FC2ブログ

TNT "XIII"が6月6日国内盤発売

ノルウェーのメロディアス・ハード・ロック・バンド、TNTの、2010年リリースの"A Farewell To Arms"以来約8年ぶりとなるニューアルバム"XIII"(サーティーン)の日本盤がキングレコードから6月6日(水)にリリースされます。

2006年にトニー・ハーネルの後任として加入し、前3作で歌っていたトニー・ミルズ(元SHY, SIAM)が2013年に脱退した後、再びトニー・ハーネルが加入して来日公演を行ない、その後トニー・ハーネルがSKID ROWに加入することになって再脱退、しかし早々にSKID ROWも脱退して元の鞘に収まった…と思いきや再々脱退という、傍から見てると「何やってんの?」というメンバー交代劇を経て、新しいフロントマンに国際的にはほぼ無名のスペイン人シンガー、バオール・バルドー・バルサラが迎えられています。

トレンドに流されて迷走した90年代、サウンドの基本線こそ彼らに期待されるメロディアス・ハード・ロック路線に戻ったものの、名盤"TELL NO TALES"や"INTUITION"時代の輝きは取り戻せなかった2000年代を経て、かつて「北欧メタル」を代表するバンドの一角に数えられたこのバンドに対する期待値というのは極めて低空飛行になってしまっているわけですが、果たして失地回復の一作となるのでしょうか。

先行公開されている音源を聴く限り、シンガーはトニー・ハーネルっぽく歌えそうな実力者だし、楽曲もとりあえずポップな感じに仕上がっているようですが…。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最初に公開された「Get Ready For Some Hard Rock」を視聴して今回はダメだパスしよう...と思いましたが(この曲コメント非公開のままですね...)その後に公開された曲は悪くないですね。

新Voはトニー ハーネルとトニー ミルズの中間な感じで好印象です。アルバムの出来次第ではこのレーベルの他のプロジェクトに声が掛かるかもしれませんね。

>YTさん

「Get Ready For Some Hard Rock」は、アルバム中で聴けばアクセントになりそうな曲ですが、単体でプッシュされたときにTNTっぽいとは思えない曲でしたね。

YouTubeのコメント欄封鎖は謎ですが、実際不評だったのかもしれませんね。

新ヴォーカルはスペイン語版Wikipediaの記事もあるので、母国ではそこそこ有名なのかもしれません。個性はさほど強くないですが、いいヴォーカルですね。

えらくポップになられました。

トニー・ハーネル時代しか知りませんが、暗黒時代も一応購入してました。
このブログを見て興味を持ち、YOUTUBE
観ましたが、良くなっているというか聞ける音楽をしていると感じました。
軽いな~とは思うけど、ボーカルも上手だし、
売れ線のころに戻った?
個人的には、TELL NO TALES
のような緩急のアルバムを期待したいのですが。
購入するかは、バーンの評価で考えます!(笑)

>かじやんさん

大筋ではトニー・ミルズ時代のサウンドを引き継いでいるような気がしますが、『BURRN!』誌の点数については、レビュアーが誰になるかで結構評価が分かれそうな気がします(笑)。

いい感じ

名盤"TELL NO TALES"や"INTUITION"時代の輝きは取り戻せているような気がしました。
TNTにはポップでメロディアスでいて欲しいものですね(*´∀`)♪

>ゆうていさん

アーティスト側にとってはあまり固定的なイメージを持たれたくないのかもしれませんが、往年のファンがTNTに期待するのはキャッチーなサウンドですよね。