FC2ブログ

GRAVE DIGGER "THE LIVING DEAD"は9月14日発売

ドイツのベテラン・メタル・バンド、GRAVE DIGGERのニュー・アルバム "THE LIVING DEAD"が9月14日に『Napalm Records』からリリースされます。

前作"HEALED BY METAL"はドイツのナショナル・チャートで過去最高となる15位を記録しましたが、日本ではもはや国内盤さえリリースされない模様です…。

MVが制作されたフォーク・メタル調の"Zombie Dance"なんて過去最高にポップな曲(DIGGER名義の時期を除く)だと思うんですけどね。B級ゾンビ映画みたいな(ていうかこれはマイケル・ジャクソンの『スリラー』のパロディでしょうか)MV映像自体も楽しいですし。



もちろんお得意のピュア・メタルもやってます。タイトルからしていかにもです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ついにいよいよ連休①

「Zombie Dance」最高です、この聴感はMAYRATH以来ですね。
ゾンビがダンスの後、生きた人間に喰いかかるあたりは「ウォーキング・デッド」の影でしょうか?笑

ハロウィン近いですしね。

いや~欧米の方ってほんとゾンビ好きですねえ。
まあ純日本人のうちの夫もゾンビ好きですけど。
そういや2週間前の新宿BLAZEで、真面目で気弱そうな30代メガネ男性がめっさデスなバンドT着ていたのを思い出しました。

>学生気分41さん

「Zombie Dance」、インパクトだけで言えば彼らの楽曲で最高かもしれませんね。

フォーク・メタル・バンドがやればそうでもないのかもしれませんが…。

『ウォーキング・デッド』というのは海外ドラマですよね? 私はあまり海外ドラマは観ていないのです…。

>なな吉さん

ゾンビ好きというのは世界中に一定数いる気がします。
私には理解できませんが(笑)。

そして現在でもメタルが好きという人はだいたい真面目そうな気がします(笑)。

No title

さてさて、楽しみです!
ここ最近では『Ballads of a Hangman』が快作でしたが、前作はそうでもなかったので今回は期待(笑)

WWE好きの僕と友人との間では、クリスは「小テイカー」と呼ばれ親しまれてます(笑)

たった一度の来日公演を見た自分としては、また来日して欲しいんですけどねぇ。
国内盤が出なくなった今では厳しいですかね。

>珍獣メガネコアラさん

『BALLADS OF A HANGMAN』となると約10年ぶりの傑作の期待がかかるわけですね(笑)。

私は格闘技にはあまり知識がないのですが、テイカーというのはジ・アンダーテイカーというレスラーのことでしょうか。

普通に考えたら日本盤が出ていないバンドの来日公演というのは難しいと思われますが、最近はEVPやAliveなど、チャレンジングな招聘をするプロモーターもいるので、バンドが小規模な公演を厭わなければチャンスがあるかもしれませんね。