メタルなレコード会社/レーベル(海外)

マニアな方々であれば名前くらいは目にしているであろう、大手のメタル系レーベル。
メタルというよりは「クラシック・ロック」の扱いでHR/HMのリリースをしているレーベルもあります。

AFM Records
パワー・メタル系に強いドイツのレーベル。

candlelight
ゴシックやブラック・メタルを中心に扱うレーベル。

Century Media
ゴシックやエクストリーム系に強いドイツのレーベル。現ソニーミュージック傘下。

DRAKKAR ENTERTAINMENT
80年代にはKREATORやRAGEなどを送り出し、90年代には『G.U.N』レーベルを成功させたドイツの企業。

ear MUSIC
クラシックロック/メタルを中心に、80~90年代のポップ・アーティストまで手掛けるドイツのレコード会社。

Frontiers Records Srl
メロディアス・ハード/AOR系のサウンドを中心にクラシック・ロックやメタルに手を広げるイタリアのレーベル。

INSIDE OUT
CENTURY MEDIAから派生したプログレッシヴ・メタルに強いレーベル。

Limb Music
HEAVENS GATEやRHAPSODY OF FIREを輩出したドイツのメタル・レーベル。

MAGNA CARTA
マイク・ヴァーニーが設立した、アメリカのプログレッシヴ・ロック/メタル専門レーベル。

MASSACRE RECORDS
ドイツの有力メタル・インディーのひとつ。伝統的なスタイルのメタル・バンドを中心に展開している。

METAL BLADE
アメリカにおけるメタル伝道者の一人といえるブライアン・スレイゲルが設立したレーベル。

Napalm Records
オーストリアのレーベル。ゴシックやブラックに強かったが、2010年代以降はパワー・メタル系の作品も数多くリリースしている。

Nuclear Blast
設立当初はドイツのハードコア系マイナー・レーベルだったが、2000年代には世界最大のメタル・インディーに成長。

Peaceville
ゴシック/ドゥーム系のバンドを数多く輩出したことで知られるイギリスの名門レーベル。

RELAPSE RECORDS
デス・メタルやグラインドコア、ドゥーム・メタルを数多く扱うアメリカの老舗レーベル。

SCARLET RECORDS
メロディック・メタルに強いイタリアのレーベル。

SHRAPNEL RECORDS
マイク・ヴァーニーが設立した、テクニカル・ギタリストを多く抱えるレーベル。

SPINEFARM RECORDS
NIGHTWISHやSONATA ARCTICA、CHILDREN OF BODOMなどを送り出したフィンランドのレーベル。

SPV
『NOISE』と並ぶドイツの老舗レーベル。2009年に倒産し、ソニーミュージック傘下で再建中。


恐らく一番有名なメタル・レーベルである『Roadrunner』は、Facebookページしか見つからなかったので載せていません。

イギリスの名門『Music For Nations』、ジャーマン・メタル・ファン御用達だったドイツの『NOISE』、『GUN』、『Shark』、90年代アメリカでHR/HMが絶滅の危機に瀕していた中、その手のアルバムをリリースしていた『CMC International』(ここの創立者はその後『Roadrunner』のメタル部門のトップになった)、メロハー/AOR系のファンであればお世話になったであろう『Long Island』(ここはリイシューがメインでしたが)、『Escape』に『MTM』、ポンプ・ロック専門レーベルの『SI Music』など、現在は存在していないが、個人的に思い出の深いレーベルはたくさんあります。

そういうレーベルからリリースされたアルバムを輸入盤で買い漁っていた90年代後半から2000年代初頭あたりが、私がメタラーとして最もアツかった時代なのでしょう(随分昔のことですが…)。

IRON MAIDENのマネージャーとして知られるロッド・スモールウッドが設立した、当時イギリス最大のインディーズ・レーベルだった『Sanctuary Records』なんてのもありましたね。

そのメタル部門だったその名も『Metal Is』、MEGADETH、W.A.S.P.にGAMMA RAY等、所属アーティストは豪華でしたが、いずれもピークの過ぎたバンドばかりで、際立った名盤が出ることもなく『UNIVERSAL MUSIC』 に『Sanctuary Records』ごと買収されてあっさり終了してしまいました。

日本にいると実感しづらい、海外におけるビジネスの栄枯盛衰のスピードの速さは、メタルから学んだと言っても過言ではないかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント