FC2ブログ

LOUDNESS / RISE TO GLORY -8118-

loudness27.jpg

DEEP PURPLEやALICE COOPER、DEF LEPPARD、FOREIGNERといったクラシック・ロックから、GAMMA RAYやSTRATOVARIUS、ANGRA、DRAGONFORCEといった当サイト/ブログ御用達(?)のパワー・メタル系アーティスト、THE BRAND NEW HEAVIESにINCOGNITOといったアシッドジャズまで、幅広いアーティストが所属するドイツの『ear MUSIC』から世界同時発売される、LOUDNESSの通算27作目のフル・アルバム。

アルバム・タイトルに付いている「8118」というのは、彼らのデビューが1981年で、現在が2018年、という所から来ているのでしょう。

ここ数年、『THUNDER IN THE EAST』30周年に始まる限定盤の発売や、それに伴うメモリアル的なニュアンスの強いライブを行なってきた関係か、あるいは海外のフェスにおいても求められている楽曲が80年代のクラシックであるということを肌で感じたせいか、本作では1992年の『LOUDNESS』以来、最も80年代的といっていいサウンドが展開されている。

無駄な(?)ヘヴィさはなく、ソリッドでメリハリの効いたギター・リフをメインにしつつ、ヴォーカル・ラインも近年稀にみるメロディ重視の姿勢が感じられ、「高崎さん、本当にやりたいことやってますか?」と逆にこっちが心配になるほど(笑)。

まあ、とはいえ90年代以降のエッセンスも入っているし、80年代回帰な部分については久方ぶりのワールド・ワイド・リリースということで、ファンのニーズに当てに行ったものだとしても、実際それで私は楽しめているのだから文句はないのですが。

高崎晃のギターもギンギンで、本人をして「今世紀に入って一番弾いた」と言わしめる、間奏の域を超えたフラッシーなテクニカル・プレイが満載で、その点においてもファンの留飲を下げることだろう。

先に「無駄なヘヴィさはない」と書きましたが、そう、LOUDNESSは「ラウドネス」であって「ヘヴィネス」ではないのですよ。彼らのライブを体験した人であれば、彼らのライブがエクストリーム・メタル系のバンドと比べてもラウドであることは実感しているはず。

そういう意味で、本作のサウンドは正しく「ラウドネス」であり、個人的にはやはりこのサウンドこそがこのバンドに求められているものだと思うし、追求すべき音だとも思う。正直90年代以降のこのバンドの音って、若いバンドに張り合って無理しているようにも映りましたからね。

惜しむらくは「Crazy Docter」や「Crazy Night」のようなキラー・チューンに欠けることで、本作に満足しきれない要素があるとすれば、そこかなぁ。まあ、デビューから40年近いキャリアを重ねている人たちに全盛期と同じマジックを求めちゃいけないのかもしれないんですが。

随所に「おお、このリフ・パターンは…」「この展開は…」と往年の名曲を想起させる瞬間があったりして、私のように80年代のサウンドにしか思い入れのないファンが聴いても楽しめる作品に仕上がっていることは間違いないんですけどね。【84点】

◆本作収録『Soul On Fire』のMV


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 

非常にLOUDNESSらしい良作だと感じました。過去の焼き直し呼ばわりされても多少は仕方ないかもしれませんが、個人的には満足です。

ただホントにバンドがやりたい音楽はこういう音なのかなあと思うと、ちょっぴり素直に応援し難いとも感じてしまいます。
周りから何を言われようとも自分たちのやりたいことを突き詰めるのか、それとも多少の創作意欲は我慢してファンに喜ばれるものを創るのか、「これが正解!」ってものが無いだけに、すべてのバンドにとって永遠についてまわる問題なのでしょうか。

今のLOUDNESSの方向性は文句なしにコレです!っていうのであれば、何も気にすることなく支持できるですけどね。

>翔さん

80年代の彼らのサウンドこそが「LOUDNESSらしさ」だとしたら、本作は間違いなくLOUDNESSらしい作風ですよね。

確かに今の彼らがやりたい音楽って本当にこれなの? という疑念はありますが、まあリスナーとしては求めている音が提供されていることを素直に喜んでもいいんじゃないでしょうか。