FC2ブログ

映画『サラエボの叫び』感想

久々に映画の感想です。

シネマート新宿で6月9日から1週間限定上映されている映画『Scream for Me Sarajevo(サラエボの叫び)』を観てきました。

IRON MAIDENのヴォーカリストとして知られるブルース・ディッキンソンが、93年に一度IRON MAIDENを脱退した後、ロイ・Z(TRIBE OF GYPCIES)と共に制作した"BALLS TO PICASSO"(1994)リリース後に、当時ほぼ無名な若いメンバーと結成したSKUNKWORKS。

この映画はそのSKUNKWORKSのメンバーと共に94年、内戦中のユーゴスラヴィア(当時)の都市サラエボで行なったライブにまつわるドキュメンタリーである。

『アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~』の成功以降、メタル・バンドのドキュメンタリー映画みたいなものがやたらと制作・公開された時期があったが、近年はそれも落ち着き、『We Are X』を除くと個人的には久しぶりの「メタル映画」である。

とはいえ、実は「メタル映画」を期待して観に行ったわけではない。むしろ「戦争映画」を期待していた。

幸いなことに、この文章をお読みになっている方の大半と同様、私は戦争を体験したことはなく、戦争についての知識は本や映画で触れた情報にとどまる。

ただ、そういうメディア越しの情報というものは俯瞰的だったり、あるいは脚色されていたり、そもそも主人公自体が軍人あるいはちょっと特別な存在だったりしてリアリティに欠ける。私のような一般人が現代の戦争に巻き込まれた時にどうなるのか、私が知りたいのはそういうものだった。

これも映画ではあるが、ドキュメンタリーであり、かつハリウッド映画のように多額の予算をかけていないだけに、逆に「演出」のない生々しい「戦争」が垣間見えるのではないかと思ったのだ。

そして実際、現地のメタル・ファンに対するインタビューを中心に構成される映像は、私が期待していたものに近いものではあった。

実際に身近な人間が亡くなったり、自分に被害が及ぶまでは、なかなか「ここが戦場である」という実感が持てなかった、という声などは、きっとそうなんだろうな、と思えるものだった。

一方で、そういう現ボスニア・ヘルツェゴビナの人たちのインタビューが中心の構成というのは、なかなかに地味であり、正直途中で眠くなってしまった瞬間もあったことを告白する。

いや今週割と根詰めて企画書などを作ることが多くて寝不足だったんですよね(言い訳)。

きっとライブのシーンがメインではないのだろう、と予想はしていたが、その予想以上にライブ・シーンは少なく、当時のバンドはIRON MAIDENの曲もプレイしないので、「映画館の音響でメタルが聴ける」ことを期待して観に行った向きには期待外れだったことだろう。

『FLIGHT 666』の映画館上映は最高だったし、IMAXの音響で観た『スルー・ザ・ネヴァー』は、もう一生これ以上の音響でメタルを聴くことはないだろう、と思わせる素晴らしさだっただけに、その点はちょっと残念。

映画の内容に立ち戻ると、多少なりとも国連軍のフォローはあったとはいえ、命の危機がある場所にバンドを連れていくというブルース・ディッキンソンの判断が適切なものだったのかというと、賛否両論あると思う。

バンド自身はもちろん、観客が集まるコンサート会場に、テロリストが一人紛れ込んでいたら、大きな悲劇につながった可能性もあるわけで。

結果論で言えば、ブルースのライブは無事に行なわれ、集まった現地のメタル・ファンを大いに勇気づけたようで、お話としては美しくまとまっているが、個人的には釈然としない部分もあったのが正直な所。

まあ、ロック・バンドなんて無茶をしてナンボという面もあるのは事実で、ブルース・ディッキンソンは頭のいい人だけに、そういう「話題作り」のために敢えてリスクをとったのかもしれません。

結果として、ブルース自身にとって印象深い体験となり、こうして映画のネタにもなったという意味ではリスクをとった甲斐はあったということなのかもしれませんが、SKUNKWORKSは売れませんでしたね…。



screamformesarajevo2018.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ディッキンソンも今年60かあ…

>人さん

運動神経抜群のブルースとはいえ、そろそろステージでのジャンプも腰や膝に来るんじゃないかと心配してしまいますね。