FC2ブログ

ココロ惹かれる80年代洋楽サウンドの決定盤

「80年代風」というワードは、特に『BURRN!』誌に掲載されるタイプのHR/HMを語る際にはよく使用されるものである。

へヴィ・メタルという音楽自体、基本的には80年代に成立したジャンルなので、同誌が使う際には基本的に「古き良き時代」というニュアンスで使われることが多い。

ただ、実際に「80年代風な音」と言われた時にイメージする音というのは、人によって微妙に異なるのではないかと思われる。

冷静に考えれば、IRON MAIDENだって、BON JOVIだって、SLAYERだって80年代に登場・活躍したバンドなのである。さすがにSLAYERの音を「80年代っぽい」と形容する人は見たことがないものの、「80年代っぽい」と言われてイメージする音が人によって異なっていたとしても無理はない。

とはいえ、実際には(少なくとも80年代に物心がついていた以上の世代の人間は)「ポップでキャッチーなメロディ」とか、「デジタル・シンセサイザーの音色」「エコーの効いたゴージャスなサウンド」といった要素をして「80年代っぽい」と感覚的に判断していると思うし、そういう意味では上記に挙げたバンドで該当するのはBON JOVIだけだと言えるだろう(一部IRON MAIDENも該当するが)。

私自身がHR/HMを聴き始めたのは90年代に入ってからなので、80年代を原体験しているとは言えないのだが、80年代の前半には物心がついていたので、テレビや街角で流れている音楽を通して「80年代の音楽」に触れていたし、自分の音楽的な嗜好のベースを作ったのはこの時期の音楽だと感じている。

というか、80年代というのは私の小学校時代とほぼ重なっており、その時期は私にとって日々起こる何もかもが新鮮で、中学校や高校時代のような受験のプレッシャーもなく、イノセントに毎日が楽しかった記憶の時代だったりします(かなり美化されていますが)。

そして当時の日本はいわゆるバブル景気の時期で、(今思い返すと)世の中に活気があったし、両親の仕事や健康にも何の問題もない、「全てが上手くいっている。これからもきっと上手くいく」と思える幸福な時代でした。

実際にはそれは色々な意味で錯覚だったわけですが、そういう客観的な事実とは関係なく、私にとって「80年代のサウンド」というのは、「楽しかった時代の幸福な感覚」、いわばポルトガル語でいう「サウダージ」(温かい家庭や両親に守られ、無邪気に楽しい日々を過ごせた過去の自分への郷愁や、大人に成長した事でもう得られない懐かしい感情を意味する言葉―Wikipediaより)を呼び起こすものなのです。

と、私以外の人には心底どうでもいい80年代サウンドへの思い入れを語ってきたわけですが、そんな「80年代サウンド」を理解する上では、HR/HMだけを聴いていると、本質が見えてこない部分があります。

まあ別に本質などわかっていなくても何ひとつ困らないのですが、私のように「80年代サウンド」に惹かれる人間にとっては、当時流行っていたポップ・ミュージックの全てに「ときめきのエッセンス」が感じられるわけです。

80年代タイプのHR/HMを中心に扱っている当サイト/ブログの読者であれば、私と同じニュアンスではないにせよ、同じように80年代のポップ・ミュージックにも思い入れのある方も多いのではないかと思っているのですが、そんな方に最高のコンピレーション・アルバムが本日発売になりました。

まるで通販番組みたいな流れですが(笑)、私は別にレコード会社からお金をもらっているわけではなく(Amazonへのアフィリエイトリンクは貼っていますが)、純粋にその選曲に感激したのでこうしてわざわざ長文を書こうと思ったのです。

そのコンピレーション・アルバムのタイトルは「ナンバーワン80s PERFECTヒッツ」。

SICP5807_9.jpg

3枚組で、それぞれ「全米・全英でNo.1を獲得した大ヒット曲」「日本で大ヒットした洋楽曲」「その時代の映画主題歌として広く知られた曲」というテーマで分類されてまとめられており、この編集が素晴らしい。

海外ではそれほどでもなくても、日本では大ヒットという「BIG IN JAPAN」現象はこの頃から(いや、ベンチャーズの昔からですが)明確に存在したので、この整理の仕方こそが、当時日本にいた洋楽ファンにとって「流行った曲」を網羅できるベストな方法なのではないでしょうか。

以下、楽曲リストをそのままソニーミュージックの公式サイトから転載したもの。

▼DISC1:GLOBAL HITS<全米&全英両シングル・チャート1位獲得曲>
01. ビリー・ジーン|マイケル・ジャクソン         
02. ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ|ワム!  
03. ギヴ・ユー・アップ|リック・アストリー         
04. へヴン・オン・アース|べリンダ・カーライル
05. カーマは気まぐれ|カルチャー・クラブ         
06. すてきなSomebody|ホイットニー・ヒューストン
07. ザ・リフレックス|デュラン・デュラン         
08. アイ・オブ・ザ・タイガー|サバイバー         
09. ハロー(出逢いの扉)|ライオネル・リッチー  
10. 愛の残り火 |ヒューマン・リーグ         
11. コール・ミー|ブロンディ                
12. アイ・ウォナ・ノウ|フォリナー         
13. レッド・レッド・ワイン|UB40         
14. ダウン・アンダー|メン・アット・ワーク         
15. カモン・アイリーン|ディキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
16. 愛のかげり|ボニー・タイラー         
17. ロック・ミー・アマデウス|ファルコ         
18. ふたりの世界|ティファニー          
19. 胸いっぱいの愛|バングルス     
    

▼DISC2:JAPAN HITS<オリコン・シングル・チャート(洋楽部門)1位獲得曲)>
01. ダンシング・シスター|ノーランズ
02. 君の瞳に恋してる|ボーイズ・タウン・ギャング
03. BAD|マイケル・ジャクソン
04. ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン|シンディ・ローパー
05. アイ・ライク・ショパン|ガゼボ
06. オーバーナイト・サクセス|テリー・デサリオ
07. ギヴ・ミー・アップ|マイケル・フォーチュナティ
08. サイキック・マジック|G.I.オレンジ
09. ファイナル・カウントダウン|ヨーロッパ
10. 愛は吐息のように~トップガン・愛のテーマ|ベルリン
11. ラッキー・ラヴ|カイリー・ミノーグ
12. エリー・マイ・ラヴ~いとしのエリー|レイ・チャールズ 
13. ロックバルーンは99|ネーナ
14. ダンシング・ヒーロー(素敵なハイエナジー・ボーイ)|アンジー・ゴールド
15. カサブランカ|バーティ・ヒギンス
16. ステイ・ウィズ・ミー|エイス・ワンダー
17. トイ・ボーイ |シニータ
18. ニューヨーク・シティ・セレナーデ|クリストファー・クロス


▼DISC3:MOVIE HITS<80年代大ヒット映画の主題歌>
01. デンジャー・ゾーン|ケニー・ロギンス
02. ネバーエンディング・ストーリーのテーマ|リマール
03. グーニーズはグッド・イナフ|シンディ・ローパー
04. 愛はとまらない|スターシップ
05. 愛と青春の旅だち|ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
06. ココモ|ビーチ・ボーイズ
07. セント・エルモス・ファイアー(マン・イン・モーション)|ジョン・パー
08. ゴーストバスターズ|レイ・パーカー,Jr.
09. フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング|アイリーン・キャラ
10. ステイ・ウィズ・ミー|ピーター・セテラ
11. タイム・オブ・マイ・ライフ|ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
12. スタンド・バイ・ミー|ベン・E.キング
13. べスト・キッド~ザ・モーメント・オブ・トゥルース|サバイバー
14. ポリス・ストーリーのテーマ|ジャッキー・チェン
15. コブラのテーマ~アメリカズ・サンズ|ジョン・キャファティー&ザ・ビーバー・ブラウン・バンド
16. ラ・バンバ|ロス・ロボス
17. フットルース~メイン・テーマ|ケニー・ロギンス
18. イン・ディス・カントリー~明日への勝利|ロビン・ザンダー
19. バーニング・ハート|サバイバー
20. ランボー 誓いのテーマ|ビル・メドレー


わかる人にはわかると思いますが、これは強力なラインナップですよ。今まで数多くの80’Sオムニバスを購入してきた私にしてみれば、最初からこれを出してくれ、と言いたくなるまさに決定盤。

まあ、よく見てみるとマドンナ、プリンス、ボン・ジョヴィ、U2という、入っていてもおかしくない、というか入っているべきビッグ・ネームの曲が欠けているのですが、個人的な思い入れを抜きにして、客観的には入っているべき楽曲はかなり網羅的に押さえられているのではないかと思います。

いや、ポリスの「見つめていたい」は外して欲しくなかったかな…。まあいい。

HR/HM系の音楽は多くありませんが(というか明確に該当するのはEUROPEのアレくらいで、フォリナーとかサバイバーなんてのは『BURRN!』に載ってこそいたもののHR/HMとは言い難いですね)、「80年代」というワードに心ときめく方はぜひ。

でも実際の所どうなんですかね。私はある意味後追いなのでこうして素直に「良いなあ」と思えるわけですが、本当にリアルタイムに80年代からメタルにどっぷりだった、という人にとっては「ケッ、こちとらこんな軟弱な音楽聴いてらんねーからメタル聴いてたんだよ!」って感覚なのでしょうか。

でも、そんな人も今聴いたら素直に懐かしいと思えたりするのではないでしょうか。

※本コンピレーション収録曲の中でも、特に個人的に「80年代っぽい」と感じる2曲






そして私の青春というのは90年代なので、実際にはこちらの『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の選曲が思い出に直結だったりします。HR/HM冬の時代だったのでメタル色はほぼ皆無、リアルタイムではくだらないと思っていた曲もありますが(笑)、そういう思いも含めて思い出がいっぱい(それは80年代か)。

▼DISC1
01. ヴァーチャル・インサニティ/ジャミロクワイ
02. ブラック・オア・ホワイト/マイケル・ジャクソン
03. トゥ・ラヴ・ユー・モア/セリーヌ・ディオン with クライズラー&カンパニー
04. リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ/リッキー・マーティン
05. 恋のマカレナ/ロス・デル・リオ
06. クレイジー/メイヤ
07. ラヴフール/カーディガンズ
08. ベイビー・アイ・ラヴ・ユア・ウェイ/ビッグ・マウンテン
09. トゥモロウ・トゥデイ/ギルバート・オサリバン
10. Uキャント・タッチ・ジス/M.C.ハマー
11. ライフ/デズリー
12. グッディ・グッディ/リセット・メレンデス
13. ソング・フォー・ザ・ダンプト/ベン・フォールズ・ファイヴ
14. スタンド・バイ・ミー/オアシス
15. イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー/ダイアナ・ロス
16. 男が女を愛する時/マイケル・ボルトン
17. ラスト・クリスマス(シングル・ヴァージョン)/ワム!
18. あなたにいてほしい/スウィング・アウト・シスター

▼DISC2
01. シャイ・ガイ/ダイアナ・キング
02. キラメキ☆MMM BOP/ハンソン
03. アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ/バックストリート・ボーイズ
04. ザ・サイン/エイス・オブ・ベイス
05. アンチェインド・メロディー/ライチャス・ブラザース
06. スキャットマン/スキャットマン・ジョン
07. ドゥビ・ドゥビ/ミー&マイ
08. ワイルド・ワールド/MR.BIG
09. バック・フォー・グッド/テイク・ザット
10. 好きにならずにいられない/UB40
11. ゲームス/インナー・サークル
12. ノー・スクラブス/TLC
13. とどかぬ想い/ビリー・ヒューズ
14. ドランク・オン・ラヴ/バーシア
15. キャンドル・イン・ザ・ウインド(風の中の火のように)/エルトン・ジョン
16. アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ/ジミー・クリフ
17. ホール・ニュー・ワールド/ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル
18. オールウェイズ・ラヴ・ユー/ホイットニー・ヒューストン



2000年代、就職してからはHR/HM以外の音楽をフォローする時間的な余裕がなくなったのと、たぶん私の感性自体も衰えたので、80年代・90年代の音楽ほどに思い入れがあるものは少なくなったというのが、残念ながら正直な所ではあります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。いつもブログ楽しく拝見しています。まさしくベストヒットUSAや全米TOP40をリアルタイムで見聞きしていた世代としては1曲、1曲がこれを聞いていた時は…。と思い出がよみがえります。今、TVKテレビで俺たちの勲章が放送されていて、さすがに自分も小学生で再放送を見ていた世代ですが当時のロケ風景が懐かしく思いながら観ています。(そこらじゅうでタバコは吸うわ平気で拳銃ドンパチしてますwww)
ではまた

心ときめきました

マ・・マイケル・フォーチュナティ・・何年ぶりにその名を見たでしょう。涙
80年代はほぼ20代(いかにオバハンかバレバレ)と自分が一番若くて元気だった頃なので思い出が半端ないです。
すごいナイスな選曲で欲しくなっちゃいました。
のちにHR/HMにハマっていくことになるのですが、この頃の洋楽ほんと良かったですなあ。

80年代

こんばんは!
自分は70年生まれのリアル80年代世代です。当時はベストヒットUSAが教科書でした。故に、メタルとかポップとかジャンルを意識することなく、RATTとDURAN DURANを同列に聴いてました。自分の周りでも大半はそんな感じでしたね。
そんな中から、自然に好きな音楽のフィールド(HR/HM)に導かれていった気がします。
今でも、メタルに拘らず、当時の音楽には心を揺さぶられます。

因みに、スターシップの「愛はとまらない」=「Nothing Gonna Stop Us Now」なので、ちゃんとこのコンピに収録されてますよ。
ダイアン•ウォーレンの産んだ傑作のひとつですね。

うちの親父が喜びそうな選曲(笑)。
親父が1960年生まれなので世代的にもドンピシャなんですよね。でも自分も洋楽のポップスは80年代の曲が一番気に入ったものが多いですね。それ以降だとむしろ、邦楽の方が好きな曲は多いと思います。

しかしアルバムではなくシングルで全米/全英の一位の曲ってこう見ると結構限られてきますね。U2が入ってないのは残念だなぁと自分も思いましたが、80年代に出したシングルで全米/全英で一位になった曲って無いんですね「The Joshua Tree」からはあったと思ったので、意外でした。DISC2と3を見るとこちらにも入りそうに無いので、外れたのは仕方無いですかね....

Starshipはこの曲か(DISC3の4曲目ですね)「Sara」のどちらかは収録されるだろうと思いましたが調べたら全英だと全然だったんですね。これも意外でした。

>しんさん

ベストヒットUSA世代の方であれば知っている曲ばかりのコンピレーションでしょうね。

私は『ベストヒットUSA』のオリジナル(現在BS朝日でやっているものではなく、80年代に放送していたもの)は観たことがないのですが、小林克也さんとは仕事でお会いしたことがあります(笑)。

今はこういう洋楽番組だと全然数字は取れないでしょうねえ…。

>なな吉さん

心ときめく選曲ですよね。私もこの文章を書いてから(曲自体は全て持っているのに)思わずポチってしまいました(笑)。

「Give Me Up」は21世紀に入ってからも結構邦楽アーティストにカバーされていたのでちょいちょいマイケル・フォーチュナティの名前も出ていましたが、なな吉さんのアンテナには引っ掛からなかったようですね。

しかし日本が一番イケイケだった時代に20代女性をやっていたということは、相当に楽しい思いをされたことでしょうね(笑)。

>hide2gooさん

Oh! 完全に見落としていました。まさか映画主題歌枠で入っているとは。

ビデオクリップが映画『マネキン』である時点で察するべきでしたね。ご指摘ありがとうございます。ちょっと違う形に修正しました。

ダイアン・ウォーレンとデヴィッド・フォスターは本当に天才だと思いますね。普通の作曲家が一生に一度書けるかどうかの名曲を量産してますからね。

V系ミュージシャンのインタビューなどを読んでも「MOTLEY CRUEもTHE CUREも聴いていた」みたいな発言をよく目にしたので、そういう人も多かったのでしょうね。

一方で、当時からVENOMとかSLAYERとかに入れ込んでいた人というのは、やはりマイケルやマドンナはもちろんボン・ジョヴィでさえ忌避していたのではないかと勝手に想像しているのですが…。

>YTさん

80年代の洋楽というのが、日本人の歌謡曲志向に一番ハマっていたのだと思います。実際、日本で洋楽人気が一番高かったのは80年代なので。

U2については私も意外でした。「With Or Without You」なんて絶対全英1位獲っていると思っていたんですが。

STARSHIPについては上記hide2gooさんにもご指摘いただいた通り、ちゃんと入っていました(笑)。

「Sara」も名曲ですよね。AORファンであれば絶対に聴いておきたい曲です。

70年代前半生まれなのでリアルタイムで80年台の洋楽を聞いていましたが、まさにこれ!というコンピレーション。思わず買いたくなりました。

ヒット曲の中にメタルへの足がかりに曲が含まれていたので、そこから徐々にメタル(とプログレ)にシフトして行きました。

>さまよえるメタラーさん

70年代後半生まれの私には80年代の洋楽はちょっと早すぎましたが、前半生まれの方はドンピシャでしょうね。

BABYMETALを筆頭に、今でもヒットする音楽の中にメタルへの足掛かりはあると思うのですが、「それそのもの」という存在がないせいか、なかなか広がっていきませんねえ…。

adoreさんと同世代の私も80年代の洋楽には特別な思い入れがあるため、こうしてコメントを書かずにはいられなくなりました。小学生の頃から映画好きだった自分にとっては、Disc3に思わず食指が動いてしまいます。勿論このようなコンピレーション盤は既に何枚も持っていますが、ジャッキー・チェンの『ポリス・ストーリーのテーマ』が収録されているものは珍しいのではないでしょうか?。

私にとってこれぞ80年代!という1曲は、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの『The Power Of Love』(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の挿入歌)ですが、この曲は収録されていないようですね。今でもCMに使われたりしているのは名曲たる所以でしょう。とにかく選曲に難を言えばきりがありませんが、それでも素直に魅力的な企画盤だと思います。

>hermitさん

同好の士ですね(笑)。

たしかにジャッキー・チェンの『ポリス・ストーリーのテーマ』がこの手のオムニバスに収録されることは珍しいですね。

むしろヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの『The Power Of Love』の方がよく収録されていますね。

いずれにせよ、これまで見てきた80年代コンピの中で最も充実していると思える選曲であることは間違いないと思っています。

アニソンの中にもメタルの要素が含まれている曲が多数ありますが、ファンの人はメタルには興味がないことを思い出しました。確かに「それそのもの」は近くにありませんね。

>さまよえるメタラーさん

おそらく、アニソンのメタル的要素を好んでいる人の中には、それがメタルであることを認識していない人も多いのではないでしょうか。

むしろ若い人の間ではデス・メタルなどのエクストリームな音楽が「メタル」として認識されていると思います。

選曲が・・・。

80年代POPS大好き人間には、こういうコンピCDが発売と聞くと、選曲が気になります。DISCごとにテーマがあるのは、今までにない感じです。特に目新しいDISC3は良い感じだと思います。ただ、個人的な意見を言いますと、今までこういうCDを集めているので、選曲がほぼ重複しており、新鮮味がないな~と。そりゃヒット曲を集めれば重複するのが当たり前なのですが、ビルボードを毎週かじりついていた人間にとって、1位じゃなくてもよい曲はたくさんあるよ!って思ってしまいます。売上を上げないといけないからこの方法は仕方ないのは重々承知していますが・・・。
私もこのあと86年くらいからメタルへ移行しました(笑)定番の順序でしょうか?

No title

自分は89年生まれなので、ほぼ80年代とは無関係な世代ですが、80sのヒットソングは大好物なのでコンピアルバムは何種類も買いました。お気に入りは「ベストヒット80’s(ワーナー)」と「グレイテスト80’s(Sony)」ですね。両方とも曲かぶりが少なく、ジャケまで含めてドンピシャでした。

このコンピはバランスで言ったらベストな感じですね。上のコメにもあるとおり「パワー・オブ・ラブ」がないのはちと残念ですが。バック・トゥ・ザ・フューチャーって80年代回顧するうえで最も幅広いゾーンにヒットする最強コンテンツだと思うので。あと、ザ・80sな音の代表、VAN HALENの「Jump」もほしいところ。

注目したいのは、映画主題歌にスタローン主演作が3つも入っていること。ロッキー、ランボーは当然としても、コブラの主題歌までとは。確かにコブラは80年代ドンパチアクションの傑作で主題歌もかっこいいですが、もっとほかに有名な主題歌があったんじゃないかと(笑) 選曲者はスタローンファンですかね。

>かじやんさん

私も80年代コンピは何枚も買ったので、iTunesに同じ曲が何曲も入っています(笑)。

そういう人にとってはこのCDをあらためて買う意味は薄いですが、これから聴いてみたい、という人にとっては現状存在するベスト・チョイスなのではないかと。

80年代リアルタイム組の方にとっては、最初は流行りのポップスを聴き、そこから自分の好きなジャンル(HR/HM)に特化していく、というのは結構多かったんでしょうね。

私は後追いなので洋楽はHR/HMから入り、その後他のジャンルに手を出していった感じですが…。

>Mark.Nさん

80年代という時代に全く思い出のない方でも80年代のポップ・ミュージックが大好物になったりするものなんですね。

おっしゃる通り、これまでに発表されてきた80年代オムニバスで1枚(3枚ですが/笑)選べと言われたらバランス的にこれでしょうね。

私もマイケル・ジャクソンでさえ2曲なのにSURVIVOR3曲は多くね? と思っていました(笑)。