FC2ブログ

HMVのメタル担当者のTwitterが(ある意味)すごい

私がやっているTwitterアカウントというのは、基本的にメタルの情報発信をしているアカウントを複数フォローして、自分が気になった、引っ掛かった情報をリツイートする、という運用をしています。

そんな私がリツイートする頻度が高い2大アカウントは、謎のカルチャー情報サイトamassのものと、HMVのメタル担当者のアカウントです。

海外のメタル・ニュースを素早く日本語に訳して紹介してくれるamassが一番役立つ情報源であるとは思うのですが、個人的に最近すごいと思っているのは実はHMVのメタル担当者のアカウントだったりします。

というのも、いわばビジネス用のアカウントであるにもかかわらず、商売っ気よりもメタル愛をはるかに強く感じるからです。

普通、CDショップのSNSアカウントの役目というのは基本的にリリース情報と入荷情報を発信することだと思います。それだけに徹しているかどうかはともかく、ディスクユニオンやタワーレコードのアカウントなどはまずそこを押さえています。

もちろんHMVのアカウントもそれはやっているのですが、まったく網羅的ではなく、むしろ「こんなマニアックなもの紹介していったい何枚売れんの?」というものをプッシュしているのが目立ちます。

今日び、5000枚売れたらかなりのヒットとされるHR/HMの界隈で、マニアックなタイトルの売り上げ枚数なんて確実に3桁だと思います。しかもHMVのチャネルを通して売れる枚数なんて下手したら2桁台前半でしょう。1枚平均2500円で売っているとして、CDショップの取り分が3割くらいとしたら、儲けの金額なんて知れたもの。

それでも手間暇かけてプッシュする。これはもう愛としか言いようがないですね。もちろん全てのアーティストをプッシュしているわけではないので、プッシュされなかったバンドにとっては愛が足りてないのかもしれませんが(笑)。

もし私がこの方の上司だったとしたら、こういう趣味的な仕事の仕方は生産性が低いのでやめろと言うでしょうし、アカウントを見るとかなり早い時間から遅い時間まで働いていらっしゃるようですが、このアカウントに費やしている時間は業務時間とはみなさないので残業時間から引いておくぞ、と器の小さいことを言わざるを得ないと思います。しかし、いちメタル・ファンとしては、各CDショップ横並びで同じような新作リリース情報を発信されるよりも読んでいて面白い。

このカテゴリーにおける実売枚数としてはバカにできないであろう『BURRN!』誌がプッシュしているような嬢メタル・バンドとか、ましてやBABYMETALなんてガン無視ですからね(笑)。それで日本盤もリリースされないようなエクストリーム・メタル・バンドのアルバムや、曲がりなりにも25年くらいメタル・ファンをやっているにもかかわらず名前すら聞いたことがないようなNWOBHMバンドの再発音源の紹介に力を入れるという偏りっぷり。

これとか。


これとか。


しまいには自社のプライスを高いとか言っちゃったり(笑)。



現在HMVを経営する株式会社ローソンエンタテインメントの社長がこのアカウントの運用状況を知ったら、「お前の給料BABYMETALの売上から出とるんやぞ。仕事ナメとんか」(なぜか関西弁)と怒られてしまうのではないか、と心配ですが、そんな社内の重圧(?)に負けず頑張ってほしいです。

そして、このアカウントがほぼ毎日のようにやっている「本日X月Y日はZZ年前に(バンド名)の(アルバム名)がリリースされた日です」みたいなツイートは、そのアルバムを「久しぶりに聴いてみるか」と思わせる、なかなか良い企画だと思います。



こんな小ネタも勉強になります。


紹介したアルバムが果たして実際にHMVで買われるのか、というとやや疑問ですが、自分が若い頃に好きだったアルバムを聴いて再びメタル愛が再燃し、「久しぶりにメタルのCD買うか」という気分になるかもしれませんからね。短期的な成果を狙う販促施策としてはやや迂遠ではありますが、中期的な視座におけるマーケティング施策としては意外と侮れないのではないかと。

惜しむらくは、これだけ熱を入れて運用しているにもかかわらず、競合であるタワーレコードのHR/HMアカウントはおろか、ほぼ東京にしかないディスクユニオンのHR/HMアカウントにさえフォロワー数で後れを取っていること(2018年8月11日現在)。後者なんて最近はビールとかグッズの情報ばかりなのに…(苦笑)。

まあ、このマニアックな運用だとフォロワー数を追求するのは難しいとは思いますが、なかなか面白いアカウントだと思いますので、もしTwitterのアカウントを持っていて、まだフォローしていないという人はフォローしてみてはいかがでしょうか。

ぶっちゃけ私とはメタルに関する趣味のベクトルはかなり違う気がしますが、だからこそ発見があったりします。以下、最近「発見」させてもらったバンドのMVをいくつか貼っておきます。

◆THE CRUEL INTENTIONS

いわゆる北欧スリージー・ロケンロー系だが、なかなかフックがある。ソロをはじめ、ギター・ワークに北欧のDNAが感じられるのがいい。Voの声はアクが強いが、聴いているとクセになる。これは日本盤が出ていいレベル。

◆VODUN

これはメタルというよりヘヴィ・ロックと呼ばれる音かもしれませんが、途中にスラッシュ・メタル的なパートがあったり、意外とメタルの影響は明確に感じる。いずれにせよ、メタルとしてもヘヴィ・ロックとしても圧倒的な個性(女性シンガーの風貌も…)。これはマジで新しくて、インパクトは近年でNo.1。ちなみにアフリカのバンドではなくイギリスのバンドです(笑)。

◆TRAGEDY OF MINE

ドイツのメロディック・デス/メタルコア・バンド。マイナー・レーベルからのデビュー作とは思えないほどにMVのクオリティが高い。サウンドもまだ個性は薄いものの、新人離れした完成度。

こういう趣旨のエントリーなので、いつものようにAmazonへのリンクを貼るのは自粛しておきます(笑)。


しかしどうやってこんなマイナーなバンド発掘しているんでしょうねえ。マジで取り扱うメタル系のCD全部チェックしてるんでしょうか。そんなことしてたら時間がいくらあっても足りないと思いますが…。

なお、私もかつてはゴールドメンバーズカード会員だったのですが、今ではしがないPontaカード保有者です。
hmv_gold.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そのアカ見てると明らかに非公式アップのYouTube動画にリンクが貼ってあるのですが、
問題ないのでしょうか?
私はなるべく非公式アップにはアクセスしないようにしてるのですが、、、

>Loki Holstさん

問題があるかないかで言うとグレーとしか言いようがないですね。著作権侵害は親告罪ですから、著作権者本人が告発するまでは犯罪ではありません。

あと、私は自分でYouTubeに動画をアップしたことがないので詳しくは知りませんが、最近はアップロードの時点でAIがその動画コンテンツの著作権者を特定できるので、著作権者が非公式アップロードをNGにしているものはブロックされ、広告収入を受け取ることを条件に許可しているものは(広告収入をアップロードした人ではなく著作権者が受け取ることに同意すれば)おおっぴらにアップロードできると聞いたことがあります。

まあ、非公式アップロード自体を違法だと勘違いしている人や、それにリンクすることも悪だと思っている人がいることは事実ですし、そういう人に騒がれたら例え法律上はシロでも対応自体が面倒くさい、という意味でこういう企業の公式アカウントでやるのはリスクがあることは間違いありません。

とりあえず私がこのアカウント担当者の上司であればやめろと言うでしょうね(笑)。

いつも貴重な情報ありがとうございます。
このツィッターは助かりますね。OutloudやWolfheartの新譜が出るのかと楽しみが増えました。
早速、フォローというかブックマークしました。

>大介山さん

ブックマークということは、Twitterはやられていないということですね(笑)。

OUTLOUDやWOLFHEARTクラスのバンドの新譜を楽しみにするレベルの方であれば、チェックしておいて損はないと思います。

No title

HMVといえば、横浜に住んでいた頃(90年代)、横浜VIVRE店に毎週のように行ってました。
HR/HMコーナーが充実していたんですよね。
店員さん手書きのおすすめポップ(←すごく熱い)を読んで視聴して買ったCDも数枚あります。
まさかそのポップを書いていた人が担当さんではないと思いますが、懐かしく思い出しました。
ところでEvokenまで3週間切りましたね。
台風とそちらの暑さが心配ですう。

>なな吉さん

店頭での展開はバイトも含めた店員の情熱次第ですからね。
私もCDショップでバイトしていた時はコメントとかを書きまくりました(笑)。

Evoken Festの時期にはさすがに今ほど暑くないと思いたいですが、遠方からいらっしゃる方にとっては台風は気になるところですね。

ジェフが参加していたPanther初CD化なんですね。HMVのツイートで初めて知りました。よくこんな情報見つけてくるなぁといつも感心してます。

Castle Of Paganでジェフ以外低レベルだと書かれていたバンドだな程度の印象しか無いので内容はあまり期待しないで(汗)、発売したらとりあえずコレクション用に買ってみようかと思いました(笑)。

>YTさん

かつてCDショップでバイトしていた身なのでわかりますが、CDショップには膨大なリリース情報が集まってくるのです。

とはいえマイナー・タイトルの資料(私がバイトしていた頃はほぼ紙とFAXでしたが、今はオンラインでしょう)は無視されがちなのが大半の店舗の実態かと思いますが、このご担当者はひとつひとつチェックされているのでしょう。

PANTHERをコレクションに加えようとはコアですね(笑)。ジェフマニアですか?

若い頃のKohさんは手厳しいので一言で切り捨ててましたが(笑)、そんなに悪くないですよ。際立った何かがあるかというと微妙ですが、普通に聴けるレベルの80年代HMです。