UNLEASH THE ARCHERS / APEX

unleashthearchers04.jpg

『MAD MAX』の世界観を思わせる(パロディ?)「Tonight We Ride」のMVがYouTubeで400万回以上の再生を記録するなど話題になったカナダはバンクーバー出身バンドの通算4作目、『Napalm Records』からのワールドワイド・リリースとしては2作目となるフル・アルバム。

アルバム・デビューは2009年ながら、結成は2007年にさかのぼるということで、もはや10年選手。先述の通り、前作が欧州を中心としたメタル・ファンの間で話題になったことで予算が増えたのか、VOLBEATやAMARANTHE、EPICA、DELAINといったバンドを手掛ける売れっ子、ヤコブ・ハンセンをミキシング&マスタリングに迎え、前作の弱点だったサウンド・プロダクションの弱さが解消されているのがまず明確な進歩。

日本デビュー作となった前作『TIME STAND STILL』は、なかなか魅力のあるアルバムではあったが、少々楽曲のクオリティにバラつきが感じられる作品だった。しかし、前作発表後、ベーシストの交替を経て発表された本作においては楽曲クオリティ、特にメロディ面の充実において顕著な成長が感じられる一枚に仕上がっている。

大枠のジャンルとしては「パワー・メタル」に一番近いと思われるが、まるでNWOBHMのバンドのアルバムかと思われるようなジャケットのアートワークが象徴するように、よりプリミティブでオーセンティックなヘヴィ・メタルを感じさせるサウンドである。

一方で、前身バンドはデス・メタルだったというだけあって、所々デス系のスクリームが入るし、リフ・ワークは時にスラッシーと言ってもいいほどのエッジを感じさせることもあり、北欧やドイツのメロディック・パワー・メタルのような小奇麗かつ大仰なサウンドにならず、「メタル魂」とでも呼ぶべきものを感じさせるのがこのバンドの魅力。

個人的にはこういうメタル然としたバンドのヴォーカルは男であってほしいと思うクチで、それはつまりこういう「男の世界」に女性ならではの愛嬌や甘さ、可愛らしさは不要と思っているということなのだが(私が日本の「嬢メタル」と呼ばれるバンドにあまり惹かれないのもその嗜好ゆえである)、このバンドの看板である女性ヴォーカリスト、ブリトニー・スレイズの歌声は、もしかすると前情報なしで聴けば男性だと間違う人がいるかもしれない「熱さ」があり、このメタル魂溢れるサウンドにマッチしている。

エクストリーム・メタル的なエッセンスをちりばめつつも、基本的にはIRON MAIDENなどに通じるドラマティックなメタル・サウンドは、やや長尺の楽曲が多いにもかかわらず、最後まで緊張感を失うことなく聴かせてくれる。

どの曲にも「オッ」と思わせる煽情的なパートがあるものの、一撃必殺のキメ曲に欠けるのがちょっともったいない。まあそれは次作以降の課題ということで。

日本盤ボーナス・トラックはQUEENSRYCHEの「Queen Of The Reich」のカヴァーで、5オクターブの音域を誇るブリトニー嬢の実力を示すにはピッタリの選曲。

まだ粗削りな部分もあるけど、そういう面も含めて魅力だと思えるバンド。日本で人気が出るにはバンド名が日本人になじみの薄い単語で構成されている上に略しにくいという問題がある気がするが、LOUD PARKで観たいぞ!【84点】

◆MVにするにはちょっとツカミの悪い「Cleanse The Bloodlines」


◆シングルとして切るならこの曲の方がわかりやすいかも、の「The Matriarch」のリリック・ビデオ


◆メイデニックな展開がたまらないタイトル曲「Apex」のOfficial Audio


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

良作ですね

僕も前作までは、一聴して気に入る曲と、そうでもないかなぁって曲と混在してる感じだったので、今作では各曲の平均点が上がって良くなったなぁと思いました。

ラウパ来てほしいですね。何となくラウパよりJAPANESE ASSAULT FESTの方に先に来そうな気もしますが。

>Dさん

今回は曲が練られている感じがしますね。
カッコいいメタルアルバムだと思います。

確かに、フェスで来るならJAPANESE ASSAULT FESTで来そうですね、所属レーベル的に…。

ご無沙汰しています

このバンドは、管理人さんのエンターテインメタルのエントリーの時から気になっていたんですよねー。

記事に関係ないですが、ノクタ復活ですね物凄く楽しみな反面、管理人さんがおっしゃてるとおり、作曲面で少し不安が・・・。

でも、あの声がまた聴けるのは非常に楽しみです。

ハロウィンのリユニオンと同じレベルで妄想し続けていましたので(笑)

>black&greenさん

このバンド、なかなか良いもの持ってると思いますよ。気になったらぜひチェックを。

ノクタは私も復活を心待ちにしていたので非常に嬉しかったのですが、現時点での最新作が素晴らしかっただけに心のハードルが上がっていて、ニルス・ノーベリ抜きでもそれを越えられるか、ちょっと不安ですね(笑)。

とりあえずジョニーの歌声が衰えていないことだけを祈りたいと思います。