FC2ブログ

GYZE "龍吟"のMV

日本を代表する、いや、ここではあえて「北海道を代表する」と言おう、メロディック・デス・メタル・バンド、GYZEによる「北海道150周年記念ソング」、"龍吟"のMV。

「北海道150周年記念ソング」とは何ぞやと思って調べてみると、2006年に設立された「札幌なにかができる経済人ネットワーク事務局」という組織が中心となって今年「北海道150年物語」プロジェクトなるものを行なっているようだ。

てっきり北海道のお役所イベントなのかと思いきや、これとは別に「北海道150年事業」という北海道庁による別の動きもあるようなので、こちらはあくまで民間主導、とはいえお役所の公認も得てますよ、みたいなノリの事業のようだ。

正直東京に住んでいると全く目にしないない動きだし(そういう意味でこの曲のリリースは意味があったのだと思うが)、北海道に住む人にもどれだけ認知されているのか謎ではあるが、支援者を募集しているこういう動きに乗っかっていくGYZEの姿勢は個人的には積極的でいいと思う。

ガッツリお役所仕事であれば、きっと「デス・メタルはちょっと…松山千春とかGLAY、今ならサカナクションにお願いしたい」みたいなことになり、そういう大物にオファーしたらギャラで折り合わず交渉しているうちに150周年が過ぎる、みたいなことになったと思われるので、なかなか上手いことやったのではないかと。

楽曲自体は彼らの楽曲の中で飛び抜けた出来だとは思わないが(事業理念を踏まえて彼らなりに一般受けを狙ってクサさを抑えている?)、マンガ仕立てのMVと共に観るとそれなりにグッと来るものはあるのではないでしょうか。

てか、このストーリーって北海道150周年と関係あるんですかね?(苦笑)。

当時の開拓民が味わった苦難とか、アイヌ民族の悲哀についてとか、もっとそれっぽいテーマで曲を作ることもできたんんじゃないかと思うのですが(後者だと北海道開拓を否定することになりかねませんが/笑)。

日本における北海道を、欧州における北欧(もちろんメタル・ファンにとって北欧が特別な地であることは承知の上で)と位置付けている彼らには、それくらいの「地元愛」を表現してほしかったですけどね。

ただ、この曲よりシングルCD1曲目の"Japanese Elegy"の方が、「らしい」泣きメロ満載で良い感じなので、次のアルバムへの期待を膨らませたいと思います。



ついでに、2015年に彼らがLOUD PARKに出演した時の映像も先月公式にアップされていたので貼っておきます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

初めてコメントさせていただきます。

このMVの初見の感想は「予算無いのか・・・」でした。
GYZEは1stから現在まで最も注目している日本のメタルバンドなんですけれども、こういう貧相な(失礼)MVを出されてしまうと、そのうち突然ぽっくり「解散します。」と逝ってしまいそうで心配です。

素晴らしい(*´∀`)♪

泣きメロ満載かつテクニカルでタイトな演奏で、北欧メタルマニアな私の心の琴線に触れました。
デスボイス嫌いなんですけど(´ε`;)ゞ、チルボドのヘイトミーとまではいかないものの、それに近いものを感じます。
ライブ映像も夢中になって見終えました。
私のMVの初見の感想は「ダサ過ぎる・・・」でした。
見続けるのに苦痛を感じるレベルでしたので、ワールドカップのブラジルーセルビア戦を見ながら音に集中しましたよ(*´∀`)♪

No title

たしかに、台湾のChthoniCのように、彼らも北海道の歴史をコンセプトにしたアルバムを作ってみたら面白いかもしれませんね。

>8さん

仕事で映像制作をすることもある人間として言うなら、これ描いた漫画家さんがそこそこ有名な人だったら、ワンシーンでライブ風映像を撮影するより制作費が高くついている可能性もなくはないんですけどね。

こういうMVも新しいファン層を開拓しようという狙いのもとに企画されていると思うので、解散とは程遠い高い志とチャレンジ精神が感じられると個人的には思います。

ただまあ、「めたる三兄弟」などもそうですが、彼らの「意欲的な試み」はスベりがちな印象がありますね(苦笑)。

>ゆうていさん

私以上に保守的なリスナーと思われるゆうていさんの琴線に触れるとは、彼らはやはり何か「持ってる」みたいですね。

とはいえやはりというかこのMVは不評のようで。

サッカー観ながら音楽聴くって、なかなか器用ですね(笑)。私だったらどちらかに集中できませんきっと。

>名無しのメタラーさん

たしかにそれは面白そうですね。個人的には興味深いものになりそうです。

ひょっとしたらもう「いつかはやろう」と企画しているかもしれませんね。

なんかV系の同人誌描いてる人にありそうな絵だなー、と思いながら観ました笑

V系といえばルナフェス2日間参戦してきました。
LOUDNESS、YOSHIKIとLUNA SEAを控えたステージと逆のステージの最後だったのもあって、正直2日間で一番ステージ前が寂しかったです…。
しかし堂々とした(ある意味マイペースな)パフォーマンスと轟音なのに聴き心地が良くて感服しました。

あと、前回同様YOSHIKIが完全にYOSHIKIワールド作ってました笑

>馨さん

V系の同人誌なんてのもあるんですか。
やっぱりV系のミュージシャンがあんなことやこんなことをしてしまうんでしょうか(笑)。

ルナフェス行ったんですか、いいですね。
YOSHIKIだけ観たかったです(笑)。

初年のX JAPANが出た日だけは観に行ったんですけどね。

LOUDNESS、やっぱり人少なかったですか…。
せめてトリ側のステージにいた人にも何らかインパクトを受けた人がいてくれるといいのですが。

EZOより愛を込めて

「龍吟」の龍は坂本龍一氏の「龍」ですか?とツッコまずにはいられませんでした笑 この際タイトル・歌詞も含めて「北の國よりメリークリスマス」とかの方が良かったかと…

以前団子3兄弟とかやってたので何故その方向で攻めないのか?面白がってマツコDXの番組などでとりあげられればルックスも良いのでもっと行けると思うのですがね笑

日本語デスってまだまだ未開拓感あるので、頑張ってほしいですね。今のところ消化しきれてないというか試行錯誤中といったところなんでしょうけど、続けていけばMステ・紅白も見えてくるのでは笑 かつてはメタル(?)を日本語で歌い成功したエックスの前例もありますしね。

>学生気分41さん

おや、学生気分41さんは道民だったのですか?
E.Z.OやSABEL TIGERを生んだ、東阪名を除くと随一のジャパメタ名産地ですね。

「めたる三兄弟」は、客観的にはスベっていたのではないかと思います(苦笑)。

もう少しメジャーになってからやればまた違う反応があったと思うのですが。

日本でMステ、紅白はGALNERYUSや陰陽座ですら成しえてないので難しいかもしれませんね、残念ながら…。