FC2ブログ

2017年度を終えてみて

当サイト/ブログはビジネスではないので「年度」の概念はないのですが、私自身はサラリーマンなので、先週末に仕事の年度納めをしたわけです。

年度収めのタイミングが週末ということで、ちょっと色々考えてみました。

別に私自身は4月から転職とか異動とか、大きな変化があるわけではないのですが、個人的に2017年度はそういう調査の仕事をしたこともあって、ここ数年確実に進行していた一般人の生活の変化がかなり可視化されるレベルで顕著になってきた、変化の時期だという気がしています。

Amazon EchoやGoogle Homeなど、AIの生活レベルへの導入も確実に進んでいますし、ちょっと前には夢物語に思えた車の自動運転も急激に現実味を帯びてきました。

特に私のようなメディアに関わる仕事をしている人間にとって大きいのは、いわゆるサブスクリプションサービス、映像でいえばNetflixとかAmazon Primeなど、音楽でいえばApple MusicやSpotifyなどが、いよいよ一般レベルに浸透してきたという事実です。

私自身も、ちょっとチェックしてみたいというレベルのアルバムであれば、その手のサブスクリプションサービスで済ませてしまうことが増えてきました。

一応、このブログではフィジカルで買っていないアルバムのレビューはしないことにしています。マナーやモラルの問題というよりは、キリがなくなるので(苦笑)。

大した内容があるわけでもないのでお恥ずかしい話ですが、1エントリーにつき30分から1時間くらいはかけて書いていますし、ライブの感想など長いものだと2時間以上、下手すると5、6時間かけていることもあります。

働き方改革が進んでいるとはいえ(大して進んでいませんが)、仕事もまあまあ忙しいですし、サブスクリプションサービスでちょろっと聴いたアルバムまでいちいちレビューしていたらプライベートの時間が全てつぶれてしまいますからね。

ただ、アクセス解析を見ると、やはりここ3、4年で、PCからスマホでの閲覧が急速に増えており、既にアクセスの半分近くになっています(一般的なサイトに比べると少ないのですが)。

正直な所、スマホと、私が書くような長文は相性が悪いです。私自身、スマホの画面を何スクロール分も埋め尽くすテキストが現れると、ちょっとキツいな、と思ってしまいます。それはこのエントリーをご覧いただけばおわかりいただけるかと思います(笑)。

一方で、このブログの読者の約6割がリピーターであり、中には毎日のようにアクセスしてくれている方もいらっしゃって、まあ単にサイト巡回のルーティン、日課になっているということなのでしょうが、このブログの更新頻度の低さはそういう人たちに申し訳ないな、という気持ちもちょっとありました。

また、元々は初心者向けでありたいと思っていたこのサイト/ブログながら、今となっては割とコアな人しか見ていないだろうと思いつつ、そんな人でもこのブログのレビューで初めて新作のリリースを知ったり、来日していたことをレポを見て知った、みたいなコメントをもらうこともあります。

まあ、皆さん忙しいですから、よほど好きな人でないとそこまでこまめに情報をチェックしていられないでしょうし、メタル好きといってもその温度感には個人差があることでしょう。

一応Twitterを活用して、ブログでは取り上げない情報もフォローしているつもりでしたが、ツイート(主にリツイートですが)はすぐ流れていっちゃいますからね。

そういう意味では、このブログで新作のリリース情報や来日情報を拾うことも無意味ではないのかな、と思い始めました。

もちろん私自身全てのメタル関連の情報を拾っているわけではないですが、このブログを読んでくださっている方に対しては、私が関心を持ったものだけ拾っていけば充分かな、と。

私のメタル情報源というのは主にTwitterと、YouTubeの「あなたへのおすすめ」と、そして『BURRN!』くらいなので、基本的にはそれに基づいたものでしかありませんが、現在メタルの情報をそれほど積極的に取っていない人にはそれでも充分なのかな、と。

スマホ閲覧を前提に、すごくシンプルなエントリーを上げていくことになると思いますが、もちろんフィジカルで買ったアルバムで、これはレビューを書きたい、と思ったものはこれまで通りの形でレビューを書いていくと思います。

エントリーをコンパクトにすることで更新頻度を上げ、自分的にも備忘録になれば、というのが狙いですが、文章を少なくしてもなおめんどくさければやめるかもしれません(笑)。

まあしばらく実験的にやってみますので、続けばこのやり方が気に入ったということで、続かなければめんどくさかったんだな、とご理解いただけると幸いです(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Angraなどの有名なパワーメタルバンドが新譜を出すと、レビュー投稿されないかなと毎回楽しみにしています!

No title

私も貴殿のブログをPCで毎日チェックしてる一人です(笑)
私はHELLOWEENを3月23日24日と連チャンで見に行きました。初キスクのHELLOWEENは琴線を激しく刺激し大満足なライブでした。

私もこれでメタルライブコンプリートしたと思います(笑)

ぼちぼちで構わないので、これからもユーモアたっぷりの貴殿のブログを楽しみにしています。

>エメッソンさん

今このブログをご覧いただいている方が期待しているのはその辺のパワー・メタル・バンドの新譜をレビューすることなんだろうな、と自覚してはいます。

ただそれだと、読む方も、書き手のモチベーションも今後上がる気がしないので、ちょっと運営の仕方を変えてみることにした次第です。

>懐古原理主義者さん

たしかに毎日チェックして下さる方はパソコンで見ている方が多いみたいですね。
まあ、この長文連発ブログではやむを得ませんが(苦笑)。

期の変わりを機に、ちょっとスマホ読者に優しい方向性に変えていくというか、そういうエントリーを意識的に作っていこうかと。

カイ・ハンセンとマイケル・キスクのいるHELLOWEENを見て、とりあえず「観たいものはひと通り観た」という気持ちになった人は結構多そうですね。

とりあえず、私の文章にユーモアが多分に含まれていることに気付いている方がいらっしゃって一安心です(笑)。

あまりその点に触れてくれる方がいないので、もしかして誰も仕込んでいるユーモアに気付いていないのでは…と危惧していました(笑)。

No title

HR/HMレビュー系ブログを巡回し、情報収集にも活用している私にはありがたいです。音楽雑誌やレーベルやアーティストの公式SNSによる情報収集は大変なんですよね。正直いらない情報が多くて…
嗜好の近い方が厳選し発信した情報を得るほうが、案外過不足がなくて良いと思っています。KALMAHもここで思い出すことができました(笑)
レビューも楽しみにしています。新規開拓に活用するのは勿論ですが、自分が「傑作だ!」と思ったアルバムが、ほかの方からどう評価されるかワクワクしてる時が大好きなのです(笑)褒められたときは何回も読み返しますね。これがレビュー拝読の醍醐味だと思っています(笑)

>名無しのメタラーさん

確かに、欲しいものがある程度明確な人であれば、いらない情報が多いですよね。
だからこそキュレーターなんていう人種が現れているのでしょうけれども。

レビューについてそういう楽しみ方をしている人がいたとは意外でした。でも、考えてみれば、私も自分にとって評価に迷う微妙な出来のアルバムを他人がどう評価しているか知りたくなることはありますね。

とりあえずKALMAHの件で貢献できてよかったです(笑)。