FC2ブログ

VISION DIVINEからファビオ・リオーネが脱退

ファビオ・リオーネ(元RHAPSODY OF FIRE, 現ANGRA)がVISION DIVINEから脱退したことを自身のFacebookページで発表していました。

まあ、2012年の『DESTINATION SET TO NOWHERE』以来新作も出ていなかったし、ライブも2016年12月を最後に行なっていないという実質的に活動休止状態だったので、特に驚きはないというか、むしろまだメンバーだったの? ってくらいの感覚ですが。

これでファビオ・リオーネが所属するパーマネントなバンドはANGRAだけに絞られたということだと思いますが、近年ほぼ活動していないVISION DIVINEを離れたことによって何か活動が変わるかというと、ほぼ何も変わらないと思われます。

少なくとも、RHAPSODY OF FIREを脱退したこととはまったく「重さ」が違う話だと思いますが、一応当サイト/ブログの読者の方にとってはそれなりに関心の高いアーティストだと思いますので、一応取り上げてみました。

しかしファビオ、RHAPSODY OF FIRE脱退後のゲスト仕事っぷりはハンパないですね。昨年2017年だけでSTEEL SEALにALDARIA、ANCESTRAL DAWNにSOULSPELL、COHERERNT SOULS ORCHESTRAにEUROPICAにVENDAVALにENEMY OF REALITYにSAILING TO NOWHARE、そして先日このブログで取り上げたALOGIAと、私が把握できたものだけで10ものプロジェクトにゲスト参加しています。

この人は自国イタリアのみならず、スペインやロシア、ハンガリーやペルーなど、かなりマイナーな国のインディーズというか、いわゆる自主制作盤みたいなアルバムにも数多く参加しているのが特徴で、かつてはJ Storm名義でユーロビートを歌っていたことから考えても、良くも悪くも仕事を選ばない腰の軽い人なのでしょうね。

これなら多分、日本のバンドの仕事でも金額とスケジュールさえ折り合えば参加してくれそうな気がするので、曲には自信あるし、演奏もバッチリなんだけど、良いヴォーカリストが見つからない、あるいは国際的な知名度のあるゲストに参加してほしい…というバンドの方はFacebookとかでコンタクトしてみてはいかがでしょうか(笑)。

しかしYouTubeで「feat Fabio Lione」で検索すると、出るわ出るわ、ライブにおけるゲスト参加を含めたら数えきれないほど。その一部をご紹介してこのエントリーを終わりたいと思います(いずれもオーディエンス映像なので経年によるリンク切れはご容赦ください)。

◆GAMMA RAYのステージでHELLOWEENの「Future World」を歌うファビオ。


◆TARJA(元NIGHTWISH)のステージで「Phantom of the Opera」とデュエットするファビオ。

こういうオペラティックなテノール歌唱ができるのが流石ですね。

◆地元イタリアのイベントでティッタ・タニ(元DGM)とIRON MAIDENの「Wasted Years」をデュエットするファビオ。

DGMの現シンガーのマーク・バジーレもメチャウマですが、ティッタ・タニも素晴らしい歌声ですね。

◆ゲスト参加実績のあるペルーのプログレッシヴ・メタルバンド、FLOR DE LOTOのステージでDEEP PURPLEの「Highway Star」を歌うファビオ。

その気になればこういうロックなスクリームもお手のもの。


他にも色々歌っているファビオを見つけたのでオマケで貼っておきます。

◆IRON MAIDENの「Fear Of The Dark」を歌うファビオ。


◆METALLICAの「Enter Sandman」を歌うファビオ。


◆BON JOVIの「You Give Love A Bad Name」を歌うファビオ。


◆DIOの「Holy Diver」を歌うファビオ。


他にも色々面白い映像がありましたが、それはまた別の機会に…。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント