FC2ブログ

WARKINGS "Gladiator"のMV

いや~、なんだか凄いのが出てきましたよ。

POWERWOLFの大成功以降、ノリに乗っている『Napalm Records』から11月16日にデビュー・アルバム"REBORN"をリリースする謎のエピック・パワー・メタル・バンド、WARKINGS。

もうこのジャケットを見た時点で買いですね(笑)。

warkings_reborn.jpg

そんな彼らのMV"Gladiator"が公開されています。



典型的な欧州型のエピック・パワー・メタルで、非常に私好みです。

メンバーは以下の4名。それぞれイメージ・ビデオ(?)まで作られてます。

"War Chant"(Vo):トリブーン(ローマ時代の部族長/軍団指揮官)
warkings_tribune.jpg




"Steelwing" (G):クルセイダー(十字軍)
warkings_crusader.jpg




"Battle Axe" (B):ヴァイキング
warkings_viking.jpg




"War Drum" (Dr):スパルタン(スパルタ兵)
warkings_spartan.jpg



まさにヨーロッパの最強戦士軍団。レーベルからの声明によると、北欧神話の主神にして戦争と死を司る神、オーディンの導きによって、真の戦いとヒロイズムの物語を伝え広めるために地上に使わされた英雄たちとのこと。

まあ、どう聴いてもヴォーカルはSERENITYのゲオルグ・ノイハウザーなんですけどね(笑)。
動画の終わりでSERENITYのプロモーションが入っているのがネタばらし早すぎでしょ(苦笑)。

他のメンバーもきっと仮面を外せば(あるいは本名を聞けば)知っている人たちなのでしょう。

今欧米ではGHOSTとかSABATONとかPOWERWOLFとか、「設定」ありきのメタル・バンドが受けているので、その流れに乗ろうとしているんでしょうね。聖飢魔IIは30年早かった。

個人的には平成最後の期待株ですね。アルバムが楽しみです。
日本盤、出てほしい。


なお、この曲のサビは欧米人の感覚ではパワー・レンジャー(日本の特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」のアメリカ版)のテーマ曲"Go Go Power Ranger"(1995)を思い出させるようです。


ちなみにこの曲のヴォーカルはエリック・マーティン(MR.BIG)。

個人的にはサビの終わり方とか、むしろHAMMERFALLの名曲"Hearts On Fire"を思い出しましたけどね。

しかしこれもメタル・ファンでなければ引いてしまうカッコよさのMVだわな(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Grave Digger「Heavy Metal Breakdown」にも似てますね!w

No title

すごい楽しみです
声がまんまSerenityのゲオルグで隠す気が一切ないのが微笑ましいw
欧州でこういうバンドがうけてるのを見ると
確かに聖飢魔Ⅱは世に出るのが早すぎたのかもしれませんね

>Loki Holstさん

ありがちなサビということですね(笑)。

>かつ丼さん

ゲオルグ・ノイハウザーはそういう意味では結構個性的なヴォーカルだったんだな、ということにあらためて気付きましたね(笑)。

聖飢魔IIは2010年代にデビューしていたらもっと国際的に認知されたかもしれませんね。

もっともバンド名と活動時期が矛盾をきたすことになりますが(笑)。