DORO "All For Metal"のMV

前エントリーでドロ・ペッシュの名前を出したので、このMVを取り上げてみます。

日本での知名度は微妙な感じですが、母国ドイツを中心とした欧州では「メタル・クイーン」の称号をほしいままにするドロ・ペッシュ。

80年代にSCORPIONSやACCEPTらに続くドイツのHR/HMバンドと目されたWARLOCKにて活動を開始し、当時は珍しかった女性ヴォーカルをフィーチュアしたメタル・バンドとして、かなりの人気を博していた。

WARLOCK名義でのラスト・アルバムとなった"TRIUMPH AND AGONY"(1987)は全米チャートでも80位と健闘、前年にリリースされたACCEPTの"RUSSIAN ROULETTE"が114位、同年にリリースされたHELLOWEENの"KEEPER OF THE SEVEN KEYS PT.1"が104位だったことを考えると、彼(女)らがいかに注目されていたかが窺われよう。

残念ながらその成功の直後の1988年、バンド名の法的権利を巡って元マネージャーとトラブルが起き、WARLOCKとしての活動が困難になったため彼女はソロ・シンガーに転身。DORO名義のファースト・アルバム"FORCE MAJEURE"(1989)はドイツのチャートで5位を記録する大ヒットとなり、彼女の「メタル・クイーン」としての地位を確固たるものにした。

ただ、その後90年代はポップ路線を強めていたが、2000年代に入りメジャーからメタル・インディーの『SPV/Steamhammer 』に移籍したのを機にメタル路線に復帰、2009年には、ドイツが誇る世界最大のメタル・フェスティヴァル『WACKEN OPEN AIR』の20周年記念ソング“Wacken Anthem(We Are The Metalheads)"を手掛けるなど、女性メタル・ミュージシャンの代表として、ある種メタル・シーンの象徴ともいえる存在となっている。

この、8月にリリースされる二枚組(というか2枚同時リリースのセット販売?)のニュー・アルバム、"FOREVER WARRIOR / FOREVER UNITED"からのリード・トラックとなる"All For Metal"は、その名の通りメタル愛を力強く表明するアンセム・チューン。

実はこういう曲って必ずしも日本人好みではなかったりする気がしますが、ライブで盛り上がることは間違いないでしょうし、曲名に「Metal」というワードが入っている曲はそれだけで特別な思い入れを持ってしまうのがメタラーというもの(笑)。

ミレ・ペトロッツァ(KREATOR)やチャック・ビリー(TESTAMENT)、ヨハン・ペッグ(AMON AMARTH)、ロックン・ロルフ(RUNNING WILD)、ジェフ・ウォータース(ANNIHILATOR)やSABATONのメンバーなど、錚々たるゲストが参加(映像にも)しているあたりにも、この曲がメタル・アンセムとして作られたということが強く裏付けられている。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント