BLOODBOUND / WAR OF DRAGONS

bloodbound07.jpg

ライブ作品『ONE NIGHT OF BLOOD』(2016)を挟んでリリースされた通算7作目のスタジオ・アルバム。

ここ数作、安定したラインナップで活動していた彼らだが、本作完成後、ドラマーのペレ・エイカーリンドが「音楽性の違い」のために脱退している。

前作『STORMBORN』をレビューした際に「これまでで最もメロディック・パワー・メタル色の強い作風」と形容していたが、本作はその表現をそのまま継承・更新し「これまでで最もメロディック・パワー・メタル色の強い作風」と言わざるをえない(笑)。

『BURRN!』誌のレビューでも指摘されていたが、とにかく曲名からしてベタベタで、「Dragon」というワードが入った楽曲が12曲(ボーナス・トラックを除く)中3曲も含まれ、それ以外にも「Battle In The Sky」「King Of Swords」「Fallen Heroes」といった、メロディック・パワー・メタル・バンドのトラック・リスト頻出単語ばかりで固められた楽曲が並んでおり、これにパロディのニュアンスがあるかどうかはわからないが、「狙っている」ことは間違いないだろう。

というか、「Guardian At Heaven’s Gate」なんて曲名、「ジャーマン・メタル」世代であれば頭に「Blind」と付けたくなってしまいますよ(笑)。

ジャケットのアートワークも、彼らのアルバムで毎回多少姿を変えながら登場し続けてきた魔物(私は勝手に「ノスフェラトゥ君」と呼んでいるが)は、ドラゴンの背に乗る形で小さく登場しつつも、基本的にはドラゴンの姿が大きくフィーチュアされ、ファンタジックでエピカルな嗜好のメタル・ファンの目を引くようになっている。

前作から顕著になってきた派手なクワイアの使い方はまるでSABATONあるいはPOWERWOLF的であり、楽曲にインパクトをつける効果的なスパイスとなっている。

#5「Silver Wings」のようにケルティックな旋律がフィーチュアされたフォーク・メタル的な楽曲の存在も、このバンドがかつてのような王道正統派から、日本でいう「クサメタル」(もはや死語?)の領域にシフトチェンジしたことを証明する楽曲と言えるだろう。

相変わらず特定のバンドの特定の楽曲を思わせるようなパートが随所に登場するが、「1曲丸々そっくり」という楽曲は存在しないのでギリギリセーフか(笑)。オマージュというよりは美味しい所を拝借している、という感じの「確信犯」な観は否めないが。

いずれにせよ、この手の音楽のファンであればついツボに入ってしまうフックに満ちたフレーズがあちこちにちりばめられており、私のようにメロディック・パワー・メタルのファンを自認するような人間であれば何だかんだ言ってかなり楽しめることだろう。

加入後4作目としてすっかりバンドの「顔」になったパトリック・ヨハンソン(元DAWN OF SILENCE)のトビアス・サメット(EDGUY, AVANTASIA)とヨアキム・カンス(HAMMERFALL)を7:3の割合でブレンドしたかのようなヴォーカルも強い個性は感じないが、安定感と表現力は充分。

ライブ映像を観る限りパフォーマンスも充分にプロフェッショナルだし、ここらでLOUD PARKとか、単独である程度集客できるメロディック・メタル系のバンドの前座とかでもいいので来日を実現させてほしいですね。【85点】

◆本作収録「Battle In The Sky」のMV


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

個性を持つ事を徹底してパスするバンドだと思っています。(笑

No title

adoaさんクォリティが高いバンド見つけるのが上手いですね
最近ツイートしていたas lionsも僕にとってちょうど小気味のいい感じでバランスがいい音楽性でした前のバンドのrise to remainsは興味がなかったのですが、ブルースディッキンソンの息子がいるのとか関係なく良いバンドですね

>Loki Holstさん

メタル・ファンを喜ばすには個性は大切ではない、ということに気付いているんでしょうね(笑)。

>人さん

お褒めいただきありがとうございます。
ただ、実際の所最近のバンドはおしなべてクオリティが高いんですよ。

録音技術も発達していますし、ネットなどを通じて演奏を学ぶ手段も多いですし、ネタ元とする「古典」もいっぱいありますからね。

AS LIONS、モダンなサウンドでこのサイト/ブログの読者向けとは思っていませんでしたが、結構いいかなと。決して親の七光りだけではない魅力を感じます。

 

今年に入ってからKREATORにOVERKILLにSERENITY IN MURDERと傑作が生まれ続けて、エクストリームメタル漬けになってましたが、こういった正統的なパワーメタルを聴くと「やっぱこれだよこれ!!」と嬉しくなっちゃいます。

SOADやリンプみたいなニューメタルにも時々浮気する僕ですが、自分の一番のツボはパワーメタルであると再確認できる彼らのようなバンドは心強い存在です。

あと「Guardian At Heaven’s Gate」って素晴らしいタイトル(笑)
HEAVENS GATE今何してんだろ・・・

>翔さん

個人的にKREATORとSERENITY IN MURDERの新作は、こういうパワー・メタルのファンの琴線にも触れる作風だったと思っています(OVERKILLの新作は未聴ですが)。

「Guardian At Heaven’s Gate」は狙っているのかどうか微妙な所ですが、ニヤリとさせられる曲名ですよね。

HEAVENS GATEは完全に解散していますが、サシャ・ピートはプロデューサーとして活躍していますし、ベースのロバート・ヒューネケやヴォーカルのトーマス・リトケはAVANTASIAのバック・メンバーとして来日もしていますね。