W.E.T. "Kings On Thunder Road"のMV

今月から新たに作った「MV紹介」というカテゴリーは、必ずしも最新のMVを紹介しようという意図で作ったものではないのですが、たまたま本日YouTubeのトップページを開いた瞬間にこの本日公開のMVが「あなたへのおすすめ」として目に飛び込んできたので、これも何かの縁ということで(?)取り上げます。

WORK OF ARTのロバート・サール(Key)、ECLIPSEのエリック・モーテンソン(G, Vo)、(元)TALISMANのジェフ・スコット・ソート(Vo)によるプロジェクト、W.E.T.の最新作、"EARTHRAGE"からの2本目のMV。

ぶっちゃけアルバムとしては今回も2nd"RISE UP"同様、ファースト作の衝撃を超えられなかったのですが、良質なメロディアス・ハードであることは確か。

意地悪なことを言ってしまうと、曲を書いているエリック・モーテンソンのバンドであるECLIPSEの曲をジェフ・スコット・ソートが歌っているだけという感も無きにしも非ずですが、サビに力があって、ファースト以外のTALISMANの曲の大半よりメロハー好きの琴線に触れる曲だと思います。

個人的にはW.E.T.の「W」であるWORK OF ARTの新作を期待したいのですが、やっぱりもう終わってるんですかねえ…。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

デビューアルバムはFrontiersからリリースされた中でも1番の出来で、ジェフのキャリアの中でもベストな1枚だと思っています。それまで彼の参加した作品ではTalismanの「Life」かソロの「Prism」どちらが1番良いかなと悩んでいたのですが(大袈裟)、まさかこの2枚を超える物を出してくれるとは!と初めて聴いた時は嬉しい驚きがありました。

今回の「Earthrage」は前作よりもグループ名のイメージに合った楽曲を揃えて来たかなと思いましたが、前作と同じく正直Eclipseと差異が少ないとも感じたので、次作があるなら「W」の要素をもう少し取り戻して欲しいですね。ホント1stが無ければこれでも十分満足なんだけどなあ.......

自分の中では「W.E.T.」とJourneyの「Frontiers」の2枚がメロハーの理想形なので、いつかこれに匹敵する作品をまた出して欲しいですね。それが出来るメンバーは揃っていると思うので。

>YTさん

W.E.T.のデビュー作はおっしゃる通り、『Frontiers』企画の作品の中で1、2を争う名盤だと思います。

やっぱり「W」の要素がないとECLIPSEと変わらないですよね。これはこれで悪くはないのですが、デビュー作があれだけの作品だったので満足しきれないですね(笑)。