亡きミーカを偲んでSENTENCEDのアルバムをレビューしてみた

SENTENCEDのギタリストだったミーカ・テンクラの訃報を聞いて以来、先週はSENTNECEDのアルバムばかり聴いていました。

先週がまた、雨ばかり(時に雪も)のなんともSENTENCED日和な冬空で、私が音楽を聴く一番多いシチュエーションである通勤および営業の移動中がとってもメランコリックでした(笑)。

そんなわけでレビューも書いてしまいました(こちら)。

あまりレビュー本文では触れませんでしたが、ミーカのギター・ソロにはなかなか印象的なものが多いことを再確認(あるいは発見)しましたね。

ついでに、ヴィレ・レイヒアラの声がMr.ローディ(LORDI)に似ていることも発見(?)してしまいました。

しかし、何かこういうきっかけがないと旧譜のレビューがなかなか書けないな…(苦笑)。
書こうと思って書けてないバンド多数。
といって次々ミュージシャンに死なれても困るのですが(笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント