FC2ブログ

Greta Van Fleetの"Anthem of the Peaceful Army"が10月19日国内盤発売

「21世紀のLED ZEPPELIN」との呼び声も高い、平均年齢20歳という若き注目の新人バンド、Greta Van Fleetのデビュー・アルバム(EPのリリースはあり)、"Anthem of the Peaceful Army"の日本盤が10月19日(金)にユニバーサル・ミュージックからリリースされます。

個人的な感覚になりますが、こういう「ハード・ロック」と呼んでいいサウンドのバンドのデビュー・アルバムが(特にアメリカで)ここまで注目されているのは、私がHR/HMを聴き始めてから20数年、初めてのような気がします。

有名プロレスラーであるFOZZYのクリス・ジェリコ(Vo)が「Greta Van Fleetの成功が、他のハード・ロック・バンドに扉を開くかもしれない」と言っていますが、それくらい期待されている存在です。

個人的な意見ではHR/HM(というかロックの)衰退というのはもはや不可逆的なもので、今後一時的に盛り上がったり、個々のバンドが成功することはあっても、70年代、80年代のようにジャンルとしてメインストリームな存在になることはないと思っていますが、その「一時的な盛り上がり」を作るきっかけになることは大いに期待しています。

まあ、こういうバンドが成功したとしても私が好きなタイプのHR/HM、すなわち欧州型のメロディック・メタルにその余慶が及ぶかというと甚だ疑問なのですが、先日このバンドについてのエントリーをアップした際の反響が結構あったので、意外とこのブログの読者にもこういうクラシックなハード・ロックが好きな人も多いのかなと思って、このエントリーも書いています。

ちなみに「反響」というのはAmazonへのリンクでの売上のことで、ぶっちゃけこのブログで紹介しているCDが売れることは90点以上をつけない限りあまりないのですが、このバンドのCDは結構売れたんですよね。単価の安いEPだったので私の懐に入ってくるアフィリエイト収益は微々たるものでしたが(笑)。

『BURRN!』でも92点獲得と高得点がつきましたが、ここで一気にトップのクロス・レビュー、カラーでロング・インタビューという扱いにしないあたりがこの雑誌のダメな所ですね(と、久しぶりのB!批判)。

まあ、「大人の事情」で大々的に扱えないのかもしれませんが。インタビューも中心であるキスカ3兄弟の時間が取れなかったようですし。

今年のサマソニ出演はドラマーの怪我でキャンセルになってしまいましたが、来日公演の実現も期待される所です。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント