FC2ブログ

GIOELI-CASTRONOVO / SET THE WORLD ON FIRE

gioeli_castronovo01.jpg

HARDLINEやAXEL RUDI PELLのヴォーカリストとして知られるジョニー・ジョエリと、かつてBAD ENGLISHやJOURNEYでプレイし、現在は先日来日したばかりのTHE DEAD DAISIESやREVOLUTION SAINTSで活躍するドラマーにして優れたヴォーカリストでもあるディーン・カストロノヴォによるプロジェクトのデビュー・アルバム。

ALLEN-LANDE、KISKE-SOMERVILLE、KIMBALL-JAMISON、LIONE-CONTIといった、これまで数多く送り出されてきた「ヴォーカリスト・デュオ企画」同様、『Frontiers Music』からのリリースである。まあ、現在HARDLINEもREVOLUTION SAINTSも同レーベル所属なので、それは当然といえば当然か。

二人の接点はかつて1992年にリリースされたHARDLINEのデビュー・アルバムでディーン・カストロノヴォがドラムをプレイしていたというほぼその一点。

なんかもっと話題性のありそうな組み合わせも作れそうなのに、そういうマニアしかわからない接点を突いてくるあたり、やはりマニア向けの商売ということなのか、『Frontiers Music』のオーナーであるセラフィノ・ペルジーノ氏が純粋にこの組み合わせにメロディアス・ハードを歌わせたい、と思ったのかもしれない。

ちなみに2人のバックは、ドラムはディーン・カストロノヴォ自身がプレイしているのは当然として(?)、他パートは『Frontiers Music』のお膝元であるイタリアの敏腕ミュージシャンが迎えられている(本作のプロデューサーでもあるKeyのアレッサンド・デル・ヴェッキオを除くと、日本ではほぼ無名な人たちだが)。

先行して公開されていた#2 “Through”、および#1 "Set The World On Fire"の出来が素晴らしかったので期待していたが、その期待にバッチリ応える高品質のメロディアス・ハード・ロック作品に仕上がっている。

ディーン・カストロノヴォというと、往年のロック・ファンにはBAD ENGLISHやJOURNEYなどのドラマーという印象が強いわけだが、そこに生まれる期待にもバッチリ応えるであろう、極上の産業ロック・アルバムである。

力強さと叙情性、アメリカンな要素とヨーロピアンな要素が絶妙にブレンドされた楽曲群は、天才アレッサンド・デル・ヴェッキオを中心に、『Frontiers Music』お抱えのミュージシャン/ソングライターたちによって作られており、その仕上がりは職人の技と呼ぶほかない完成度の高さ。アップテンポからバラードまで、当然ながら捨て曲はない。

腕利きとはいえ無名のミュージシャン中心の演奏陣、12曲収録とはいえ、うち2曲はカヴァー(#6 “Need You Now”はアメリカの大人気カントリー・グループ、LADY ANTEBELLUMによる2009年の全米大ヒット曲、#12”Let Me Out”はオーストラリアの人気ポップ・ロック・デュオ、THE VERONICASがオリジナル)、そして全く購買意欲を刺激しない、オッサン二人がそのまま映った地味なアルバム・ジャケット(苦笑)と、微妙に「力が入っていない商品」っぽさもあるのだが、そのカヴァー曲(特に前者)も素晴らしかったりするし、音楽のクオリティはこのレーベルの平均点を軽くクリアしている。

これは産業ロック系メロディアス・ハード(要するにJOURNEYの音)のファンであれば必聴です。今年リリースされたメロハー系のアルバムでは個人的に一番ツボかも。まあ、今年はこの後いくつか期待できるメロハー系のアルバムが控えていますが…。【87点】





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

このメンツの期待に応える出来ですね。
ジョニーとディーンの歌唱はどちらも熱唱型だと思いますが、声質が異なるのでどちらが歌っているのかハッキリ分かるのも良い感じです。

カヴァー2曲は意外な選曲に感じましたが、他の曲とも違和感なく溶け込んでいるのを聴いてこのアルバムと似ているわけではありませんが、Los Angelesがリンジー・ローハンの「Confessions Of A Broken Heart」を演っていたのを何故か思い出しましたね。あの曲もミケーレの声がバッチリハマった好カヴァーだと思います。

作品としては文句無しの出来なのですが、音量が小さ過ぎるのがちょっと気になりますかね(笑)。Sunstormの新作もアレッサンドロがプロデューサーでしたが、コレも今までのアルバムと比べて小さかったですし。今まで彼が関わった作品でこのような事はあまり無かったので、ここは改善して欲しいです。

あと次作があるならジャケットももう少し凝ったものにして欲しいです(笑)。

やはりディーン・カストロノヴォは素晴らしい。ドラマーで名が知れていてかつ歌がここまで上手いのは他にQueenのロジャー・テイラー位しか知りません(笑)

ジャーニーのいつぞやのアルバムでディーンがメインボーカルを取っていた曲を聴いて、なんだこの人をメインボーカルにしないんだろう?と思った記憶が蘇りました(笑)

>YTさん

この二人の歌唱力に対する期待、そして先行公開されたMVの期待、どちらにも応えた優れた作品だと思います。

音量については聴き手側である程度コントロールできることなので、次作の課題はやはりジャケットのアートワークですね(苦笑)。

>ごえたさん

世のドラマーがみんなディーンのように歌えたら、ヴォーカリストは立場がありませんね(笑)。

私もJOURNEYのステージでディーンが歌うのを見た瞬間には「嘘でしょ?」と思いましたよ(笑)。