FC2ブログ

CREYE / CREYE

creye01.jpg

2015年にギタリストのアンドレアス・ガルストランド(元GRAND DESIGN)を中心に結成されたスウェーデンのメロディアス・ハード/AORバンドのデビュー・アルバム。

本作以前にリリースされたEP「STRAIGHT TO THE TOP」(2017)がマニアの間で話題になっていたバンドで、もはや大手といっていい『Frontiers Music』が契約したのも頷ける上質なAORサウンドを聴かせてくれる。

上記のEPではART NATIONのアレクサンダー・ストランデルが歌っていたが、本作ではALIENの初代シンガーだったジム・ジッドヘッドの息子(!)だというロビン・ジッドヘッドがヴォーカルを務めている。

スティーヴ・ハリスの娘や息子、ブルース・ディッキンソンの息子などもそれぞれメタル・ミュージシャンとしてデビューしていますが、いよいよHR/HMの世界も二世が幅を利かせる時代になったのでしょうか。

そのロビン・ジッドヘッドの歌声は父親に比べてやや線が細く、客観的にはアレクサンダー・ストランデルの方が高く評価されるのかもしれませんが、個人的にはこのバンドのサウンドにはマッチしていると思う。

とにかくピュア80'Sというサウンドで、楽曲・サウンドとも洗練を極めており、ロックが元々持っていた持つ無骨さ、泥臭さ、猥雑さが完全にろ過消毒されたクリーンなサウンドであり、そこに北欧ならではの哀愁を漂わせた甘いメロディが乗るのだから、もはや「爽やか」と形容していいほどの清涼飲料水的音楽。

こういうサウンドを軟弱なものとして忌避、あるいは蔑視する人も多いと思いますが、個人的にはこういう方向にロックが進化し続けなかったことでロックはポップ・ミュージックの王道から転落し、R&BやEDMにメインストリームの座を明け渡すことになったのではないかと思っています。

そう、80年代までロックは洗練・大衆化に向かい、実際大衆に支持されていたのです。それが90年代に入り、グランジ/オルタナティブ革命によって70年代以前のサウンドに揺り戻されてしまった。

それはある意味ロックの原点に立ち返る動きで、一部にそういう動きがある分にはよかったと思うのですが、ロック・シーン全体がそうなってしまった結果、ロックから子供が聴いてもわかるような大衆性は失われてしまった。

原点回帰、それは古き良き時代を取り戻すということである一方、一面では「退行」であり、少なくとも「大衆的なわかりやすさ」が減退したことは間違いない。

まあ、ロックとは元々そういうアンチ・コマーシャリズム的なスピリットを内包しているものだったのだから、このバンドの音楽のように完全に毒を抜いて聴きやすい商業性を推し進めること自体、ある意味「自ジャンル否定」的な無理、いわばアイデンティティ・クライシスを内包していたのかもしれません。

しかし個人的には(というか世代的に)自分が意識的に音楽を聴き始めるようになる以前に、テレビやラジオ、そして街角などで自然に親しんでいたタイプのサウンドなので、どうしても心惹かれてしまうのです。

さらに個人的な思い入れを語るなら、このバンドが多用するKeyサウンドがまたツボなんですよ。こういう人工的でスペーシーなキラキラしたサウンドは、大いなる宇宙へと飛躍する輝かしい未来をイメージさせて、なんとも希望を感じるんですよね。

そういう希望に満ちた幸せな未来を信じられた最後の時代が80年代だと思うんですよね。今となってはそれは「誤解された未来」であり、80年代を実体験していない人にとってはこのやたらと大仰な輝きを放つサウンド自体、時代錯誤でレトロフューチャーな感覚なのかもしれませんが…。

個人的には今年のベスト・メロハー作ですね。とはいえここで書いた文章に共鳴しない人は点数を真に受けないほうがいいかもしれませんが(笑)。【87点】








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こういうサウンドは一番大好物なのでadoreさんの点数は納得ですね。自分にとっては今年のベスト候補の一作です。EPの再録も含めてどの曲も非常に完成度が高いですが、「Desperately Lovin'」が今のところ一番気に入っています。イントロから一発で心惹かれました。

欲を言えばギターにもう少し存在感があれば、ジム・ジッドヘッドの去年のソロに匹敵する作品に仕上がったかな、という気もしますがそこは今後に期待します。

メロハー系で比較的若いバンドではAtlas、Care Of Night、State Of Salazar(前作リリースしてから音沙汰無かったので解散したかと思った)辺りもCreyeの対抗馬になれる作品になっているのか楽しみに待ってます。

>YTさん

このサウンドの良さがわかるとは、まだお若いようなのに奇特かつお目が高いですね(笑)。

こういう音楽が大好物というだけあってかなりマニアックな所まで掘り下げていますね。

CARE OF NIGHTはちょっとB級ですがたしかにこのバンドに通じる魅力がありますね。

STATE OF SALAZARはヴォーカルが上手いので可能性を感じます。

とはいえこのジャンル、YouTubeの再生回数などを見るとやっぱり人気ないんですよね…。