FC2ブログ

IMPELLITTERI "THE NATURE OF THE BEAST"が10月3日国内盤発売

光速ギタリスト、クリス・インペリテリ率いるIMPELLITTERIの、フル・アルバムとしては11枚目となる新作 "THE NATURE OF THE BEAST"の日本盤が10月3日(水)にビクターエンタテインメントからリリースされます。

クリス・インペリテリはよくイングヴェイ・マルムスティーンを引き合いに出して語られることが多いですが、実はIMPELLITTERIの音楽自体はイングヴェイがクリエイトするものよりメタリックで、US正統派メタルの本流を行くものだと思います。

先行公開されたMV、"Run For Your Life"のなんてQUEENSRYCHEの"Queen Of The Reich"っぽくて、まさにUS正統派という感じですね。

なお、日本盤のアートワークは、前作"VENOM"に引き続き、JUPITERのギタリストでもあるTERUが手掛けているそうです。

IMPELLITTERIの日本盤アートワークというのは元々90年代の昔から日本人が制作していることが多かったのですが(日本だけでリリースされ、海外では数年遅れ、みたいな状況だったので)、海外で出ているIMPELLITTERIのアルバムのアートワークって超B級な感じなんですよねえ…。誰のせいなんでしょう。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本当イングヴェイと比べる人はちゃんと両者を聴いた事あるのか?と思ってしまいますよね。
まるで似てないのに。

ジョンのおかげで幾分かエクストリームになりましたよね!
数年前からそうでしたが、エクストリーム畑の人物がメロディック系に関わったり
その逆もあったりと、メタル全体がボーダーレスになっていく感じがして
メタル・シーンを追ってくるが楽しいですよね!

No title

個人的には今回の海外盤のB級な雰囲気好きです(笑)。
最初に情報公開されたときは、日本盤出るのかな・・・?、とちょっと危惧してましたが杞憂で安心でした。
前作が「完全復活!」って感じの傑作だったので今回も多いに期待♪

今回は海外版のジャケの方が好きですね。どちらもPowerwolfのパチモンみたいですけど(笑)。

「Venom」は前々作のような後半テンションが下がることも無く、寧ろ「Screaming Symphony」以降の彼の作品の中では一番良いかもと感じ意外と楽しめたので今回も程々に楽しみにしています。

>Loki Holstさん

「速弾き」というだけでいっしょくたなんでしょうね。批判する奴はだいたいちゃんと聴いていないということですね。

ボーダーレス化は確実に進んでますね。同人とプロの垣根もなくなっていますし、海外のフェスでもオルタナティブ系のバンドとヘア・メタル系のバンドが普通に共存してますしね。

それがHR/HMにどう影響してくるかは確かに楽しみですね。

>チャンさん

今回の海外盤のB級感がイケるということは『CRUNCH』や『SYSTEM X』の海外盤アートワークもまんざらではない…?(笑)

前作はたしかに久々にアルバム通して楽しめる作品だったので、今回も期待したいですね。

>YTさん

海外盤ジャケ好評ですね(笑)。
まあ今回は国内盤ジャケもなかなかB級ですけどね(苦笑)。

低迷(というほどでもないのですが)期が長かっただけに、今のIMPELLITTERIに対する期待は、やっぱりほどほどになってしまいますね。

90年代に回帰したようなアルバムで、かなり気に入りました!
ロブ・ロックは来年で還暦になりますが、まだまだ現役バリバリの歌声でカッコよすぎます…。

>高見沢さん

今回は日本のファンがIMPELLITTERIに求めているソリッドなHMサウンドが全開で、久しぶりに溜飲が下がる仕上がりですね。

ロブ・ロックは決して喉に優しい歌い方をしているとは思えないのにこの衰えなさは凄いですよね。

No title

自分もジャケは輸入盤のが好きですね。
国内盤はどう見てもマーベルの「ブラックパンサー」です。
似ているとかのレベルじゃないです(笑)

>元学生メタラーさん

『ブラック・パンサー』、映画は観ていましたが、言われるまで気づきませんでした。確かにポージング含めて似てますね(笑)。