ECLIPSE / ARE YOU READY TO ROCK

eclipse03.jpg

スウェーデン出身メロディアス・ハード・ロック・バンドの前作から4年半ぶりとなるサード・アルバム。

ジャケットといいタイトルといい壊滅的なダサさなのでスルーしていたのだが、最近のお気に入り盤であったSTURM UND DRANGの「ROCK 'N ROLL CHILDREN」のソングライティングにこのバンドのエリック・モーテンソン(Vo,G)が関わっているということで興味を持ち、チェックしてみると各所のレビューでかなり好評なので購入決定。

内容については、正直スカされた面もあります。
あんまり北欧っぽくないのですよ。ジョニー・ジョエリ(HARDLINE~AXEL RUDDI PELL)に似た張りのあるVoも、フラッシーなテクニックを惜しげもなく炸裂させるギターも、躍動感のあるリズム隊も、とても元気で力強くて、私が勝手にイメージする北欧ならではの繊細さをあまり感じさせないというか。

それどころか所々アメリカのバンドといってもいいようなノリとドライヴ感まであったりして。

とはいえそこはやはり北欧、メロディ自体の充実はかなりのもので、どの曲にもキャッチーなメロディが満載、そしてアレンジでの小技も利いていて、楽曲の平均点は相当高い。

時々「あれ? このフレーズはどっかで聴いたような…」という場面も散見されるものの、この時代錯誤なほどのオーソドックスさは、80年代メタルを実体験した人たちおよび90年代にゼロ・コーポレーションからリリースされていたB級メロディアス・ハードを愛聴していた人たちにとってはかなりグッと来るはず。

個人的には、一番北欧然とした哀愁を帯びた#3「To Mend A Broken Heart」に胸がキュンとしました。

Voが力強くて、Gが頑張っているメロディアス・ハードということでEDEN'S CURSEに通じるものがあり、こういう良いバンドが増えてくれば近年壊滅状態だったメロディアス・ハードの復権もあるかもしれませんね。【84点】


◆ECLIPSEのMySpace
http://www.myspace.com/eclipsemania
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント