FC2ブログ

DESTINIA "METAL SOULS"が5月23日国内盤発売

2014年にNOZOMU WAKAI’S DESTINIA名義でリリースしたデビュー・アルバム"REQUIEM FOR A SCREAM"が『BURRN!』誌で高評価を受けた、同年のブライテスト・ホープに輝いた若井望(G)率いるプロジェクトのワードレコーズ移籍アルバムが5月23日(水)に発売されます。

キングレコード在籍時の作品は、ロブ・ロック(IMPELLITTERI他)が数曲で歌っていた以外は日本のミュージシャンがバック(とヴォーカル)を固めていましたが、本作ではヴォーカルにロニー・ロメロ(RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW, LORDS OF BLACK)、ドラムにトミー・アルドリッジ(元OZZY OSBOURNE, WHITESNAKE他)、ベースにマルコ・メンドーサ(元BLUE MURDER, DEAD DAISIES他)という海外の一流ミュージシャンを揃えた強力ラインナップによる作品となっており、7月13日に『Frontiers Music Srl』からワールドワイド・リリースされることになっています。

ちなみに『BURRN!』の最新号の表4に入っていた、同誌の表紙風の本作の広告はアートディレクター/デザイナーでもある若井望氏が自ら制作したそうです。

burrn1806h4.jpg
HMVイオンモール春日部店のTweetより



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この人の前作は試聴してメロディがあまり響かなかったのでスルーしたのですが今回のはかっこいいので個人的には買いです(笑)
ロニーロメロはレインボーでもいい仕事してますがこういうメタルを歌ってもイングウェイに在籍してた時のマイクヴェセーラを彷彿とさせる感じがかっこいいですね!

>ごえたさん

前2作はクオリティの高い作品でしたが、ちょっと優等生な感じがありましたね。

本作では海外の一流ミュージシャンをバックに迎えて、その辺の課題が解決されているといいなと思いつつAmazonからの到着を待っています(笑)。