FC2ブログ

CHTHONIC "政治~BATTLEFIELDS OF ASURA"が10月10日国内盤発売

フロントマンであるフレディ(Vo)が国会議員であるという意味においても、文字通り台湾の「国民的メタル・バンド」であるCHTHONICの、約5年ぶり、通算8作目となるフル・アルバム "政治~BATTLEFIELDS OF ASURA"の日本盤が10月10日(水)にハウリング・ブルから日本先行でリリースされます。

2016年にフレディが国会議員となったことであからさまに活動ペースが落ちてしまい、台湾ではどうか知りませんが、日本での注目度は落ち気味な印象ですが、『BURRN!』誌ではフレディの妻でもある美人ベーシスト、ドリスを大きい写真たっぷりで8ページに渡って大プッシュしています(しかしアルバム・レビューはなし)。

漢字のアルバム・タイトルはいかにも国会議員がいるバンドらしいもので、日本人の感覚だと極めて非メタル的ですが(?)、近作同様、台湾の歴史をテーマにした作品になっているそうで、先行公開されたMVを視聴する限り、これまで以上に聴きやすいオリエンタル・テイストのあるメロディック・ブラック・メタル・サウンドに仕上がっているようです。



ゲスト参加している女性シンガーは、デニス・ホーという中国語圏では有名な香港の歌手だそうです。以下は同じ曲のアコースティック・バージョンで、個人的にはこちらの方がグッと来ました。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

確かにあの8ページだけ何の雑誌を見てるか一瞬分からなくなりそうでしたねw

>Loki Holstさん

確かに(笑)。写真のボリュームと撮り方が他のバンドと明らかに違ってて、あのページだけ見せられたら『BURRN!』だとわかる人はいないかもしれません。

No title

『高砂軍』から聞き始めて、胡弓などのオリエンタルなサウンドに惚れました。
前作『武徳』がそこまでハマらなかったので、不安でいっぱいでしたが、今回は先行PV見て聞く限り、良さそうですね!
アルバム聴くのが楽しみです( *´艸`)

>珍獣メガネコアラさん

私も『武徳』は今一つ印象に残りませんでしたね…。
本作が良作であることを願うばかりです。