FC2ブログ

LOUD PARK 2018 開催見送り

まあ、だいぶ前から薄々そうなんじゃないかと思っていましたし、GW明けに何の発表もなかった時点でもはや確信していましたが、今年、LOUD PARKは開催されないそうです。

「お客様に満足いただける内容を提供することが困難と判断」した結果だそうですが、それはアーティストのスケジュール面の問題だったのか、予算的な問題だったのか、会場的な問題だったのか、詳細な理由は関係者のみぞ知る、という感じです。

個人的には、目玉となるヘッドライナーが見つからなったとか、Evoken de Valhall ProductionやAliveといった新興の呼び屋にアーティストを取られて、駒が揃わなかったとか、その辺の事情ではないかと推測しています。

年に一度のメタラーの祭典がなくなる。これはですね、「興味がなかったバンドの魅力に気付く機会がなくなる」「自分の周りにはあまりいないメタル好きがたくさんいることを実感する機会がなくなる」という、単に1イベントが行なわれない、という以上に、メタル・マーケットにとって痛い出来事です。

好きなバンドでも、単独公演のために上京するのはちょっと…という地方の方でも、LOUD PARKのようにたくさんのバンドを一度に観られるなら行こうかな、という気になる人もいたことでしょう。

実際にライブを体験することでよりメタルが好きになる、ライブを観たことで(自分にとって)新しいバンド、新しい音楽に興味を持つ人もいたと思われるだけに、つくづく残念です。

個人的には、近年のLOUD PARKはちょっと『BURRN! FESTIVAL』みたいな感じになっていたので、もっと新旧洋邦取り交ぜたラインナップにしてもよかったんじゃないかと思ってます。

そういうバラエティに富んだメンツにするとWeb上でガタガタ言う保守的というか心の狭い人たちがいますが、そういう人はそもそも行かないか、「不満だったけど行ったら楽しめた」となる人なので無視すればいいのです。

実際の所、興味ないバンドが適度にある方が休憩/メシタイムが取りやすいですしね(笑)。

元々『METAL PARK』ではなく『LOUD PARK』という名前である所以は、そういう狭い意味での「メタル」にとらわれず、幅広いうるさい音のバンドが集えるような場というニュアンスだったんじゃないかと思うんですよね。響きとしてはだいぶカッコ悪いと個人的には思っていますが。

まあ、いちメタル・ファンとしては、とにかく来年以降の復活とコンスタントな開催を願うしかありません。

とりあえず、今年来日する(した)メタル・バンドを並べて、自分だけの「妄想LOUD PARK 2018」を考えて終わりたいと思います。

ヘッドライナーについては、今年の来日予定はありませんが、新作を発表したJUDAS PRIESTと、「最後のツアー」を発表したSLAYERを想定しておきます。

【1日目】

JUDAS PRIEST
MASTODON
ANGRA
MACHINE HEAD
SONS OF APOLLO
SEPULTURA
TREAT
THE CROWN
THE DEAD DAISIES
THE AGONIST
BEAST IN BLACK
LOVEBITES

◆EXTREME STAGE

DIMMU BORGIR
SATRYCON
MARDUK
DARK FUNERAL
TAAKE
NAGLFAR


【2日目】

SLAYER
ARCH ENEMY
KAMELOT
AMORPHIS
THE POODLES
AT THE GATES
RAGE
DEATH ANGEL
STRYPER
H.E.A.T
ELUVEITIE
THOUSAND EYES

◆KINGDOM STAGE

RIOT
NOCTURNAL RITES
DESTINIA
DRAGONLAND
CIVIL WAR
ORDEN ORGAN

完全に『BURRN! FESTIVAL』になってしまいました(笑)。

自分で考えておいて「これは観たいアーティスト被り」が生まれる悲しいラインナップだなあ…と思います(笑)。
しかし、そういう経験を経て人は「決断力」という人生にとって大切なものを身に着けていくのです(?)。


※クリエイティブマン LOUD PARK事務局からのお知らせページ

◆LOUD PARKを偲ぶ映像




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

不況の煽りが来たのかなあ…と心配になってしまう

No title

以前何度かコメントさせて頂いた者です。

とてもショックです。
というのもちょっと前に関西から関東へ引っ越し、気軽にラウパへ行ける環境になり今年が初ラウパになる予定でした。非常に残念です。

来年に期待しますが、不安なのがヘッドライナークラスが段々とツアー引退してきているので今後のブッキングが心配です。

No title

まあ、音楽業界の不況の煽りと言う事で。我々と世間の間には、まだまだHMの認知度に大きな隔たりがあるという事でしょうね。

2年連続ヘッドライナードタキャンという快挙はギネス申請してもいいのではないでしょうか。

というのは冗談にしても、10年続けたスタッフの意気込みはホント素晴らしいですね。

ネガティブな予想ほど当たる

管理人さんの言う通り、LOUD PARKで観た事で(もしくは予習の段階で)ハマったバンドが結構あるんですよね・・・。
小規模になってしまっても構わないから、何とか開催して欲しかったというのが本音です。

ただ、ブッキングなどがかなり厳しい状況だったであろう2011年には1日だけでも開催した運営の意気込みを考えると、予算的な問題も大きいのかなと思いました。

仕事やその他諸々のネガティブな事柄から解放され、1日中自分の愛する轟音に包まれる事によるカタルシスは何事にも代えがたいです。
来年以降、何とか復活して欲しいですね。

No title

予算の問題としか思えない。

来年以降の復活を祈りたい。

比較的若手のバンドで鳥できそうなのがいないのは痛いですね
日本と海外で人気の落差が大きいのばかりですから結局スレイヤーのような80年代以前のバンドに頼らなきゃいけないんでしょうか

まとめてお返事

>人さん
2006年からの間にはもっと不況な時期はあったと思いますが、音楽業界については結構今変わり目の時期かもしれませんね。


>元C.O.Biwakoさん
ハンドルネームを捨ててまでラウパのために(?)引っ越してきたら、そのラウパがなくなるのでは琵琶湖に顔向けできませんね。

ヘッドライナーになりうるアーティストがブッキングできた年だけ開催されるようになるんですかねえ…。


>名無しのメタラーさん
手間の割には大したビジネスにならないでしょうに、リーマンショックの年も震災の年も含めて10年続けてくれたことは感謝しかないですね。

日本のHMマーケットは若年層の取り込みに失敗したので、アラフィフ~アラフォーを中心としたファン層の音楽で大規模なフェスをやるのはなかなか厳しいでしょうね。


>kimさん
そうですよね。ラウパのおかげで私のHR/HM人生も格段に豊かになったと思っています。

あのスペシャルな2日間の体験はメタラーとして何物にも代えがたいだけに、何とか復活してほしいですね。


>ストラディキャスターさん
個人的には、単純に予算の問題というよりは、会場の空きスケジュールとヘッドライナーとしての集客ができるアーティストが呼べるタイミングが噛み合わなかったのではないかと思っていますが、いずれにせよ来年以降の復活を願いたいですね。


>名無しのメタラーさん
日本のHR/HMファンのボリュームゾーンが今でも80年代組の方々なので、その人達の求心力になるようなバンドでないとヘッドライナーになりえない(なったことはあるけど全く違うファン層を大量に呼び込んだSLIPKNOT以外は成功したとは言い難い)だけに、なかなか難しい所ですね。

まぁ、去年終了後から「来年ないんじゃないの?」みたいな話はでてましたね。
毎年ホームページに「See You Next Year !!」って出るのに出てないとか。
1日だけでもいいから、開催してほしかったなぁ。

No title

「妄想LOUD PARK 2018」で振り返って、今年充実してるなー。もしこれぐらいのが続くのなら別にラウパなくてもいいかなって正直思ってしまいました。

No title

正直なところ残念です。
来年には開催されることを願います。
いつまで経っても発表が無いので、
もしかして今年は無いのかなと思ったりしましたが、いざ今年は開催しないと知ったときはがったかりしました。
来年はマジで何とかして欲しいですね。

>通行人Rさん

実際には昨年の時点で既に開催できないことが決まっていたか、かなり難しい状況になっていたのでしょうね。

1日開催をしていたこともあるのにそれすらままならないとは世知辛いですね。

>pndnskさん

これまでラウパで来ていたアーティストを単独にバラすと例年これくらい充実していたのかもしれませんが、近年は新興のプロモーターが意外なアーティストを呼んでくれたりするので、マニアほど充実している印象を受けるかもしれませんね。

とはいえ、やはりラウパの魅力は1日中メタル漬けになれるということが大きいので、単独公演がいかに充実しようともそればかりはなかなか代えがたいものになりますね。

>ランディさん

まあ覚悟していたとはいえ、こうして正式にないと言われるとやはりガッカリしますね。

来年以降の復活を願いましょう。

No title

直接的に関係がある訳ではありませんがこの件は「BURRN!の時代の終わり」を感じさせる出来事ですね

雑誌メディアの力が弱まる現在フェスが実質的な「音楽メディア」である訳でROCKING'ONもMUSICAもそれぞれ自前でフェスを持っているんですよね

BURRN!におけるそれはラウパだったので(運営している訳ではないとはいえ)、この件は単なる「一年休み」以上の意味を持ってしまうのではないかと思います

あまり正統派メタル命というタイプではない人間からすると来年からは名前を変えてパンクやラウドロックも含めた総合的なラウドフェスにコンセプトを切り替えた方がいいんじゃないかという気がしますね
この機会はコンセプトを切り替える絶好の(というか最後の)チャンスだと思うので

ヴェガスとかアジカンとかエルレとかその辺を呼んできてもいいんじゃないかなぁと

メタルのサイトさんでこういう事を言ってご気分を悪くされたら申し訳ありません

>222さん

おっしゃることはよくわかります。

個人的には、ワンオクやホルモンやヴェガスと、トラディショナルなメタル・バンドが同時に出られて、お互いのファンがお互いに対する理解と好意を持つことができるようなフェスが作れるなら、それは素晴らしいことだと思います。

ただ、実際には日本のメディアとレコード会社や芸能事務所のマーケティング戦略によって穿たれたジャンルの溝はなかなか深いものがあって、そういうフェスをやっても水と油を同じ瓶に入れるようなことになってしまうんだろうな、という気がします。

先入観を捨てて虚心に向き合えば、お互いのサウンドに好きになれる要素はあると思うんですけどね。

妄想LOUD PARK 2018の感想

そのラインナップでしたら【1日目】なら、

ANGRA
SONS OF APOLLO
TREAT

【2日目】なら

SLAYER
ARCH ENEMY
KAMELOT
RAGE
STRYPER
RIOT
NOCTURNAL RITES
DESTINIA

が観たいです。

ホルモンもヴェガスも大歓迎します^^;。

2011年と言えば

ここ数年は、家庭の事情でお休みしていましたが、LOUDPARKの初年度から参戦していた身としては、さみしいニュースです。

そういえばですが、1日開催の2011年の話題が出ているところで忘れられないのが、例のBURRN!誌が、2ステージとは言え、トリはLIMP BIZKITであるという事実を認めたくない一心なのか、セカンドステージラストのWHITESNAKEを「実質的なヘッドライナー」としてカラーページで特集し、LIMP BIZKITをちょこんとモノクロページで特集したのは、分からんでもないですが、ものすごく旧時代的と言いますか、正統派はもちろんですが、90年代00年代以降もアリ、な世代としては、「なんだか頭堅い人たちの雑誌なんだなぁ」、と醒めていった記憶があります。
(WHITESNAKEは初だったこともあり、楽しんでました)
ただし、LIMPのパフォーマンスは、その前の09年の単独で見た方が数倍良かったんですよね、それが残念です。

>ゆうていさん

私の戯れにリアクションしていただきありがとうございます(笑)。

2日目だけ参加という感じですかね(笑)。

お選びになったバンドは比較的トラディショナルでメロディックなバンドが中心かと思いますが、そういう方でも「ホルモンやヴェガス歓迎」ということもあるわけで、本当は色々な可能性があったのではないかと思うんですけどね…。

>ナマコさん

おっしゃる通り『BURRN!』誌における2011年のLIMP BIZKITの扱いはケツの穴が小さかったですね。

LIMP BIZKITを大きく扱うくらいでガタガタ言うような器ちっちゃい奴は友達だったら縁切るレベルですが、あの雑誌はそういう人が一番ロイヤリティの高い読者層なのだろうと思うので、編集者が実際にどう思っているかはともかく、そういう人に媚びざるをえないのでしょう。

リンプのメンバーもあの場がアウェーであることは感じていたと思います。

だからと言ってアウェーな人たちに媚びるようなレベルのバンドでもないわけで、そのモチベーションがパフォーマンスに表れてしまったんでしょうね。

No title

http://heavy-metal.jp/mag/1481.htm
こんな記事が…スポンサー減ってたのか…
チケ代も上がってたのは知ってたけど…

>人さん

スポンサーが減っているのは一目瞭然でしたね。

私の仕事はイベントにスポンサーをつけることも業務領域内ですが、LOUD PARKに協賛して企業メリットになるイメージが全く持てません(苦笑)。

ひと昔前だったら「お付き合い」とか「担当者が好きだから」で協賛することもあったでしょうが、今はROEが厳しく問われるご時世ですから特に上場企業は難しいでしょう。

そのサイトが言っていることにはほぼ同意なのですが、ファンの世代交代を進めろ、というのは若い人にHR/HMを聴け、と言っていることに等しいわけで、そんなことを年配の人間が言ってもまあ難しいですよね…。