THE FERRYMEN / THE FERRYMEN

ferrymen01.jpg

再編成RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOWのヴォーカリストに抜擢されたことで一躍注目を集めたHR/HM界のシンデレラボーイ、ロニー・ロメロ(LORDS OF BLACK)。

大手クラシック・ロック・レーベル『Frontiers Records』のオーナー、セラフィノ・ペルジーノも早速この才能に目を付け、レーベルお抱えソングライターの一人、マグナス・カールソンをパートナーに立ち上げたのがこのプロジェクト。

ロニー・ロメロはALLEN/LANDEのファンだったそうで、マグナスのことはよく知っており、また、ロニー・ロメロが「一番好きなドラマー」ということで、マイク・テラーナ(元YNGWIE MALMSTEEN, ARTENSION, RAGE他)が起用されている。

てっきりRAINBOWそのままのサウンドをプレイして、「RAINBOWのシンガー」に対する期待に応えにいくのかと思いきや、RAINBOWに通じる様式美色やメロディアス・ハード色が皆無ではないものの、Keyの存在感が薄く、極めてギター・オリエンテッドであるということもあって、むしろロニー・ロメロの「ロニー・ジェイムズ・ディオっぽい歌唱法」をDIOっぽいサウンドの方向性で活かしにかかったと感じられなくもない。

ただ、「DIOっぽい」というのもあくまで「RAINBOWよりは」という話であって、もっと直接的にサウンドの印象が近いのはMASTERPLANやAXEL RUDI PELL(どちらもかつてマイク・テラーナが在籍したバンドだ)あたりだろう。

全体的にロニー・ロメロの男っぽい、クドめのヴォーカルを活かした、良く言えば重厚で渋めな、悪く言えばちょっと地味な曲調の楽曲が多く、個人的にはマグナス・カールソンにはもう少しキャッチーな曲を期待していたのでちょっと肩透かし。とはいえこういうストイックなHR/HMサウンドを評価する人はきっといるだろう。

もちろんプロフェッショナルなミュージシャンによるものなので、どの楽曲もしっかり構築されているし、演奏も素晴らしい。マグナスのギターがフラッシーな要素を押さえ、いつもよりクラシックなHR/HMスタイルのギター・ソロを展開しているのは本作の聴き所のひとつ。

ただ、このサウンドだとロニー・ロメロの本業である(?)LORDS OF BLACKとの差別化も難しいような…。あと、ちょっとバンド名が地味じゃないですかね?【82点】

◆本作収録「Eyes On The Sky」のMV


◆本作収録「End Of The Road」のMV



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フロンティアーズ

フロンティアーズが数年前と比べると
やっつけで組まされたようなプロジェクトも含め、
全体的にリリースされる物のレヴェルが上がってますよね。
継続は力なりを証明したといった感じでしょうか。
でも、今のヨルンのメンバーが
フロンティアーズの回し者だけに入れ替わってるのは、
笑っちゃいましたけどね。
あと、トルキはトリロジーの3作目をいつ出すのやら...。

No title

良くも悪くもお馴染みのマグナス・カールソン's Songが詰まったアルバムだなという印象です。
飛びぬけた名曲はありませんが、いつもリスナーが期待している範囲内の曲を確実に作り上げてくるのはプロフェッショナルだなーと感心します。

>Loki Holstさん

『Frontiers Records』は所属アーティストもメジャー所が増えて、制作費もある程度かけられるようになっているのでしょうね。

こういうレコード会社主導のプロジェクト・作品作りはあまり「ロックじゃない」かもしれませんが、いちリスナーとしては安心して聴ける作品を供給してくれる心強いレーベルです。

そういえば最近ティモ・トルキがおとなしいですね…。鬱で引き籠っていたりしないといいのですが。

>名無しのメタラーさん

私もマグナスはプロフェッショナルで、しっかり期待に応える作品を作ってくれると評価しているのですが、個人的には本当はもっとやれる人なのに、手広く仕事をこなすためにちょっとひとつひとつのプロジェクトに注ぐ力はセーブしているのでは…などと勘繰っているのも事実です(苦笑)。