受けているケースが目立ったが、今回はいわゆるバンド形式でレコーディングが行なわれているようだ。今後はコンスタントなライブ活動なども見込んでいるのかもしれない。

とはいえサウンドについてはこれまでと何の変わりもなく、洗練された上質なAORサウンドが展開されており、これまでの2作を気に入った人であれば安心して身を委ねることができるだろう。

ヴォーカルがWORK OF ARTのラーズ・サフサンドで、基本的な音楽性も通じることから、もちろんWORK OF ARTのファンにもオススメである。

一方で、私のようにWORK OF ARTがきっかけでこのプロジェクトに手を出した人間にとっては、その「WORK OF ARTっぽさ」が不満に通じるというのも皮肉な事実。要するにWORK OF ARTの方が私好みの北欧らしい哀愁が強いし、テクニカルな要素も強めでフックがあるので、WORK OF ARTとの比較においてちょっぴり聴き劣りしてしまうのだ。

ただ、その辺は好みの問題で、LIONVILLEのサウンドの方が明るく洗練され、スムーズで聴きやすい、と感じる人もいることだろう。

まあ、とにかく私はラーズ・サフサンドの「声ファン」で(もし生まれ変わったらこんな声の持ち主になりたい)、この歌声を一人でも多くの人に知ってもらいたくてこのレビューを綴っている次第です。

とりあえず以下に貼っているMVを観て、その歌声に感じるものがあれば、個人的なイチオシ作であるWORK OF ARTの2ndをぜひ聴いてみてください。【83点】

◆本作収録「I Will Wait」のMV


◆本作収録「Bring Me Back Our Love」のMV


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いいですね♪
さわやか。
もし自分がこの歌声持ってたら
会社辞めてるかも。

>名無しのメタラーさん

現代のHR/HMで最も爽やかなサウンド、歌声ではないかと思っています。

ただ、これだけの歌声を持っていても世界的な有名人にはなれていないのですから、会社は辞めない方がいいかもしれません(苦笑)。