ARCH ENEMY 来日公演 at EX THEATER ROPPONGI 2018.2.21

ARCH ENEMY来日公演、東京2日目に行ってきました。

平日ということで、当然仕事との戦い。働き方改革の流れで早く帰ることが推奨される空気感は生まれているものの、さすがに19時前に仕事を切り上げることは物理的に厳しい。

開演時間直前にパソコンをシャットダウンし、会社を出る。会社からEX THEATER ROPPONGIまでは、直線距離にするとかなり近いのですが、電車を使って行こうとすると結構めんどくさく、そもそも六本木駅からそれほど近いわけではないので、遅刻時間を最小にするためにタクシー使用。

EX THEATER ROPPONGIはフロアに行くまでに地下3階まで降りなくてはならないのが難点。地下2階に下りた時点で、「Ravenous」のあの印象的なイントロが聞こえてくる。

フロアに入ると、最大1700人収容の、昨今のメタル系としては大きめの会場ながらそこそこ人は入っており(8割くらい?)、バッグと上着を抱えた状態であまり前方に行ける感じではなかったので、おとなしく下手後方で鑑賞。

そしてステージに目をやると、たちどころににショウに引き込まれる。

やっぱりカッコいい。プレイされている「Ravenous」のサビの曲名が叫ばれる箇所ではついつい合唱(唱?)、ギター・ソロ後のイントロのフレーズのラストでは皆拳を突き上げる。

こういうクラシックなメタルならではの一体感を得られるライブって、エクストリーム系のバンドだと結構少ないんですよね。

その代わりということなのか、モッシュとか、サークルピットとか、クラウドサーフとか、そういうエクストリーム系ならではの激しいノリはあまり見られず(前方では起きていたのでしょうか?)、オーディエンスは良くも悪くも行儀がいい。

フロントマンが女性だからなのか、結構女性のオーディエンスも多く、かなり年配とお見受けする方も来場されていて、そういう意味ではエクストリーム系のメタル・ファンよりもクラシックなメタルのファンが多かったということなのかもしれません。

まあ、かく言う私自身がそうなのですが。

続く「Stolen Life」のリフ・ワーク、起伏の明確な展開なんかも、明らかにクラシックなメタルが好きな人のツボに入る感じですよね。またまた無条件にカッコいい。唯一の難点は私の右前方に背が高い人が立っていて、上手(かみて)のジェフ・ルーミス(G)が見えないこと(苦笑)。

ジェフ・ルーミスは、ギター・ソロの際にセンターに出てきて、マイケル・アモット(G)と背中合わせでソロをプレイする(その絵がやっぱりメタルのライブならではのカッコよさですよね)ことはあっても、下手(しもて)の方に出張ってくることはなく、マイケル以外のメンバーと絡むこともほとんどないため、ちょっと「お客様」感を感じてしまいました。

マイケル以外のメンバーにとってはまだ「友達の友達」的な感覚なのかな~、などと思ってしまいました。

ウォーレル・デイン(Vo)が昨年末に急死したことでかつて在籍していたNEVERMORE復活の可能性もなくなったので、自分でバンドを立ち上げるのでなければジェフにとってARCH ENEMYは悪くない就職先だと思いますが、ソングライティングに関与せず、必然的にマイケル・アモットがソロのおいしい所を全部プレイする現在の状態だと、いつまでたっても「ジェフ・ルーミスの無駄遣い」と言われてしまうと思うので、ジェフにはもっと自己主張してもらいたいな、と思います。

一方、アリッサ(Vo)は前回LOUD PARK 15で観た時よりバンドに馴染んでいたと思います。冷静に場と自己をコントロールしていた観のある前任のアンジェラよりもエモーショナルな歌唱とパフォーマンスは、その印象的なブルーの髪色もあって、キャラの立った名プレイヤー揃いのこのバンドにあっても確かな存在感を放っており、ヨハン派、アンジェラ派の人から見ても、好き嫌いはあれ、パフォーマンスの質について文句は言わせない迫力がありました。

前述した通り、オーディエンスはおとなしめだったので、「I Can't Hear You(聞こえねーぞ)」という煽りを連発していたのが、我々の盛り上がりに不満を感じていらっしゃるのかな、とちょっとドキドキしましたが(苦笑)。

「Stolen Life」に続いて最新作の冒頭を飾る怒涛のスラッシュ・チューン、「The Race」がプレイされる。個人的に大好きな曲で、最新作のオープニングということで1曲目にプレイされていたらどうしよう…と思いましたが、実際には「The World Is Yours」だったようでこうして聴くことができました。ええ、思う存分頭を振らせていただきましたとも。

その後も、アリッサ加入後の2作からの楽曲を中心にショウが進んでいく。アンジェラ期の曲はちょいちょい挟まれることはあるが、ヨハン期の曲が皆無なのは、前作発表後にBLACK EARTHの活動を挟んでいたからだろうか。

まあ、ヨハンの方が個性が強く、しかもマニアのこだわりも強いので、アリッサとしてはやりにくい、ということもあるのかもしれませんが。特に欧米ではヨハン期の知名度が低くて、当時の曲をプレイしてもあまりウケない、という事情もあるようですし。

途中、メンバーが全員袖に引っ込んだと思ったら、彼らの日本での所属レコード会社であるトゥルーパー・エンターテインメントの宮本社長が登場。何事かと思いきや、ARCH ENEMYが3月5日発売のBURRN!誌における読者投票のある部門で1位を獲得したので、メンバーとオーディエンスの写真を撮りたい、とのことでした。それ、今このタイミングじゃなきゃダメなん?(苦笑)

写真を撮るということは掲載されるのか、メンバー全員が写る写真ということはベスト・グループに選ばれたのか? 発売は2週間後だから、今日入稿すればギリギリ間に合うか…などと思いつつ、後方だけに写るはずもないメロイック・サインを掲げる(後日談としては、掲載されていなかったし、ベスト・グループではなかったのですが)。

そんなちょっと和気あいあいとした時間を挟みつつも、再開されたショウはそれまで通りの緊張感を保っているのがやはりプロフェッショナル。アリッサの性格によるものだろうが、変にオーディエンスとなれ合うようなコミュニケーションがないのが個人的には肌に合う。メタルはやはり緊張感があってナンボです。友達のバンドのライブを観に行くような気安さのようなものは求めていないのです(あくまで個人の意見です)。

やはりこのバンドの緊張感を支えているのは、ダニエル・アーランドソンの正確無比なドラミングでしょうね。

個人的にはライブでは突っ込み気味、ハシり気味のドラムが好きだったりするのですが、バンドがタイトな演奏をする上ではドラムが正確であることが絶対条件なので、このバンドのプロフェッショナルなパフォーマンスは彼のドラムあってこそでしょう。

最新作でバンド史上初めて収録されたノーマル歌唱によるバラード系の「Reason To Believe」もちゃんとプレイされ、アリッサの確かな歌唱力をあらためて示していました。今後もアルバムに1曲くらいは彼女のノーマル歌唱をフィーチュアしてもらいたいものです(あくまで個人の意見です)。

本編ラストは「We Will Rise」。アメリカ市場での認知を獲得し始めた時期の曲なので、彼ら的には思い入れがあるのでしょう。
歌えと言わんばかりのサビですが、私の周囲ではあまり歌っている人は見受けられず、ひょっとしたら割と新しいファンが多かったのかもしれません。

引っ込んですぐに出てきたアンコールは「Avalanche」で始まり、「Snowbound」でマイケルがたっぷりとギターを泣かせた後、私の知る限り、この手のデス・ヴォイスで歌われる楽曲の中で最もベタなサビをもつアンセム・チューン、「Nemesis」で締め。やっぱりこの曲が一番人気なんでしょうかね。One For All, All For One!

LOUD PARKでしょっちゅう来ていたこともあって、多分私が人生で一番多くライブを観ているバンドというのがARCH ENEMYで、何回も見ている分、渇望感というか待望感というか、ライブに行くまでのワクワクというのは正直もうほとんどないのですが、それでも観ると毎回「やっぱりカッコいいな!」と満足させられる、そんなバンドが彼らです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

adoreさんこんにちは!
半年も聴いていないニワカの分際で、ミーグリから参加してきました。アリッサ超可愛いかった!彼女は写真写りがかなり良くないですね。実物は小顔で細くてめちゃめちゃ美人でした。

名古屋では、モッシュもサーフも起きてたみたいです。私は前から2列目だったので直接見てはいないんですが、後ろから人が流れてきました(笑)圧縮も凄かった…

マイケル側にいたんですが、ジェフは全く来てくれませんでした。遠慮してるのかな~と感じました。でも、アリッサ以外は皆案外大人しいんだなと思いました。
アーティストもファンも、高齢化してますもんね(笑)私もですが。

因みに、ライブに備えてアルバムは全て揃えました。今ではアンジェラさんも大好きになりましたよ!

帰りに靴に違和感を感じまして。脱いだらシャーリーのピックが入ってたんです!なんで。謎でした。嬉しいですけど!

>とうもろこしさん

ミーグリも参加とはアツいですね。
私も写真でアリッサは顔がデカいと思っていましたが、実際は小顔なんですね。

モッシュやサーフは東京でも前方では起きていたのかもしれません。

しかし靴にピックは嬉しい怪奇現象ですね(笑)。
おめでとうございます。